FC2ブログ

小春日和、花日和。。。



家の近くでは、こんな木がよく植えられています。
柑橘類の木は黄色の実が、ちょうど良いアクセントになるために
フロントヤードなどにも植えられています。
この手の木々は、鋭い大きな棘を生やしていることが多いので、
通行人に近い場所にはいかがなものか、とも思うのですが、
この辺りの人は気にしていない様子です。
DSCN1749.jpg

DSCN1740.jpg

この二つの写真、わかりますでしょうか。
DSCN1741.jpg

グランドカバーニに植えられているローズマリーです。
DSCN1743.jpg

葉の短いプロストラタスです。ここでは、ハンティントンカーペットやサンタバーバラが
一般的です。どちらもLA近郊のガーデンの名前(地名)をとっています。
DSCN1744.jpg

たいていミツバチが仕事をしていますね。
ローズマリーには、昆虫はよく集まります。蜜は十分あると思うのですが、
不思議とハチドリが来ているのを見た事がありません。
なぜでしょうか?
他の花にはよくホバリングしているのですが・・・・。
プロストラタスでは高さが低すぎるのかもしれません。
もう少しすると立性大型種のタスカンが濃い青い花を鈴なりにつけますので、
ハチドリが蜜を吸いにくるかどうか、見てみたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

NoTitle

先日は私のブログにコメントをありがとうございました。
こちらには初コメントになります。
改めまして宜しくお願い致します。

柑橘類の刺はけっこう鋭いですよね。
今日もユズを収穫してきたんですが10個取っただけなのに手は切り傷だらけになってしまいまいた。

ところでローズマリーをこのように使っているのは初めて見ました。
私なんかだと色々と植えたくなってしまう所ですが、スッキリとローズマリー一つに絞っている所はスマートですよね。

NoTitle

はじまして。私からもよろしくお願いいたします。

ゆず農家では、剪定のときにトゲも切っています。
収穫のときに怪我をしないためと、もうひとつ大きな理由は
実を傷つけないためです。
うちでは、100均のニッパーで切っています(笑)。

グランドカバー用の品種です。
これの特徴は、土の中に排他的排出物を分泌するので、
雑草が生えにくいこと。そして、ここはローズマリーの
ような乾いた気候に適した植物でないとスプリンクラーで
散水する水の費用が大変なことになるのが理由ですね。
オーナーさんは、ほんとはいろいろ植えてみたいと言って
いました。ジャングルのような庭がゴージャスだそうです。
プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持。
正規登録ナーセリー経営。
ナーセリー・ビジネスにて
起業。アメリカで会社設立。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング


人気ブログランキングへ
ブログランキング
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ