さて、実験だ。「スティッキーくん」。



爽やかに晴れたインディアナポリス

RIMG0073_20130604101518.jpg

気温は再び急降下・・で、また一桁の8℃。ああ!なんてこと!
こういうのが、たびたびあるのが内陸気候の中西部なんでしょうね。。

RIMG0076_20130604101516.jpg

さて、今日取り出したのは、お料理のトロミ付けには欠かせない
でんぷん粉・・・左・コーンスターチ$2。右・タピオカ粉$0.99。
同じ1ポンド(16オンス)です。。
(ちなみに「片栗粉」だと12オンスで$4~7です。。。)
今日使うのは、このうち「タピオカ粉」。

先日のデータ通り、6gのタピオカ粉を水に溶いて100gにし
5.1%の澱粉液を作ります。
小鍋に水とタピオカ粉を入れて、トロ火でゆっくり混ぜていきます。
これを1ガロンの水で薄めると、約38倍の溶液となります。

RIMG0050_20130604101518.jpg

花が咲いてしまって、もう食用にはしなくなった小松菜で実験。。。

日本の「粘着くん」の規定濃度は100倍なので、38倍だとかなり
高濃度になる・・・・アブラムシへの効果は高まりますが、「薬害」が
出ないか・・・も確認します。。。

1ガロンタンクの散布器($10)で葉の裏表、満遍なく二度散布しました。
直接虫体にスプレーしないと効果がないので、植物全体がびっしょり
濡れるまでかけたほうがいいようです。

RIMG0051_20130604101517.jpg

翌朝見てみると・・・お!!死んでる死んでる(笑)。。。

植物体への薬害の確認には、あと数日観察しなければなりませんが、
今日の様子だと、おそらく害は出ないでしょう。。。

アブラムシは、凡そ6~7割方死んでいるようです。
完全に全滅させるには、至りません。しかし、このアメリカ版「粘着くん」=
「スティッキーくん」は、繰り返し散布するのが前提なので、アブラムシ
密度は相当減らせるのではないかと考えられます。

コレだけわずかの資材で効果の上がる「農薬」なら、使い手はありそうです。

これからの季節、キュウリ、ナス、トマトなどダニの害に悩まされる
野菜には、使えるのではないでしょうか。。。


追伸:この「スティッキーくん」の殺虫率に満足できなかった管理人は
夏の乾燥とともにやってくるダニ対策に、さらに強力な食品農薬を
研究中です。乞うご期待・・・・(笑)


ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。

最後にポチっと押していただけますと、プレゼントの励みになります!!!
是非おひとつ↓

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ



人気ブログランキングへ
掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

おぉっ、凄い

こんばんは岩部です

これは凄すぎる
さらに次があるとすれば
農薬はもう必要無いかも知れませんなぁ

私も何か考えます
いやいやたぶん
パクリます
お許しあれ



No title

こんにちは。

おー、効果ありますね。一度で死滅しなくても人にも食物にも安全が一番ですね。
私も活用させて頂きます。牛乳はにおいも気になってましたし。

ダニ害の実験も楽しみにしてます☆

岩部さま

こんにちは。
讃岐のラベンダーの巨匠に、お褒めいただけるとは、恐縮至極です(笑)。
ちょっちょっと作って撒くにはいいのですが、殺虫率をもう少し上げたいですね。。

こんな物でよければ、どんどんパクって下さい(笑)。。

Sarahさま

こんにちは。
これ、水をかけると簡単に流れてしまいます。なにしろ水溶性の
「糊」ですからね(笑)。
全滅にはできませんが、繰り返しまくことで、かなり減らせます。
茄子・ししとうのダニ対策にも使えます。

!!!!

半透明ぷりぷりの海老ギョウザを作るつもりで買ったのに、すっかり忘れて放置していた(おそらく期限切れの)タピオカ粉が家にあります〜。

さっそく試してみます!
続きもよろしくお願いします。

らすかる母さま

こんにちは。
それは絶対使ってくださいね(笑)。
タピオカ粉って期限ありましたっけ?
何しろウチのは、タイ製なんで・・・(笑)。
プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持
正規登録ナーセリー経営者。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング
マーケット情報
ブログランキング
WORLD TIME
FX初心者の入門講座
Translate 翻訳
Recent Visitors
Flag Counter
free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ