ブルコギ定食とローズマリー。。



ギースが戻ってきたインディアナポリス・・・というか、
多分もう渡りは、しなくなったのでしょうね、カナディアン・ギース。

住宅地のコミュニティ集会でも彼らは問題になっています。
なぜかというと・・・・

皆さんが丹精込めて・・・毎月$300ものコミュニティ会費を払って
ガーデナーを雇って手入れしている芝生を傍若無人に食べ荒らし・・・

RIMG0721.jpg

↑を「おみやげ」に、芝生の至る所に撒き散らしていくからです。
グッチャリ軟らかいコレ・・・折角お庭が緑の絨毯でも、うっかり
はだしで出るわけにはいかなくなります。。。

この季節、彼らは大抵ツガイで行動しています。
春は産卵の季節。コミュニティの住人は、この季節「卵を見つけて
食べてしまえ!!」と気勢を上げるのですが、一体どこで卵を
産むのやら・・・・見つかった試しがありません。

うちでも、昨年は彼らに畑を食べ尽くされました。
イネ科の植物が大好きな彼ら・・・
畑の初年度のグラウンド・ブレーカーとして植えたトウモロコシを
見事に食べつくしてくれました(涙)。

今年は蒔かないからいいけどね。あの恨み、忘れた訳ではありません!!

さて話変わって、先日はラベンダーでしたので今日はローズマリーです。

以前住んでいた南カリフォルニアサンディエゴは、勝手に
ローズマリーが実生で生えるという、日本では考えられないような
ローズマリー栽培の好適地。
おかげで、集めた85品種はすべて庭に地植えで育てましたが、
ここでは、地植えは全滅を意味します。
全て温室栽培。。。今はラベンダーも同居していますが、
次の冬は、彼らは庭で越冬する事になるでしょう。

当家は本来、ローズマリーが主体の研究家なのですが、
インディアナでは、ほんとにコレクションなのです(笑)。
でも、これも今年はもう少し拡充しようと思っています。
なんといっても、ローズマリーはハーブの王様ですから。。。

RIMG0757_20130313120609.jpg

10月からずっと咲き続けているセヴァン・シー。
いくらが開花期のローズマリーでも、これの咲き方は
ほんとにすごいです。根詰まりを疑っています。
温かくなったら、真っ先に植え替えですね。。。

RIMG0761_20130313120609.jpg

黄色の斑入りの細葉は、ジョイス・デバッジオ。
今年は開花は見られませんでしたが、咲けばとても濃い紫の花です。

RIMG0775.jpg

新芽の周りに白い毛が巻いているのは、テキサスのアープ。
これとマデライン・ヒルがインディアナの冬に耐えられると
いうことになるのですが、それは絶対気温でのこと。
耐寒温度を考えれば、まだまだ難しいと思います。

その他合計10品種。
ラベンダーには、遠く及びません。。。。

RIMG0728_20130313120609.jpg

本日は久々に韓国ランチ。「ブルコギ・ランチ」

ランチなんで、前菜は控えめの6種類。
でもこの中にジャガイモの煮物がありました。
美味しい!なるほど、これが「カムジャタン」か!!
これは、うちでも、作って見なければ!!
・・・・こうして、段々レパートリーが殖えていくんです(笑)。



ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。

最後にポチっと押していただけますと、プレゼントの励みになります!!!
是非おひとつ↓

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ




人気ブログランキングへ
掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

カナディアンギースはもう出現してるのですね。我家の周りは水辺ではないのできがつきませんでした。確かに去年の記事のとうもろこしがかわいそうでした。

ローズマリーの花を見ただけで根詰まりがわかるなんてすごい。しっかり様子を見ながら育てなければですね。日々放置では、だめでね。ローズマリーに花が咲く事さえ知らなかったです。綺麗なはなですね。

Sarahさま

こんにちは。
ローズマリーは冬に開花するので、冬暖かい地方では、目立つのです。
中西部のように、冬に屋外で育てられない所では、見る機会がないでしょうね。
シソ科なので、花もシソの花です。。。
プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持
正規登録ナーセリー経営者。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング
マーケット情報
ブログランキング
WORLD TIME
FX初心者の入門講座
Translate 翻訳
Recent Visitors
Flag Counter
free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ