ラベンダーズ・・・・



最近、日の出前の気温が10℃台にまで下がるので、
朝は、湖が霧・・・蒸気で霞んでいるインディアナポリスです。

白い石の上には、ヘロンちゃん。。。
この子は、ここがお気に入りで、ほとんど一日中立っています。。
足・・・疲れないのかねぇ。。。

RIMG0071.jpg

さて、いずれはラベンダーガーデンを目指すうちの庭ですが・・・
今は、この土地に適合する品種を探している段階。。

↑は、希少品種を管理している「別枠」の中。
文字通り、別枠です(笑)。

一株づつポットごと、ピートモスとパーライト混合用土の
中に埋めています。今年の極端な乾燥下でも、かんかん照りの
日光の下で養生させたいため・・です。
要は、いずれ挿し木で殖やすために、より多くの枝を出させるため。。

RIMG0376_20120724130740.jpg

こちらはラバンジン区画。

中央はプロバンス。今は、二度咲き中。
これは、結構大きな株になりましたので、そろそろ花を落として
挿し穂を充実させようか・・・

RIMG0467_20120724130739.jpg

これも、丈夫がとりえのグロッソ。
プロバンスよりは、小さめの苗でしたので、この夏は開花させず。
株の充実に努めます。あと10~20cm伸びて欲しいところ。。

今年、育成中の品種は、トゥルー・ラベンダーが6品種。

フィオナ・イングリッシュ、
マイレッティ
メリッサ
ローヤル・ベルベット
サッシュ
サラ

ラバンジンが3品種。

プロバンス
グロッソ
ウォルバートンズ・シルバーエッジ

合計で9品種のささやかなものです。
もっとも、数も大事なので、グロッソは10株植えています。
秋になって気温が下がったら、もう少し殖やす予定です。
どの品種がここの環境に合うか、まだ解りませんからね。。

当初は端的に殖やせるラバンジンかな・・と思っています。
もし冬の寒さが厳しいなら、トゥルーということになるのですが・・・

RIMG4513.jpg

本日はお惣菜の紹介です。。

「わけぎのヌタ和え

さっと湯通ししたわけぎ・・・実はグリーンオニオンの特に細い物・・を、
アオヤギ・・・ならぬ、あさりの剥き身と酢味噌和えにしたものです。。
懐かしい味ですが、最近日本の居酒屋でもあまり見なくなりましたね。。。




ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・いただけますと、とっても励みになります!!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ

人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

すごい!ラベンダーってこんなに種類があるものなんですね!
イタリアにいる頃は、ラベンダーはあまり見かけず、大体バジル、ローズマリー、プレッツェーモロがハーブの主流でした。

個人的にはラベンダーが好きで、日本に来てからラベンダーを育て始めたんですが、近場ではなかなかいいのが手に入らず、結局某種苗メーカーから“グロッソ”を購入。
でもそのメーカーでも扱っている品種はすごく少なかったので、それくらいかと思ってましたが。

ホント、勉強になります☆

前回の記事で登場した、Laceyblueさんのねこちゃん、すっごく可愛いですね!!
またちょくちょく登場してください☆

わあ、ラベンダーが一杯!
すごく本格的なのですね。
わけぎのぬた、とっても
おいしそうです。

Neveさま

こんにちは。
プレッツェーモロ・・・イタリアン・パースリーですね。
イタリアはハーブを色々使いこなしますものね。ほんとに豊かな食文化の国です。。
面白いのは、イタリアではベイ・月桂樹を使わないことでしょうか。
イタリアから派生したフレンチでは沢山使っていますが、元々のイタリアンでは
ベイは庭木だから・・・と香辛料にはみなしていないようでした。

ラベンダー・・
昔師事していたニュージーランドの先生は250品種持っていました。
プロヴァンスのラヴェンダー・ミュゼで350種。。
世界中でいかに愛されてきた植物か分ります。。

Sakulanboさま

こんにちは。
今年はまだまだ手探りですね。。。
ラベンダーの不満・・・といえば、やっぱりお料理への応用が
限られる点ですね。。
ローズマリーはこの点、文句なしに優等生なのですが、この
土地では、寒すぎます。。。
プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持
正規登録ナーセリー経営者。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング
マーケット情報
ブログランキング
WORLD TIME
FX初心者の入門講座
Translate 翻訳
Recent Visitors
Flag Counter
free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ