インディアナで「モロヘイヤ膳」??



9月というのに、見事なかんかん照りになったインディアナポリスです。

RIMG0104_20130905104452fb2.jpg

↑、きたきたー!!

RIMG0097_201309051044514be.jpg

こういう暑い環境は得意なのでしょう・・・モロヘイヤ
勢いは、一向に衰える気配なし・・・

RIMG0024_20130905104451728.jpg

これがまた、近付くと綺麗な葉っぱだったりします(笑)。
西海岸では、日系グロッサリーで夏の間売られている「モロヘイヤの葉」。
まだ、ほかの地域では、目にしたことはありません。
でも、売っていなくとも、種を蒔けば簡単に殖えてくれます。

せっかくの健康食材。これを食べないってことは考えられないのですが、
如何せん、モロヘイヤの食の歴史のない日本。。。
どうやって食べていいものやら・・・?

RIMG0046_20130905104451307.jpg

強引に・・・・「玄米モロヘイヤご膳」(爆)

RIMG0047_20130905104536939.jpg

玄米は仕方がない・・として、汁は「モロヘイヤとかぼちゃの味噌汁」

RIMG0048_20130905104536a99.jpg

青菜同様ならば・・・「モロヘイヤのお浸し」

RIMG0050_20130905104535518.jpg

納豆代わりの・・・「たたきモロヘイヤ、醤油麹和え」

RIMG0049.jpg

漬けマグロにかけて・・・「モロヘイヤの山かけ」

うむむむ・・・食べられない事はないけれど・・・
なんか、違うぞ?





ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
今日の記事は、気に入っていただけましたでしょうか?
気に入っていただけましたら、是非おひとつ↓最後にポチっと。。。

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ



人気ブログランキングへ
掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持
正規登録ナーセリー経営者。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング
マーケット情報
ブログランキング
WORLD TIME
FX初心者の入門講座
Translate 翻訳
Recent Visitors
Flag Counter
free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ