FC2ブログ

プロヴァンスの代表的ラベンダーは?



決まったスーパーなどのないプロヴァンスの奥地。。。
食料品は毎週開かれるファーマーズマーケットで調達しています。
この近くでも、曜日を変えて開催されていますので、毎日
どこかでファーマーズマーケットが開かれている事になります。
ある意味、とても便利。。。

DSCN0646_20120619015832.jpg

こういう所では、まさに地産地消。。。この土地で一番の物が並びます。
これは名産の「芋」・・・・ではなく、手作りのサラミ。。
表面がカビで覆われると、こんな「芋」状態になる・・・・

サラミもプロヴァンスが有名です。
ピーター・メイルの「プロヴァンスの1年」(日本名プロヴァンスの12ヶ月)
にも、美食家の証明としてサラミの食べ比べが出てきます。

が・・・これが今回の目的ではありません。。。

DSCN0637.jpg

ラベンダー他の、バンドル屋さん。。。。
ラベンダーのサシェとかいろいろありますが。。。
プロヴァンス特産のスペルトという麦を上手に使っていますね。

DSCN0638.jpg

ラベンダーだけだと、どうしても変化に乏しいので、
同時に作付けしている麦と、ラベンダー畑に生える雑草の花を
あしらってのドライフラワー・・ラベンダーバンドルズ。
こういうのも、ラベンダーの特産地の商品としてはよいのかも。。
パリでも、アヴィニョンでも、こういうのは見つけませんでした。

この土地では、ごくごく普通の組み合わせ・・なのでしょうが、
野の花なのに、なんと華やかなのでしょう!!

DSCN0647.jpg

さて、ここで探していたのは、地元の花屋さん。。。
いたいた・・満開の菩提樹・リンデンバウムの花の下で店番をしていました。。
ファーマーズマーケットなのに、なんと優雅な・・・

DSCN0648_20120619015946.jpg

ここの農家が出しているお店なら、ここでごく普通に植えられている
ラベンダーがいくつか並べられているはず・・・・

DSCN0619_20120619015945.jpg

さっそく、それらしい苗が・・・

DSCN0621.jpg

お!英語だ!GOLDWIN?
葉の様子からは、GOODWINのようです。
GOODWIN CREEK GREY。
イギリス王立園芸協会のアワード候補にもなったアメリカ・オレゴン作出の
デンターダ・ハイブリットです。
こんなとこまで、広まっていたのか・・・

DSCN0622.jpg

「ラバンジン」
プロヴァンスでは、主力。ただ、ラバンジンとあるのでシェア70%の
グロッソでしょう。

DSCN0625_20120619020016.jpg

「ソフィア」・・・と読めます。
これは分りません。。。
ラベンダーの大家、Virginia McNaughtonさん(NZ)の品種総覧にも
載っていません。Tim Upsonの Genus Lavandula にも記載なし。。
値段は4ユーロと、ごく普通の苗ですが。。。

こういう?品種?に出会えるのが、産地探検の面白さです。。

DSCN0626.jpg

これは、ただ「白花」とあるだけ。。。

DSCN0623.jpg

これは、トゥルーラベンダーのブリュ・・「青花」。。。

形から判断すると、ヒドコート。。。

量産地らしく・・というか、地元のファーマーズマーケットらしく
種類は限られましたが、ここで見ただけでも「Sophia」のような
初めての発見がありました。

アメリカの近年の品種が、すでに栽培されていることは、6千年の
古い産地とはいえ、ラベンダー栽培に関しては常に最新の情報を
取り込んでいることの証左です。

ここには「ラベンダー・ムゼー」つまり「ラベンダー博物館」という
展示植物園があり、そのラベンダー品種は350種と言われています。

ラベンダーの名産地、恐るべし!!!




ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
ハーブ園芸らしいブログ。お楽しみ戴けましたでしょうか?

お楽しみ、いただけましたら、是非ひとつ!
とっても励みになります!!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ

人気ブログランキングへ






関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 異文化を楽しむ!
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

Laceyblueさん、今もしかしてプロヴァンス(フランス南部の方でしたか?)から
ブログを更新されているんですか? 素敵な所ですね~。
ラベンダーの本拠地ですね?

わあ、ラベンダーのドライフラワーがとてもステキです。
そして、ラベンダー、すごくたくさんの種類があるのですね。
気をつけてみていったら楽しいかもしれません。
普段は葉っぱと花の色くらいしか見ないのですが...
カビの生えたサラミというのもはじめてみました。
ほんと、おいもそっくりですね、

猫子さま

こんにちは。
いえいえ、家の畑を見て、数年前に見たプロヴァンスの土を
思い出しているところです。
ラベンダーの取材で1ヶ月ほど滞在しました。
ちょうど今くらいの時期です。。

Sakulanboさま

こんにちは。
すごいでしょ!これだけ豪華なラベンダー・バンドルは初めて見ました。
ラベンダーだけっていうのは、今はありきたりになってしまって、それこそ
プロヴァンスから東洋の端の国でまで作っていたりするわけなのですが、
こういうセンスを見せられると、さすがに本場だ・・と感服してしまいます。。

ラベンダーは長い間栽培されましたからね。。。350は少ない方かも。。
プロヴァンスのサラミ、お芋に見えますよね(笑)。

こんにちは。
大好きなラベンダーの話で勉強になります。
NJの冬でも毎年元気に越冬してくれて、挿し木で増やしたりしていますが、たくさん種類がある事も知りませんでした。
我が家のは2種類ですが、買った時perfumeとしか書いていなかったのでそういう種類なのかと思いましたが、あれはスパニッシュラベンダーの事なんですか?
春先にだらーんと開いてしまったので、ばっさり剪定してしまい、もう今年は花は咲かないのか気を揉んでいる所です。
LaceyBlueさんの過去ブログをもっと読んで勉強させて頂きます♪
あ、私前回が初めましてです。
平凡な名前なので、同名のファンの方がいらっしゃるのですね。^^

なみ太郎さま

こんにちは。
初めてでしたのね。。改めて、ご訪問ありがとうございます。
「perfume」はラベンダーなので、「香りラベンダー」のつもりで
名前をつけたのでは?品種名ではありません。
NJ方面ですと、スパニッシュは冬越えが大変そう。。。
ニューイングランドに準じる形で、トゥルーラベンダーが
適していると思います。ラベンダーの場合、切り戻しはしますけど、
時期の問題があります。。
プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持。
正規登録ナーセリー経営。
ナーセリー・ビジネスにて
起業。アメリカで会社設立。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング


人気ブログランキングへ
ブログランキング
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ