ラベンダーの植え込み・アメリカン。



空模様が怪しくなったインディアナポリス
先日、コロラドに雪を降らせた低気圧がいよいよ到来か!!

今日は気温も20度下り、明日はさらに10度以上下がるといってます。
華氏とはいえ、90度→60度ですからね(笑)。

RIMG0019_20130504132705.jpg

曇ってくれたおかげで、畑作業はやりやすくなりました。
土留めした畑に土を運び込み・・・・

今年の配置、「段々畑」の用意です。

RIMG0030_20130504132704.jpg

昨年10月末に到着して以来、温室暮らしのラベンダー苗。
このところの高気温で、新芽が徒長しています。
早く外に出さないと、二度と露地植えができなくなります。
温室育ちって言うのは、こういう処が怖い。。。。

・・・さて、どこに植えようか?
土袋の並んだ畑をしばし眺めているとき、ふと閃きが!(爆)。

アメリカでの挿し木のやり方を各方面に探っていた時に
あるサイトで見つけたのは、ハードウッド=木を挿し木する方法。
乾燥しやすいアメリカで、長期間湿度を確保し、挿し穂を
確実に支持する方法として・・・・用土袋に挿してそのまま放置する!!

アメリカの用土の袋は、中の水蒸気でパンクしないように
表面には、無数の細かい穴があけられています。
屋外に積んであるものは、雨の後など水を吸って、とんでもない
重さになっていたりします。しかも、その割には乾燥は遅いのです。
袋はそれ自体で、立派にポットの役目を果たせる・・・・

何事にも、手間を惜しんで好結果だけを期待するアメリカ人の
考えそうな事・・・っと、その時は気にしなかったんですが・・・

これ、意外と使えるかも・・・・

ここは、日本の南西部のように亜熱帯ではありません。
過湿を心配するより夏の水切れを心配しなければならないのですが。。。

ラベンダーのように直根を深く下ろす植物なら、表土近くは
むしろ乾燥して堅いほうが、水を求めて深耕する力が
強くなるのではないか。。。。

使う苗は、ここで昨年6ヶ月間成長したラベンダー、1ガロンポット苗。
このポットの大きさだと、40ポンド(約18キロ)の袋は
最低2段にしなければ、ポットの中の根が収まりません。
↓・・・かなり、不細工・・・・

2段重ねにして、上下の袋は中央の貫通した所に苗を植えました。
これで、この苗の根が2段袋の下の土に食い込んでいけば
OKなんです・・・

この袋の下の土・・・表土が流され、砂利が残され、踏み固められた
堅い土です。まだ、耕運機はかけていません。
袋の中も、昨年のガーデニングシーズンから半年間ホームセンターの棚で
眠っていた、持ち上げても四角いまま固まっているトップソイルです(笑)。
否、だから結果が期待できるか・・・

とにかく・・・
丈夫な苗を作るには、根を鍛えねばなりませんが・・・・
果たして、どうなることやら・・・・
早くも、夏の終わりが楽しみです。

RIMG0050.jpg

↑、ほとんど「掟破り」の不細工な実験苗を設えたところで、
ぽつぽつ雨が降り出しました。
それにしても・・なんとも見栄えの悪い畑です。
2段目の「段々・・」は、もうちょっと何か考えましょう(笑)。

RIMG0002_20130504132704.jpg

本日の夕餉・・・
ダイエットしつつ、和食・・・たっぷりサラダは、例によって
ボビー・フレイ風ノン・オイル・ドレッシング。

「サンマの煮魚」「しらすおろし」「けんちん汁」

サンマは、基本の煮汁の甘味を減らし、アプリコットから
自作した「梅ペースト」(アプリコット・ペースト?)で
酸味を加えた、青魚用煮汁で10分ほど煮ました。

「しらす」は、先日の冷凍の小型シラウオを塩茹でにして
冷まし、大根おろしで和えています。





ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。

最後にポチっと押していただけますと、プレゼントの励みになります!!!
是非おひとつ↓

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ




人気ブログランキングへ
掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

おぉっ、ここまで来たのですねぇ

こんばんは岩部です

これは「あり」ですわ
この方法は誰にも出来る最先端かも知れない

わくわくすることは
何ぼでもあるものですねぇ。

ありがとうございました。

No title

袋ごと直接苗を植えるとは大胆というか斬新ですね。
確かに水に流される心配が減るし、よく考えられましたね。
日頃の経験が工夫に活かされているなと感じました。

岩部さま

こんにちは。
まだまだ、これからです。
これがうまくいけば、こんなに簡単なことがありません。
難点は・・・見栄えですねぇ(笑)。

ぐりこさま

こんにちは。
いえいえ、これは元々アメリカ人の発想です。
日本の園芸家は、まさかここまではやらないでしょうね(笑)。
イギリス人もやらない。。。
世界はまだまだ広いです。。。。
プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持
正規登録ナーセリー経営者。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング
マーケット情報
ブログランキング
WORLD TIME
FX初心者の入門講座
Translate 翻訳
Recent Visitors
Flag Counter
free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ