FC2ブログ

「シルバー」という名のローズマリー

シルバースピリット昨年の5月から暮らしを続けていたこの子たちも、市民農園の返還に伴って引越しです。
寒風に吹かれてだいぶ痛みがきていますが、昨年に較べればずいぶんと状態は良い方です。昨年は葉がほとんど落ちて枝だけになっていました。これも今年の暖冬の影響でしょう。
成長が遅いと言いつつも、9ヶ月も経過すると倍の大きさになってくれます。栽培の難しい品種を育てることはガーデニングの醍醐味ですね。育ってくれるとうれしいものです。
ハーブは手間がかからない、と思っている人も多いようですが、どうして、中には結構厄介なものがあります。
ローズマリーなどは、それらの筆頭のように言われていますが、品種によっては大変な目にあいます。これもこの品種の特徴である「白い斑」を維持することは大変です。先祖返りの緑枝が頻繁に出ます。それを摘み取りながら育てますが、葉緑素の不足は即成長の遅さにつながります。また、普通、斑入り植物は葉焼けするので強い日光を嫌うものなのですが、これは強い陽射しがないと成長できないようです。陽射しを浴びても斑は消えません。
その上、他のローズマリーと違って園芸用(つくり)以外には利用されません。
実用性の高いローズマリーの中にあって、花壇の縁取り専門というのはいかにも異色の存在です。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 樹木・花木
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持。
正規登録ナーセリー経営。
ナーセリー・ビジネスにて
起業。アメリカで会社設立。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング


人気ブログランキングへ
ブログランキング
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ