アメリカで新築のぐちぐち・・・・・



プレ・ドライウォール・ミーティング・・・というそうです。
屋内に壁=ドライ・ウォールを張る前に、壁の中の配線、コンセントや
天井のリセスランプやシーリングファンの位置を確認する作業です。

現場のマネージャーと発注者の立会いで、全ての配線・配管を
チェックします。これでOKなら、シティのインスペクションを受けて
合格すれば、内部の壁(ドライウォール)を張って、次の作業に移ります。。。

今回は総二階なので、前の家に較べて大きい!
掃除が大変そう・・・と、今から要らぬ心配をしています(笑)。。。

DSCN1386.jpg

ビルトインのアウトドア・エリア=二階デッキから、バックヤードを見ます。
全面南向き・・といっても、やはり3方向から迫る木々がかなり邪魔・・・・
庭の面積は、インディアナポリスの家の2倍以上あるのですが・・・・
広々感はなく、「秘密の裏庭」状態・・・・・

DSCN0895.jpg

隣は、この住宅デベロッパーの新築モデルハウス。。。。
いずれ販売される物件ですが、向こうのアウトドア・リビングスペースは
住居部分よりバックヤードに突き出したスタイル。
隣はすぐ林が迫り、「静かな森の家」のイメージなのでしょうか・・・

すぐ隣に接近しているのが気になりますが、建売新築物件は
アメリカといえど、こんなものか・・・・

DSCN0846_201406241246078a7.jpg

1階のキッチンからダイニング~サンルーム方向。
キッチンを中心に、リビング、ダイニング、サンルームと徹底して
オープンフロアにカスタマイズしています。

サンルーム(写真では一番奥)は、本来ゲストベッドルーム。
壁を抜いて、繋げてしまいました。。
ですから、ウチは標準仕様の4/5寝室から部屋数を減らして
3ベッドルーム+ゲームルーム/スタディルーム/サンルームの
変則仕様。二人+2ネコ家族ですので、かなりゆったりとした
間取りです。1階はキッチン~ダイニング~サンルーム~
リビング/ファミリールームをオープンにした巨大な空間です。

最近の新築物件で、いいところは、このオープンフロア・プラン。
はじめから、頑丈な「梁」=ビームが入っているのと、後から
付けるのとでは、強度が全く違います。
3m以上ある高い天井も新築物件の売りです。。。

DSCN0868.jpg

マスターバス・ルーム。
標準のバスタブの代わりにジャグジーに変更。
ほんとは、エア・タブにしたかったのですが、この業者には
その設定がなかった。。。。
今時、もう古いですが「ジャグジー」で。。。。

右のシャワーも「スチーム・シャワー」にしたかったのですが、
「出来ない」といわれて、240V電源だけ引いてもらいました。
引渡し後に、即、シャワールームを取り壊して、スチームルームに
改造する予定。。。。

こういう「拘りの改造=カスタマイズ」には、大手業者はなかなか
対応できないようです。
企画住宅というのでしょうか、土地+デザイン住宅のセットで、
細かな備品(フォーセットやドアノブなど)や壁のカラー設定は
いろいろあるのですが、バスタブやスチーム・ジェネレーターの
工事は、全然ダメだったりします。。。

多分、パーツとして大量注文で値段を安くしているンでしょうね。
規格外のは、後から勝手にやって頂戴って、感じです。
まァ、こういう細かな注文は、デベロッパーの現場事務所じゃあなくて
デザインセンターでまとめて受付するようになっているのだけど、
デザインセンターの担当のおばさんが、最近のデザインには
詳しくなくて、いちいちコントラクターに確認してから、できるかどうか
折り返し、お知らせします・・・・大抵は「できません」ってくる(笑)。

最近流行の改造例は、不動産屋さんのリアルターの方が詳しい。。。
いろいろとリノベーションした中古物件を見ているからでしょうね。

そんな訳で、例によってウチの新築物件は、今回も一筋縄では
いかないようです。
引渡し後にすぐ改造工事にかかれるように、今からリノベーション
コントラクターを探しておかなくては・・・・・

それにしても、この地区、なんでダイレクト・バイの支店がないのだろう?
そんなにリノベーションの需要がないのだろうか??
家はたくさん建っているのに??

DSCN0858.jpg

何に使うかは説明せずに、床上1ftにコンセントを設置してもらった
マスターバスのトイレ。。。。
何に使うかは、日本人なら当然分かるはず(笑)。。。




お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ↓ポチっと。。。


人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しております。
応援よろしくお願いします。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ
にほんブログ村

今月からカテゴリー変更いたしました。
アメリカ南部の皆様、よろしくお願いいたします


掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
もちろん、ウォシュレットですよね!

fcyoshikoさま

こんにちは。
大当たり!もちろん、ウォシュレットです!!

バスタブは…

着々と新居の建築が進んでいるご様子で・・・
この分だと秋には入居なのでしょうか?

我が家も昨夏にバスルーム2カ所をリノベしました
その際にマスターには大枚$1500を叩いてエアバス(飛行機じゃないですよ〜)を入れました
ちょっと失敗だったかな?と思ってます
と言うのは湯船に吹き出す「エア」が冷たくて、湯温が下がってしまうのです
(「エア」はバスルームの空気を取り込むのですから当然のことですが)
バスタブの冷めたお湯を少しづつ抜きつつ、熱めのお湯を継ぎ足して湯温をキープしてますが、これだったらジャグジーの方がよかったかな?と思っちゃいます
でもメンテはエアの方が簡単だし・・・

やっぱりリノベは何回か繰り返さないと満足な住まいは出来ません

因みに我が家もトイレ近くにコンセントを設置依頼しました
特に何も説明しませんでしたが、あっさり設置してくれました
こちらでも随分とウォシュレットは認知されつつある様です

Madam Ballさま

こんにちは。
Madam Ballさんのところも、エアタブでしたか!実はウチでこれを入れたのは
CTのリノベでした。大枚$150000の例のリノベです(笑)。。
湯温確保のためにウォータータンクを2倍に増設。タブの下は、ベースメント内から
完全に断熱処理し、温度を確保しました。
それでも寒ければ、この時は、スチームバスがありましたからね。。。
ジャグジーはパイプに水を取り込むため、カビや細菌がパイプ内で繁殖するなど、
衛生上非常に不利です。エアタブは空気が出る一方なので、そういう心配は不要です。
もうジャグジーの時代ではないです。
Madam Ballさんの選択で正解だと思います。

ウォシュレット用コンセント・・・多分分からないで、付けていると思います(爆)。。



プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持
正規登録ナーセリー経営者。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング
マーケット情報
ブログランキング
WORLD TIME
FX初心者の入門講座
Translate 翻訳
Recent Visitors
Flag Counter
free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ