「ハーブ園芸」発芽加速マット・・・?



ここのところ、「アメリカ生活ブログ」か「お料理ブログ」のような
記事が続きましたが、当ブログは「ハーブ園芸ブログ」です(笑)。

今日は「ハーブ園芸」オンリーなので、「海外生活ブログ」や
「お料理ブログ」期待の方は、スキップしてくださいね。

ブログランキングに参加しております。
応援よろしくお願いします。↓

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ


外はまだまだ冬のインディアナポリスですが、1月に入るや否や、
ホームセンターの中では、クリスマス・ツリーがあった場所に
種まきセットが並べられました。

2012年採取の種がずらっと。。。

もうここでは、春の準備・・・・春は5月のはずなんだけどね・・・?

RIMG6276.jpg

同時に、先シーズンの終わりに「特価品」コーナーに回されていた商品が
普通の値段で普通の棚へ逆戻り・・・・

↑は、寸でのところで、超特価のまま手に入れた植物用敷き布団・・・
ならぬ、「加熱マット」。
$10でっせ!870円!!

RIMG6299.jpg

なになに「アクセラレーター」・・・植物発芽40%+加速マット!!
「発芽加速装置」・・・らしい。

これは「ハーブ園芸ブログ」を謳っている以上、試してみるほかないでしょう!

RIMG6277.jpg

早速、1020黒トレイをセットして・・・・上に置くだけですが・・・
中に温度計。キャノピーはいつもの蒸散防止キャノピー。
水の蒸散と保温を兼ねて、実際にこの装置で維持できる温度を
測定してみます。

このマットの消費電力は15W。
ちょっと高いように思われますが、アメリカで最近はやりの
ネジ巻き蛍光電球1個を点けっ放しにするようなものです。
アメリカは電気代が安いし、今の季節は24時間暖房運転中。
経費的には気にならないレベルか・・・・

ちなみに、この装置には温度調節はありません。
15Wの電熱線がマットの中に封入されているだけの構造です。
すなわち、断線したらそれまでよ・・の構造です。
だから安い・・・否、正価は$40だったかな。。。

RIMG6278.jpg

約10分で30℃に達し、そこで安定しました。
この装置は30℃で固定されているようです。

RIMG6287.jpg

さて、これからが「人体実験」ならぬ「生体実験」です。。

発芽難易度が異なる四種の種を実際に発芽させてみましょう。
用意したのは、「青シソ」「ヨモギ」「セリ」「モロヘイヤ」。

「シソ」の発芽条件は25℃以上にある休眠解除温度に達したとき。

「モロヘイヤ」は28℃が最適らしい。20℃でも発芽するので
かなりアバウトな性格。一番簡単に発芽しそう。
種はほんとに小さいですが、5月に撒いても9月には2mになる
という驚異の成長力。。

「ヨモギ」はデータ不足。日本の郷土種のヨモギは基本的に根茎で
増える。日本で道路工事の際、法面に植えているヨモギの種は
中国産か韓国産の品種で日本産のものは使用されていない。
キク科であるが、風媒花なのでかなり特性が違う。

「セリ」おそらく、一番発芽率が悪いと思われるセリ科の代表。
発芽率が悪いので、園芸学会や大学の研究施設で発芽について
研究されている。それらによれば、昼夜の温度差が必要で、
昼温24℃夜温15℃の9℃の温度差の時に発芽率が高くなる。
常温では発芽率が低くなるという厄介な性格。なんでこうなる??

このマット、温度調節はなくタイマーもないので、一定温度を
維持する敷き毛布状態。
「シソ」「モロヘイヤ」「ヨモギ」は発芽しそうだが、
「セリ」は人が出し入れしなければ難しいかも。。。

まあ、今回はこのままやってみます。

RIMG6283.jpg

装置に興味深々の山猫。

お前の「猫草」は今回はなしね。。。



ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。

最後にポチっと押していただけますと、プレゼントの励みになります!!!
是非おひとつ↓

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ




人気ブログランキングへ
掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは~♪

待ってましたぁ~♪
加熱マットの実力に興味津々!
確かにセリ科は発芽させる時期が難しいですね。
難易度からすれば、モロヘイヤ・シソ・セリの順に難しくなりますね。
ヨモギは発芽させたことがないので分かりません。

No title

ホームセンターは、もう春の準備が始まってるんですね。種探しに行こうかしら。

加熱装置の熱気に山猫くんは反応したのかな?私もその上に座りたい気分。発芽させる温度も結構違う物なんですね。発芽報告たのしみにしてます。
まだまだ、寒い季節、山猫くんの温かそうな毛並みがうらやましいです。

わいわいさま

こんにちは。
またぞろ実験室です(笑)。難易度はそのとおりでしょう。
日本では、ヨモギを意図して育てたことはないですものね。
道路工事では盛んに使っているようですよ。

Sarahさま

こんにちは。
ホームデポやLOWSの変わり身は早いです(笑)。
ノルウェイの猫なんで、毛皮は3コート。毎日の手入れが大変です。
プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持
正規登録ナーセリー経営者。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング
マーケット情報
ブログランキング
WORLD TIME
FX初心者の入門講座
Translate 翻訳
Recent Visitors
Flag Counter
free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ