ウィリアム・L・カルバーソン・アジア植物園



ここには、アメリカ有数の私立大学とその付属植物園があります。
世界最大のタバコ会社の経営者が基金を設置して、この地に移転。
その功績から大学の名前になっています。
植物園は、もともと一族各人の「私庭」です。

現在では、ここ一帯がバイオ方面で世界でも有名な拠点です。
IBMの最重要拠点。また、レノボ本社があることでも有名。

RIMG0298_20140311051045d4e.jpg

入り口には「

RIMG0302_201403110510449db.jpg

椿がたくさん植えられていましたが、もう咲き終わりの段階。
開花時期は早いようです。

RIMG0305_20140311051044b86.jpg

中華風の佇まい??

RIMG0317_20140311051044683.jpg

園内には、梅もあります。

RIMG0230_201403110512219b1.jpg

出口側は竹林。。。

アジアといっても、中国日本韓国の植物が多く集められ、
庭のデザインもそれらの折衷といった感じでした。

RIMG0061_20140311051221ee9.jpg

本日の夕食は、「わらじ」のお店。
オーナーが日本人なので・・・・

RIMG0063_20140311051220c70.jpg

「揚げだし豆腐」も、順当な仕上がりです。

RIMG0065_2014031105122034c.jpg

「鮭かまの漬け焼き」

RIMG0068_20140311051220133.jpg

「鍋焼きうどん」どれも、基本に忠実な仕上がり。
すっきり仕上げた和食の美味しさです。






ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
今日の記事は、気に入っていただけましたでしょうか?
気に入っていただけましたら、是非おひとつ↓最後にポチっと。。。

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ



人気ブログランキングへ
掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持
正規登録ナーセリー経営者。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング
マーケット情報
ブログランキング
WORLD TIME
FX初心者の入門講座
Translate 翻訳
Recent Visitors
Flag Counter
free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ