インディアナで、発酵飲料クヴァースを作ってみる



秋空になったインディアナポリス。。。

RIMG0462_2013091912105975c.jpg

アメリカ中西部の季節変化は、ほんとに急激に進みます。
文字通りの、短い秋・・・ほんとに何日あるのだろう・・・

RIMG0468_20130919121059d1b.jpg

今日は、オーガニック系のグロッサリーで、先日ファーマーズマーケット
見つけた「Kvass」の市販品を発見。。。

お値段高めの$3.50。
例のコンブチャも大抵こんなお値段なので、こういう「健康志向飲料」は、
こういう値段帯なのでしょうね。。。

お味の方は・・・・やっぱり健康志向飲料らしい不味さ!
この不味さ!が、体にいい!っという連想~なのかもしれませんが、
このお味で、紀元前2000年から生き残っているとは、
絶対に思えません!!

かくして、手作りに挑戦!

歴史の長い、家庭料理というものほど、レシピは無限大にある。。。
ググルと出てくる、無限のレシピ(爆)

今回のは、ロシアの家庭で作るクヴァースから、ビーツのクヴァース。。。

実は、クヴァースは色の黒いライ麦パンから作るものが、一般的。。
しかし、近年は東欧圏に進出したペプシ・コーラに押されて
絶滅しかかっているそうです。。

色も好きではないので、今回はこちらの綺麗な方を作ります。

RIMG0469_20130919121058e5e.jpg

材料はこんな程度に準備しましたが、レモンは結局使いませんでした。
これに、砂糖、ドライイースト、水。

RIMG0471_2013091912105796b.jpg

鍋に水2クォート(約2リットル)とスライスしたビーツを入れて、煮ます。

RIMG0475_20130919121142070.jpg

40℃~30℃に冷めたら、砂糖180gを加えよく溶かします。
スライスしたりんご1個、プラム1個を加えます。
このフルーツ類は、なければあえて加える必要はありません。
これに、ドライイーストを小匙1/4加えて、よく溶かします。

このまま、蓋をゆるくしめて、室温で1日置きます。

RIMG0481_2013091912114179a.jpg

翌日、ガスがシュワシュワ盛んに発生していました。
はっきり、音が聞こえます!
クヴァースの色も明るい赤に変わっています。

RIMG0487_2013091912114089c.jpg

早速、試飲・・・・おいしい!
ほのかに、甘酸っぱい・・・ビーツの甘さとりんごの香り。。。

飲んだ瞬間、身体の中に酵母菌がスッと入ってくる感じ。。。

ロシアなどでは、これは常温で飲まれる微炭酸飲料だそうですが、
夏に冷やした飲み物がなかった時代には、重宝したのでしょうね。。

今回のロシアのレシピでは、砂糖を入れていましたが、ほかの
レシピでは、少しの塩を加えるだけで、ビーツの甘味を引き出す
レシピもあります。こっちの方がさっぱりした味でしょうね。

このあと、クヴァースは、ガス飲料の空ボトルに入れて、冷蔵庫で
発酵を鈍らせます。
冷蔵庫で一晩置くと、色合いは深い赤紫=ビーツ本来の色に
落ち着いてきますが(最初の市販品の色)、味の方はさらに
円やかになるようです。これも、発酵食品に見られる特徴ですね。

さらに、ボトルに移した後の「出がらし」に、再度水を継ぎ足して
砂糖とイーストを投入したら、2番目のクヴァースができます!
色が薄まるので、2回目までですけどね。。。

最近のプロバイオテックの流行の中で、こういう古くからの
発酵食品が見直されてくるのも、納得の味。
ほかの発酵食品に比べて、圧倒的にお手軽なことも、うれしいところ。
しばらくは、楽しめそうです。




ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
今日の記事は、気に入っていただけましたでしょうか?
気に入っていただけましたら、是非おひとつ↓最後にポチっと。。。

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ



人気ブログランキングへ
掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは~♪
すでに晩秋の気温ですね。
このクヴァースって、ビーツ特有の泥臭さはないですか?
購入した市販品と味は違いますか?
健康志向ってところに興味あります。

わいわいさま

こんにちは。
味ですが、ビーツ特有の土臭さは、若干感じられます。ただし、
かなり僅かです。リンゴとレモンなどをくわえれば、分からなくなります。
市販品もフルーツや生姜を利用しています。市販品は、不味さが売り・・・
みたいな所がありますので、自作した方が断然おいしいです。
生きている発泡飲料です。
コーラに駆逐された感があったのですが、最近プロバイオティクスの
ブームで盛り返しつつあります。
プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持
正規登録ナーセリー経営者。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング
マーケット情報
ブログランキング
WORLD TIME
FX初心者の入門講座
Translate 翻訳
Recent Visitors
Flag Counter
free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ