インディアナ。ホームパーティは酒かすでいこうか??



なんか・・・快晴のインディアナポリス
現在6℃。温かいです。。
このところ、微妙な天候が続いています。

RIMG4778.jpg

昨年11月に、欲張って一気に128本植えた挿し木・・・

RIMG0118_20130207030031.jpg

生き残ったのは、ローズマリー1本だけ(汗!)
100%バーミキュライトまでおごったのに、なんてこと!!

「全滅じゃないけど・・・全滅じゃないけど・・・!」・・ってね。

敗因は屋内の湿度。。。
11月から12月はかなり乾燥していて平均20%。
なんにもしなくとも、一晩でドライハーブになります。
それで、キャノピーをかけて湿度確保・・となる予定でしたが。。。

今度は室温20℃が邪魔をする・・・カビの発生。。

挿し穂の方は、すでに冬の休眠状態に入りかけていたものから
採取してきたもの。簡単には、根を出してくれません。
一方、室内のカビは年中無休。これでは、繁殖力で負けてしまう。
冬の挿し木は、地上部は5℃。根は15℃程度の温度管理が必要か
・・・日本の家屋では、それほど難しくないのですが。。。
ここでは、全室24時間20℃にキープされますから。。。。

そもそも、もうちょっと寒い場所に置いて・・・ベースメントや
ガレージで・・・発芽マットで温度管理すれば簡単なのかもしれません。

今となっては、挿し穂も取れないので、春待ちです。
でも、ここの気温が急上昇する春なら、春からの挿し木でも
秋までの半年間に急成長が見込めるかも・・・これが期待の種!

春夏秋で7ヶ月。冬が5ヶ月のアメリカ中西部。
以前住んでいたニューイングランドの方が、やや穏やかな気候ですが、
春から夏への気温の変化はほぼ同じ傾向です。
なにしろ、あのターシャ・チューダーさんがガーデニングを
はじめたのはコネチカットですからね。。。
コネチカットは、ガーデニングには好い所なのかも・・・


RIMG0423_20130207030030.jpg

さて、いらいら解消・お料理の時間。いつものことだけど・・・

カリフォルニアの温泉旅行の折、購入したアメリカ製「生酒かす」5ポンド!
これだけあれば、結構使える!!
でも・・・お味は??

RIMG0018_20130207030030.jpg

お試し用メニュー「酒かすホットミルク」。

酒かすを適量、カップにいれてお湯でよく溶かしたら、
ミルクを加えて、レンチン1分。おろし生姜と砂糖を混ぜて
できあがり。。。

ふ~む・・・酒かすとしては、普通かな。。。
ちょっとお酒と生姜の香りが「甘酒」風のミルクです。
酒かすは体によさそうですし、生姜で温まる。
ミルクで酒かすの癖がやわらぎ、円やかになります。
酒かすが苦手な方でも飲みやすい味です。

今回のホームパーティには、これでいきましょうか。。。。




ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。

最後にポチっと押していただけますと、プレゼントの励みになります!!!
是非おひとつ↓

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ




人気ブログランキングへ
掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
挿し木は残念でたが、ローズマリーって丈夫なのですね。使い道がわかれば育ててみたいです。酒粕ミルクは簡単にできそうなので今日のおやつにやってみます。なにしろすごいブリザードが来るらしいので外に出られないから~><

No title

オハイオもいい天気でした。おかげで掃除がはかどりました。窓全開に出来るっていいですね〜。

挿し木って難しいんですね。試行錯誤チャレンジあるのみでしょうか?

酒粕メニュー、何が出来るのかな?楽しみにしてます。昔、給食で食べた粕汁がすきでした☆なつかしい。

よしこさま

こんにちは。
欧米の料理には、なくてはならないハーブですね。
ハーブの王様です。
そちら、これから荒れそうなので、ご注意くださいませ。。

Sarahさま

こんにちは。
挿し木は用土しだいでは、簡単なはずなんですけどね。。。
特にラベンダーやローズマリーなどは、
挿し木以外で繁殖は考えにくいのですが・・・
アメリカでは、なにか秘密にしていることがありそうです(笑)。

酒かす・・・石狩鍋っていうのもありますが、パーティでは出しにくいし
粕漬けは好き嫌い分かれますしね。。。
プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持
正規登録ナーセリー経営者。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング
マーケット情報
ブログランキング
WORLD TIME
FX初心者の入門講座
Translate 翻訳
Recent Visitors
Flag Counter
free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ