バルク種到着・・・・



インディアナポリスは、昨年より-50度という寒い春分の日、
Spring beginsを過ぎて、なお低温が続いています。

なにせ最高気温がまだ摂氏一桁・・・ですもの。。。

・・・とはいっても、他の地方はそれなりの「春」らしく、
春まきの種は、ぞくぞくと届いています。
ロンドンからの定期便は、なんと“Taste of Summer”!!
おいおい!

それにしても、我が家に届く種はなんと量の多い事か!!
まあね。業者扱いのバルク種だから。
研究者向けってのは・・・・・ないんですね。農家向けのが来てしまう。。。
最小単位が1ポンド。
これだって、専業農家では少なすぎる量でしょうけど、我が家のような
研究用にちょっと・・・には、多過ぎます。。。

RIMG0891_20130322145057.jpg

↑・・・いろいろ業販用のデータは記載されています。
ところで、このMustard,なんだか分りますか?

「小松菜」のことです。
小松菜は、アメリカではマスタード=からし菜や高菜にされたり、
ホウレン草にされたりします。
日本語のWebぺージでは「Japanese Mustard Spinach」という
テキトウな書き方をしているようなところもあります。私は日本以外では、
大手専門業者でこのような表記をしている例は見た事がありません(爆)。。

アブラナ科なので、Mustard が適切な表現になるのでしょう。
Spinach は、アカザですからね。。  

RIMG1062.jpg

ここのところ、残り物整理です(笑)。
こういう物って、二人分って作りにくいんですね。。

「しらす入り卵焼き」「菜の花の辛子和え」「わらびの出汁漬け」
「枝豆の白和え」「若竹煮」「蕪の葉のオイル煮」。。。。
格好よく言えば「春ご膳」????



ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。

最後にポチっと押していただけますと、プレゼントの励みになります!!!
是非おひとつ↓

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ




人気ブログランキングへ
掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。

すごい量の種ですね。小松菜の食べ放題ですね。小松菜の後ろの種は何ですか?同じくMustardと書いてありますが、Mizu..まで見えたので水菜かと思ったのですが、写真が水菜っぽくないような。。。

No title

マイナス50度ですか!想像も出来ないです。

山形は最近雪が多くて問題になってます。今年はそうでもなかったですが、昨年はちょっと異常なくらいでした。温暖化の影響で積雪量が増えたって言われてます。

ロンドンは今暖かいのでしょうか?
Laceyblueさんのブログは英語の勉強になって、とてもためになっています。

今日は晴れてるけど寒い!

球根とかベアルートの入った袋かと思ったら、1パウンドのタネ!!!
発芽率もとっても良さそうだし、研究し放題ですね!

うちの室内の小松菜たちは、日照不足でひょろひょろ。
かいわれ菜みたいにして食べてます(涙)

Sarahさま

こんにちは。
うしろは、ご想像のとおり「ミズナ」です。
アブラナ科ですから、マスタードになりますね。
これが、皆様にお分けできる理由です(笑)。。。

ブランドルさま

こんにちは。
華氏ですからね(笑)。まあ、華氏にしても、50度違うのはかなり珍しいですが、
ここの日較差を考えると・・・ありえるか。
ロンドンの本部は、5月の世界最大のフラワーショウにむけて準備に忙しい頃でしょうね。

らすかる母さま

こんにちは。
アブラナ科なんで、もう地蒔きしても大丈夫だと思うのです。
ずっと屋内の暖かいところで育てると野外に出せなくなりますからね。
芽が出たら、夜間は内、昼は外で育てられると理想的なんですが。。。

小松菜!

Mustardって書かれている菜っ葉が小松菜だったとは~ 
小松菜をここで食べていたなんて~
今日、初めて知りました i-229 アハ・・・

kikiさま

こんにちは。
なんでもマスタードにされかねないので(笑)。種類からいうと、チンゲン菜も
野沢菜も同じですからね。Brassica rapa var. perviridisのvar.以降の変種の
部分=perviridisがコマツナというわけです。
アメリカ人にとっては、小松菜もチンゲン菜も野沢菜も、皆同じなんですね。。。
プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持
正規登録ナーセリー経営者。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング
マーケット情報
ブログランキング
WORLD TIME
FX初心者の入門講座
Translate 翻訳
Recent Visitors
Flag Counter
free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ