FC2ブログ

ウエスト・バージニア州都チャールストン。



インディアナを出てから約300マイル。
目的地までの中間点となるウエスト・バージニアの州都
チャールストンに到着???

DSCN1333.jpg

町の中心で迎えてくれたのは、紀元前の「古墳」。。。。

DSCN1342.jpg

う~む・・・・土塁。
野球のピッチャーマウンドの「マウンド」はこれのことです。。。

インディアナから、オハイオ、ウエスト・バージニアにかけて
たくさんあるらしいのですが、この地が最多ということで、
観光名所になっている。

DSCN1339.jpg

ここ登って、町の様子を眺めると・・・・・
ちょっと寂しい~うらぶれた感じがします。
実はここは「サウス・チャールストン」。州都の隣。。。。
もっとも、昔、炭鉱で栄えたチャールストンも今の人口は5万人。
ウエスト・バージニア州内最大都市といっても、かなり小さい。。。
でもここは、中西部・南部双方への玄関口。
NYからのアムトラックもここを経由して、シンシナティ経由で
シカゴに向かっています。

我々の旅も、ここから東のアパラチア山脈を越えて、バージニアを
かすめて、ノースカロライナに入ります。。。

そして、ここからは、食べ物もちょっと変わる。。。

DSCN1327_20140618052426a27.jpg

お店に掲げてあった看板・・・・・
「神様、私を細くできないなら、どうか私の友達みんなを太らせてください」

・・・・どうりで、お店の中が狭いぞ・・・・
店員さんもお客さんも、どう見ても我々の2倍以上は横幅がある!!
南部の人は、みんな幅広人種なのか???

DSCN1331.jpg

「フライド・グリーン・トマト」の分厚いハンバーガー・・・とか・・・・

DSCN1356.jpg

「チキンフライド・ステーキ」・・・・CFS
元はテキサス。。。チキンではないのにチキン・ステーキ・・・・・
牛肉にフライド・チキンの衣をつけて、揚げたもの。。。
これに合わせるのは、こってりこてこての白いグレービー・ソース。
タップリ油を含んだフライドチキンの衣付きビーフステーキが
朝食から出てきます!!

これが南部のソウル・フード・・・なのかァ!



お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ↓ポチっと。。。


人気ブログランキングへ

ブログランキングに参加しております。
応援よろしくお願いします。↓
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは~♪

朝からコテコテの「チキンフライド・ステーキ」ですか?
信じられません。
この先、何が出てくるか興味津々です。

わいわいさま

こんにちは。
カントリースタイルの朝食は、NZやプロバンスでも朝からしっかり
たくさん食べて、夜路は早めに軽く切り上げる・・というものでしたが・・・・
ここのは、ちょっと違うようです!
南部といっても、東から西まで広範囲ですので、いろいろな食習慣が
あると思います。でも、最初の印象は、人が大きいな!ということでしょうか(笑)。

中西部のインディアナでも、アーミッシュの人たちは、やせてひょろっとした印象
でしたが、大半はドイツ系移民の子孫ということで、端的には背が高い・
大柄な人が多かったです。
今回は、さらに縦横に膨張した感じで・・・・・全体に大きい!
それを支える食生活は・・・・・ちょっと怖い感じもします(笑)。。。

長旅ですね

はい、サウスは横幅が大きいですよ〜!!何でもフライにする土地ですから(爆)
バターたっぷりビスケットだし。朝の卵もほとんどフライドエッグですよ〜!!

Triangle areaは内陸なので、暑いでしょう?島は海風があるので、少しは過ごしやすいかな。朝夕のワン子とのウォーキングができますもの。
暑さの中、体調を崩されませんように。

Kayさま

こんにちは。お気遣い、ありがとうございます。
皆さん、大きいですね!インディアナの時は、にょきにょきと林の中に
いる感じだったのですが、今度は圧迫感が違うみたい。。。。
こちらは、暑いだけではなくて、湿度が高いです。
中西部でも、ニューイングランドでもこういう湿気は、感じたことなかった
ですから。暑くて湿度が高くて疲れる感・・・・ですね。。。
プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持。
正規登録ナーセリー経営。
ナーセリー・ビジネスにて
起業。アメリカで会社設立。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング


人気ブログランキングへ
ブログランキング
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ