FC2ブログ

ミシシッピー川



幅の広い川ということでしたが、それほどでもありません。
対岸がはっきり見えるためでしょうか。
DSCN1452.jpg

今は草の生えた土手も見えますが、カテリーナの来る前はこの辺り
川沿いに巨木が立ち並び、川面が見えなかったそうです。
洪水のために根こそぎにされたのか、決壊を防ぐために切り倒した
のかはわかりません。
DSCN1546.jpg

土手の上から反対を見れば、観光の中心、ジャクソン・スクエア。
涼やかな川風の花の香りが感じられました。
DSCN1547.jpg

今が開花の季節なのでしょうか。
ヒイラギモクセイが一斉に咲いています。
DSCN1544.jpg

銀木犀の香りですね。若い葉にはトゲがないようですが、
年数を経て硬化した葉には硬いトゲができています。
海が近く、泥の色をした、大きな流れの緩やかな川が近いというのに
川特有の匂いのしない町でした。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 花のある生活
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

魅力的です♪

ニューオリンズ、ミシシッピー・・・何て魅力的な場所なのかしら~♪
町並みも自然の風景も、画像を見ながら思い切り深呼吸したくなります。
・・・でも、目の前にあるのはパソコンなんですよね~(泣

私事ですが
私、ジャズ・ブルースが大好きです!
中学時代にオスカーピーターソンのピアノを聞いてからずっとその世界に取り憑かれています。
音大時代にジャズ喫茶でバイトして、バイト代の代わりに貰ったアナログレコードは
今も大切な宝物です。既に廃盤のものもあるし・・・
おしゃれで聞きやすい演奏も良いけれど、
土や汗や綿花の香りを感じる泥臭いものの方が好きです。

ですから、Laceyblueさんの一連の記事に感激しています。
聖地ですからね~

こんにちは。

ニューオリンズはいろいろな文化や歴史が混沌とした町です。
11/10の一番下の写真のような夜の雰囲気。

陽が落ちて、暗くなった町並みは、にぎやかな歌声や
咽び泣くようなサックスの音色や、いろいろな音楽の
リズムに包み込まれていきます。
煮込んだガンボ、クレオール料理の匂い、オイスターバーの
潮の香り、ハリケーンカクテルやバーボンの匂い。
それに湿った川風と うだるような蒸し暑い気候が
ここのジャズを生んだのでしょう。
本当に実感できますよ。

小池真理子さんの「無伴奏」に出てくる喫茶店「無伴奏」で
学生時代を過ごした私には、ここの夏ではかなり厳しかった
と思います。
もし行かれるなら、10月か11月をお勧めします。

フェリーボート

 以前ニューオリンズに行ったときは,フェリーボートで対岸に渡ったところにある住宅地の中のBBにとまりました。

 いちいち船を待たないといけないので面倒でしたが,市街地とはまた違った趣で良かったです。
 バーに行ったら地元の人ばかりでした。
 えびを甘辛くソテーしたのがとても美味しかったです。
プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持。
正規登録ナーセリー経営。
ナーセリー・ビジネスにて
起業。アメリカで会社設立。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング


人気ブログランキングへ
ブログランキング
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ