FC2ブログ

花粉症とネトル

ネトル1ことしも花粉の季節ですね。この棘の恐ろしげな植物は「ネトル」です。花粉症の方なら耳にしたことがあるでしょう。ヨーロッパではごく普通の雑草、イラクサとして知られています。日本では種ができないので、毎年種を購入するか、株を更新してあげなければなりません。直接食べたり、お茶にしたり、摂りつづけることで体質改善につながるようです。ですから、花粉症にも即効性は期待しない方がよいでしょう。ネトルはヒスタミンを含むにもかかわらず、アレルギー症状を抑える働きを示すようです。これは結構不思議な働きです。それにしても、凄い棘です。うっかり触ると蟻酸のついた針が突き刺さります。栽培される方はくれぐれもご注意してください。
小さい文字
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

これが花粉症のハーブなのですね。
トゲトゲ痛そうですが天ぷらにしたらおいしそうです。
ネトル、見かけと違ってかわいい名前ですね。
見つけることがあったら試してみたいと思います。e-448

こんにちは。
G3さんが、昔この茂みに手を入れて大変な目に遭っています。
蟻酸を出す針が全体に生えています。
全草に蜂の針を茂らせているようなものです。
ところが湯がくと針はなくなってしまいます。
イタリアでリゾットなどで良く食べられるのは、ありふれた野草であるのと、食べ方をよく知っているからでしょうね。
プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持。
正規登録ナーセリー経営。
ナーセリー・ビジネスにて
起業。アメリカで会社設立。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング


人気ブログランキングへ
ブログランキング
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ