インディアナでホットな冬のすごし方



ついに一日の最高気温が-5℃になったインディアナポリス
最低は-16℃。。。。一日、寒いです!

でも、まだまだ・・・
アメリカ中西部では、「なんだ、その程度!」・・・
なんでしょうけど、24時間セントラル・ヒーティングで
ファーネス燃やし続けていようが、寒いのは寒い!!

RIMG0515_20131209031542f15.jpg

ミケも先日までは「抱き枕」の上を定位置にしていましたが・・

RIMG0467_2013120903234038d.jpg

今は、電気敷き毛布の中・・・・・
電気切っても、なんぼか暖かなんかね~??
猫知恵です(プププ・・・)

こうなると、人間様の方も寒さ対策・・・・

RIMG0570_20131209031543293.jpg

いろいろエッセンシャルオイルは揃えてあるンです。。。
これらは、頻繁に使うので、出してありますが、普段は
日の当たらないシンクの下に仕舞っています。
色つきビンに入っていても、エッセンシャルオイルの保管には
陽の光が大敵です。

ペパーミントやユーカリプスタやタイム、ローズマリー、ゼラニウム。
ローズマリーと必ずセットになるラベンダーは10種類。。。

↑左端の地味な青ビンは、ローズマリーラベンダーの世界的専門家、
ニュージーランドの故ピーター・カーター氏に蒸留していただいた
ローズマリーエッセンシャルオイル
亡くなる直前までの10年間、毎年通って色々教えて頂きました。
体を壊してオークランドのガーデンを手放す時に、整理した
ローズマリーから抽出したものです。
大瓶なので、未だに大切に使わせて貰っています。

右端はニュージーランド・クライストチャーチの蒸留所製ラベンダー
ラベンダーは、プロヴァンスのオーガニック・ファームで大ビンで
購入したものが多いです。製造現場を確認できたものが一番です。

ラベンダーの生産の中心地は、実はプロヴァンスやイギリスでは
なく、ヨーロッパではスペイン、ブルガリア、クリミアなど。
南ではタスマニアやオークランド。
アメリカではワシントン・オレゴン両州。
最近急速に伸びているのが中国・新彊です。

最近、安価な中国産が大量に出回っているので、要注意です。
プロヴァンス産では、原料品種ごとに精油が採られていますが、
中国産の原料ラベンダー品種は何を使っているのか分かりません。
かなり安いので、「偽和」が疑われます。
「偽和」とは、本来の精油をカサ増しするために安価な精油や
合成精油を混ぜることです。
とても怖くて、エッセンシャルオイルには使えません。

日本国内のハーバル・ショップには、ごく普通に中国産の
ドライ・ラベンダーなどがおいてあり、とても安いです。
まぁ、原産国表示をしているものは、そのくらいの良心は
残っているのでしょうが・・・・

日本ハーブ農家が中国ハーブ生産現場を視察した事が
あったのですが・・・・「あんな状態ではとても輸入できない」
と、みなさん異口同音に、言われていました。
ハーブに除草剤、農薬てんこ盛りっていうのはね。。。
アメリカでは、基本、オーガニックです。。。

中国産はなんでも悪い・・・とは、申しませんが、
エッセンシャルオイルに関しては、産地は信頼できる物のみを
使っています。

RIMG0567_20131209031544058.jpg

・・と、前置きが長くなりましたが、ここでやっと登場!
我が家のオール・イン・ワン「スチームバス」。
いわゆる「ミスト・バス」です。

これで、クラシックを聴きながら、ゆ~くりアロマ・バスで
温まったら・・・

RIMG0540_20131209031543b2f.jpg

あとは「鍋焼きうどん」で、ほっこりします。。。




ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
今日の記事は、気に入っていただけましたでしょうか?
気に入っていただけましたら、是非おひとつ↓最後にポチっと。。。

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ



人気ブログランキングへ
掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

きゃー、昨日の山猫ちゃんに続いて三毛猫ちゃん。オハイオも寒いから一緒に電気毛布でぬくぬくしたいです。

精油にも気をつけないといけないんですね。賢い消費者にならないとですね。アロマバスいいですね。優雅なひとときですね。

Sarahさま

こんにちは。
寒さには弱いミケ、夜は人間のベッドに入ってきます!

精油は、信頼できるところで購入されないと、危ないです。
あまり規制されることのない商品ですから。。
こういうものの消費意識や品質の対する目は、残念ながら
日本より、オーガニックの意識がしっかり浸透している欧米が
はるかに先行しています。
日本も中国も追いつく事はできないでしょう。
プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持
正規登録ナーセリー経営者。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング
マーケット情報
ブログランキング
WORLD TIME
FX初心者の入門講座
Translate 翻訳
Recent Visitors
Flag Counter
free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ