FC2ブログ

New Year Resolution



あけまして、おめでとうございます。
今年も引き続きよろしくお願いいたします。

こちらの新年のお休みは一日だけで、実は昨年は月曜日が
大晦日だったので、31日からお仕事は通常のペースに戻っています。
もっとも、大体の人は2日からスタートするようです。

昨年10月からウッドデッキとコンクリートに覆われた
バックヤードに試験圃場を作るために大改造をしてきました。
DSCN1359.jpg

土がないので、地盤に粉砕したコンクリートを埋め込み、
その上に砂とコンポストを搬入して土の面を造ります。
DSCN1917.jpg

3ヶ月かけて、やっと土が入ったバックヤード。
土としてはかなり質の劣るものです。土に関しては日本の方が
選択肢もはるかに多く、また扱う業者も腕前も格段に優れています。
ここのガーデナーは、プールやバーベキューグリルをコンクリートで
作ってみせはしますが、「」は理解していません。
土はコンポストしかないのです。
はスプリンクラーを配管し、芝を敷いてお仕舞いです。
「イングリッシュガーデンのように」と言ったら、[野菜畑ですね」と
理解したような返事をしてきます。(バカ!!!)
何度言っても理解できないので、土づくりは自分でやることにしました。
DSCN1837.jpg

1キュービックフィート当り80セント(日本円だと80円程度)の牛糞を
大量投入して土壌改良からはじめることにしました。
今年もNew Year Resolutionです。
年のはじめから、薫り高い年になりそうです。

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

薫り高き新年

 すごい大工事ですね。

 まだ家をもっていませんが,いつかはこんな庭のある家に住めたらいいなと思っています。

 一時期土を買ったりしたことがありましたが,どうもいまだにどの土を買ったらいいのかわからずにいます。

NoTitle

こんにちは。
庭いじりをするには、不適切な家を購入してしまい、
その結果の大工事です。
折角アメリカに来たのですから、何エーカーもある
ような広大な畑を造ってみたかったのですが、
何しろここは、アメリカでも最高価格の土地。。。
日本式に言えば30坪程度でかるく億円単位です。
今は買わないで、待った方がいいでしょうね。

退職したら、もっと広いところへ行きたいです。
とボヤキつつ、谷の上の庭造りを夢想する日々です。

土の種類はあまりないので、地盤が粘土質なら
まず砂を入れてからコンポストを入れます。
地盤が砂なら、コンポストを入れればOKでしょう。
牛糞を適当に混ぜる程度しかできないのが、
残念ですが、アメリカではこんな程度ですね。

NoTitle

どーも、s-nobです。
これだけ大きな場所を土から作っていくとはまた大変そうですが、土に興味のある私には何だか興味深いです。
コンクリの破片を敷いたのは排水性を高めるためですよね。
そしてそのあとは堆肥を使っての土作りですか!!
今後どのような展開になるのか楽しみです(^o^)

s-nobさん、こんにちは。

どーも。
コンクリの破片を敷いたのは、斜面に対して水平に
土台を造るためです。
実はここ、谷の上に位置しているため、ウッドデッキは
オーバーハングしていました。
排水は、この土台の下にドレインパイプを通しています。
もっとも、年間通して雨の少ない砂漠故、ドレンから
の排水は年数回の土砂降りのとき、庭のプールから
溢れた水を逃がすのが目的です。
ここは日本とは反対に、土はアルカリ性を示します。
もっと厄介なのは、塩類が強いことです。
乾燥性の気候のため、土中の塩類が地表に吸い
上げられ、塩化するため湿潤な気候帯の植物は
ほとんど枯れてしまいます。
ここの土作りの知識は日本では役にたたないかも
しれませんね。

NoTitle

明けましておめでとうございます。
想像を絶しております。趣味を遙かに越えますね。
色んな環境があるんですね。。。
土壌の状態とか、庭造りに対する様子など、よく分かりました。
米国の綺麗な庭といったら、スッキリとさっぱりとしたものなんでしょうか。

ローズマリーのコルシカ島から来た種類の色がとてもステキですね~その背景を意識すると、なんだか特別のモノに感じます。

今年もよろしくお願いいたします。

あけまして、おめでとうございます。

アメリカの庭と言っても、ここのは西海岸の南部だけの
特徴だと思います。サンフランシスコでは今は雪と
洪水ですし、もっと北のオレゴンは緑豊かな山と
農業の盛んな州です(スタンドバイミーで森と川がきれい
でしたね)。
東海岸はイギリス色が強く、私の所属している
アメリカハーブ協会も東部寄りの姿勢をとっています。

ここの庭といったら、プールにジャグジー、
バーベキューグリルとアウトドアキッチン。
歩くところはタイルで覆い、あとはほとんどが
芝生です。芝生のまわりに、申し訳程度の
植生というのが典型だと思いますよ。
プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持。
正規登録ナーセリー経営。
ナーセリー・ビジネスにて
起業。アメリカで会社設立。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング


人気ブログランキングへ
ブログランキング
WORLD TIME
FX初心者の入門講座
Flag Counter
free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ