FC2ブログ

ラベンダーガーデンのB&B



アメリカ中西部のインディアナから空路6時間。
西海岸のワシントン州シアトルから車で約2時間かけて、
ラベンダーを見に来ました。。

で・・・先日の写真、これはラベンダー・グッツを売っているショップ。

今回宿泊したB&Bは、↓。

RIMG0628_20120801044030.jpg

ニューヨークはマウント・ヴァーノンにあるジョージ・ワシントン邸を
模して造られた・・という、B&Bです。
オーナーは、なかなかのG・ワシントン・ファン。。
建物の中は、ワシントン由来の品々でいっぱいです・・・
どうも、ここワシントン州にはG・ワシントン協会まであるらしい・・・

RIMG0654_20120801044030.jpg

前庭からの眺め・・・

RIMG0662_20120801044030.jpg

ドライブウェイから・・・遠いです!!

朝なので、海からの霧・シーブリーズが上がってきています。。

RIMG0651_20120801044030.jpg

ラベンダー・パープルに塗られた蜂箱。
後で気付いたのですが、この街にたくさん配置されている蜂箱は
すべてラベンダー・パープルに塗られていました。

RIMG0621_20120801044109.jpg

ここのラベンダーはラバンジンの「グロッソ」。
プロヴァンスの現在の主力品種です。
このガーデンは造られて4年目。4年だと、この位には大きくなるようです。

RIMG0623_20120801044109.jpg

いつものことで・・・・
土を眺めてしまいますが・・・
近隣のシアトルにくらべても年間降水量が1/3という
乾燥地。24時間、地下水をスプリンクラーで畑に潅水していても、
土は白く乾いています。。。
土は団粒を作っていて、指でつまむと、簡単に崩れます。。
これは、なかなかのものです。。。

RIMG1179_20120801044109.jpg

さて、朝の内に軽くお庭を見て回り、B&Bなので朝食です。。

まずは「ピーチの冷たいスープ」

夏メニューですね。。
トロ~リ、ピーチのつぶつぶ感が残る程度にグラインドしていました。
甘味は本来の桃のもの。かるくシナモンを振っています。

RIMG1181_20120801044108.jpg

メインは「エッグベネディクト

ハムにポーチドエッグに、軽いオランデール・ソース。

RIMG1182_20120801044108.jpg

もうひとつは、おまけ?
「アーミッシュ・ミューズリー」!!

だそうです。。。。
ボイズンベリーの甘酸っぱさが効いています。。。

これは、美味しすぎるぞ!!
なんで、インディアナのアーミッシュ村には、なかったのだろう???


朝食をしっかりいただいて、いざラベンダーガーデンヘ!!


続く・・・







ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・いただけますと、とっても励みになります!!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ

人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト



テーマ : アメリカ縦断/横断の旅
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

わあ、ラベンダーきれいですね。
ラベンダーガーデンの続き、楽しみにしてます。
朝ごはんもすごくおいしそうです。
ピーチのスープとエッグベネディクト、とても
心惹かれます。

こんにちは~♪
海岸沿いに建てられた宿泊施設「GEORGE WASHINGTON INN」からの眺めもさぞかし綺麗だったでしょうね。
うわさどおり5つ星でしょうか。
ラベンダーガーデンの紹介、楽しみにしています。

昨日に引き続き、素晴らしい景色ですね!!
3枚目の写真なんかすごくいい、水彩画を描きたくなります。
描かせてもらってもいいですか!?(笑)
ラベンダー畑が観光となっているんですね。
お土産やさんといっても、立派な作りのおうち。
さすがです。

朝食、朝からボリューム満点ですね!美味しそう・・。
イタリアの朝食は、イタリア人は朝食をあまり重視しないので、カフェラテとクロワッサンだけです。

イタリアのホテル、高いところも安いところも、どこに泊まっても同じメニュー。
もうちょっとかんがえてよーって思いましたが、お国柄しょうがないですよね。
アメリカも、朝はガッツリ食べるほうなんですかね?

わ〜 きれいな所ですね!ラベンダー畑も、B&Bも
夢の中の世界のようですね♡
お食事の内容もセンスが良くて、すごいです。

Sakulanboさま

こんにちは。
このエッグベネデクト、とても大きくて、宿泊していた空軍さんも
2個目の1/4ほど残していました。。。1個で十分です(笑)。
このB&B,毎朝違うお食事が楽しみです。。

わいわいさま

こんにちは。
あ!!もう分りましたか。。「GEORGE WASHINGTON INN」。。
昨日のベランダからの海と正面からの山並み、両方見れます。
朝食もこのレベルですし、調度品も博物館並みです。
噂通りですね。。

Neveさま

こんにちは。
このブログ、同人誌サークルに登録してからイラストレーターさんたちが、
数多く訪れてくれます。。。どうぞ絵の参考にしてくださいね。。

朝食といえば、パリの人たちも食べませんでしたね。。
プロヴァンスの人たちは、がっちり食べていました(笑)。
田舎だからでしょうか?
アメリカは・・食べますが、出る物は大抵同じです。量は人によります。
B&Bの評判の高いところは、さすがに凝っていますが。。

猫子さま

こんにちは。
ここ、サンディエゴから101号線をずずっと北上したてっぺんに
あります(笑)。もちろんI-5でも行けます。。
加えて・・・料金もとっても良心的!ただ、5部屋しかないので、
すぐ埋まってしまうのが難点です!!
プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持。
正規登録ナーセリー経営。
ナーセリー・ビジネスにて
起業。アメリカで会社設立。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング


人気ブログランキングへ
ブログランキング
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ