FC2ブログ

アメリカでアブラムシ・ハダニと戦う法。。。



湖畔にヘロンちゃんが佇んでいます。。。
佇んでいるんじゃなくて、真剣に魚を狙っているんでしょうね。失礼・・・

世の中、こういう勘違いは往々にしてあるもの。。。
他人の頭の中まで、分かる!なんてことは、絶対ない。
人間同士ですら、そうなのです。

その「ああ勘違い」人間が、地球のもう一方の生命群・植物の状態を
あれこれ推測するのですから、憶測が当たる・・なんていうことは、
ハナから信じてはいけません。

目の前で起きている事だけを観ていくほかはないのですが・・・・

RIMG0764_20130524105808.jpg

山椒の葉に止まっていた天道虫の幼虫。。

こいつらは、湖畔のヘロンと同じです。
この子一匹で約1000匹のアブラムシを食べます。
これがでてきた・・ということは、もう食料のアブラムシ
十分大量発生しているということ。。
問題は、どこに「大量に」いるか???

これらは、完全に遮断することのできない存在。全滅はしません。
多少いるのはしょうがないとしても、葉っぱが縮むほどでは困ります。
密度を下げれば、それでいい。。。

↓・・やっぱり、まず疑うべきは温室。。。

RIMG0702_20130524105502.jpg

不思議と双葉にはアブラムシは付きにくいものです。
でも、温室内では、時間の経過は早いです。

今はなんにもいない、↑のモロヘイヤも、これからこれから・・・

オーガニックなアブラムシ対策を用意しておかなければなりません。
なんといっても、食用ハーブと和野菜ですから。
合成薬剤は使いたくありません。だからといって、効果のあてにならない
「伝承・迷信薬」というのも、非科学・非効率・迷信の極みです。

ですから「牛乳スプレー」なんて使いません。
香りが命の食べるハーブなので「にんにく・辛子スプレー」もパス。。。
もちろん「木酢液」なんかありません。。。
あっても、香りのハーブに使うなんて、考えられません!!

今回試すのは、「物理的殺虫スプレー」。
簡単にいえば、どんな虫でも鼻を塞がれれば窒息死・・という事。
これで退治できるのは、アブラムシハダニ、コナジラミなど
小型の害虫だけですが、こういう輩が一番始末に困る物です。

日本なら・・・・・

img58163993.jpgIHSさんから借用

こういう安全な農薬があるのですが、残念ながらアメリカにはありません。
でも、材料はごく普通の物・・・ならば!!自作しかない!!

ただいま鋭意、製作中。続きはのちほど・・・(爆)

RIMG0782_20130525103317.jpg

そろそろ、{丹波の黒豆」も畑植え。

これには、四つ星の綺麗なハムシがやってきます。
あっという間に、葉っぱが丸坊主っていう大食漢のビートルです。
このくらい大きな害虫になると、さすがに「粘着」では、対抗できず。。
やっぱり、生物農薬(天敵)使いたい・・・・


RIMG0726_20130524105808.jpg

畑仕事のおやつには・・・やっぱり、自分で作った黒豆甘納豆
これがあるから、作るのは止められないのです。。。

「丹波の黒豆甘納豆

紅茶とあわせても、美味しいです。。




ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。

最後にポチっと押していただけますと、プレゼントの励みになります!!!
是非おひとつ↓

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ




人気ブログランキングへ
掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。

たしか、コーンスターチとか何かで作れたような・・・
ネットで作り方のブログとかありましたね。

アルメテシアワームウッドが効果があれば育ててみようかと検討中です。

No title

こんにちは
ヘロンちゃん、傍目には優雅に佇んでいるように見えるのですけれど。人の世界もさもありなんですね、アブラムシ対策、有効なものを自作できたらいいですね。ご報告、楽しみにしています。

まつもちゃん 。。。

こんにちは。
結構自作している人がいますね(笑)。
片栗粉が多いようですが、冷めても粘度が落ちないのは、コーンスターチ。
問題は、希釈倍率でしょうね。。

カリフォルニアの時は、ワームウッドは雑草で、谷間いっぱい生えていました。
もちろんアブラムシもたくさん吸っていました。日本ではどうでしょう??

Sakulanboさま

こんにちは。
然もありなん・・・が、山ほど出てくる事がありますね(笑)。

理屈は簡単。でも、実際やろうとすると、トライ&エラーの繰り返しです(笑)。。
プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持。
正規登録ナーセリー経営。
ナーセリー・ビジネスにて
起業。アメリカで会社設立。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング


人気ブログランキングへ
ブログランキング
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ