FC2ブログ

アメリカで、ラムとデーツとアプリコットのタジン。



晴天のインディアナポリスです。
ここのところ、水曜日に雨・あとは晴れのパターンが続いて
いるようです。おかげで、毎週洗車場に通っています。
雨の日には、道路に撒かれた大量の融雪剤がまきあげられ
車体が真っ白になるためです。

これでは、車が持たないのではないでしょうか?
それとも、錆びない融雪剤なのか・・・?

RIMG3520.jpg

寒さには、やたらと強いことを証明している「ふき」。
土が凍結しようが、生えるときには、芽を出すようです。
ジャポニカ種ですが、観賞用の斑入りです。
放置すると、先祖帰りして緑葉だけになるのでしょう。。。

RIMG3498.jpg

さて、前回は調整中だった「タジン鍋」。今回から、スタートです。
なずは、基本中の基本・・・「ラムのタジン」。
羊肉を使うものだけでも、それこそ星の数ほどあるタジン料理ですが、
初めは、とにかく基本メニュでいきます。

RIMG3499.jpg

・・・と、いきなり完成写真ですが、それには理由があります(笑)。
まず、作り方の手順は基本的に単純で、材料をタジンに積み上げて
三角帽子を被せて、弱火で加熱するだけです。

細かい点を指摘するなら、玉葱をスライスしたものを別のフライパンで
ブラウンになるまで炒めて、タジンに敷き、同じく表面に焦げ目をつけた
肉をその上に載せる・・とかありますが、それは現代の台所事情前提の話(笑)。

水の少ない地方で大した火力もない燃料で効率的に美味しい料理を
作るための調理器具です。
つまり、弱火で超長時間加熱が基本の使い方。
決してレンチンではないのです。これが現代では使われなくなって
きている大きな理由です。こういうところは、今は廃れてきている
基本の和食の料理法と全く同じです。

ただし、このような長時間かける調理でなければ、多数の香辛料を
複雑に組み合わせて、独特の「風味」を引き出せないのも事実です。
塩・コショウ、パッパで何が「味」でしょうか?

RIMG3501.jpg

さて、この「贅沢」な料理を見ていきます。

メインはラムの塊肉です。これを玉葱、ズッキーニ、にんじんと一諸に
タジン鍋で蒸し焼きにするだけです・・・・が、
ドライフルーツの、デーツ(砂糖棗)、アプリコット、プルーン、レーズンを
加え、はちみつを回しかけます。
肉は、しっかり塩コショウして、表面に砂糖とシナモンパウダーを
すり込んでおきます。
刻んだガーリック、サフラン、アーモンドをいれ、シナモンスティックを
下に敷きます。
全部の材料をタジンに入れて、上から生姜の搾り汁を回しかけ、蓋を
被せて弱火で1時間から1時間半。。。。

仕上げにシアントロミントをきざんでかけます。

これは、本当に目からウロコの組み合わせ。
シナモン、ガーリック、ジンジャー、はちみつもいい味になります。

モロッカンは、スパイスとハーブを本当に巧みに使いこなします。
組み合わせの「妙」といったら良いのでしょうか。。。。
すごいです。。。



ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・いただけますと、とっても励みになります!!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ

人気ブログランキングへ







関連記事
スポンサーサイト



テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

こんな風に使うんですね~

ちょっと酸味のある果物とお肉の組み合わせが大好きです。
アプリコットとラム肉、おいしそう~。

Laceyblueさんのフキ、元気ですね。
うちでも、毎日祈るような気持ちで庭をチェックしているのですが、去年、散々シカに弄ばれたフキたちは・・・まだ芽を出しません。

みょうがもまだ。

がんばれ、うちの子たち!

らすかる母さま、こんにちは。
お肉にシナモンですからねぇ。多分ハチミツの代りにママレードやユジャロンでも合うと思いますよ。
うちでも、みょうがは室内だけです。庭に植えたふきは、まだです。
幸い、うちの子たちが順調なので、殖えたらまたお分けしますよ。

このタジン鍋は弱火で煮込むためのものなんですね。
蒸し焼きにすると、味がよくなるし、なかなか優れもののお鍋なんですね。
モロッコではよく使われているという事ですよね?
私、今から20年前にモロッコを貧乏旅行した事があったんですが
その時は食べ物にすごく困ったんです。でも、このタジン鍋で作った
お料理もあったという事ですよね.... 残念です... 。

猫子様、こんにちは。
モロッコまで貧乏旅行されているとは、素晴らしいですね!!
私がマグレブ料理に出会ったのは、パリで、仕事柄プロヴァンスに向かう途中でした。
パリでは、モロッカンとベトナム料理ばかり食べていましたよ。サンディエゴでは、
ラ・ホヤに「マラケッシュ」というタジン料理をランチに出しているお店がありました。

わあ、タジン鍋、さっそく使われたのですね。
とってもおいしそうです。
先日の記事を見て以来、クスクスが食べたくて
たまらなくなってしまったのですが、まだ作って
ないです。作りたいものが増えて困ってしまいます。

Sakulanboさま、こんにちは。
ドライも生のフルーツも両方使いますね。積極的にシナモンやはちみつを使うのも独特です。
シナモン、クミン、キャラウェイ、香菜を一緒に使うと独特の香りが生まれて、モロッコの
味になるようです。単体では決していい香り・・とは思えない物も、一緒にすると、
どこにも似ていない、でも不思議に美味しい香りになります。。
プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持。
正規登録ナーセリー経営。
ナーセリー・ビジネスにて
起業。アメリカで会社設立。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング


人気ブログランキングへ
ブログランキング
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ