春のBiltmore Estate ,Asheville

IMG_0451.jpg

アッシュビルです。
たびたび訪れているのですが、
春にBiltmore Estateを訪れたのは、
初めてになります。
目的はもちろんガーデン・・・なので、
今回は直接、大温室裏手の駐車場に
乗り込みました。

IMG_0475.jpg

↑大温室の裏は、ガーデンショップに
なっている。。。で、

IMG_0466.jpg

温室を抜けて、表側のガーデンに出ます。

IMG_0471.jpg

今の季節は、春先のチューリップを
植え替えたばかりか?
新しい小さなポット苗を並べたばかり
といった風情です。
まあ、これはこれで、この規模ですから、
見応えはするのですが。。。

IMG_0509.jpg

ガーデンを出て、ビルトモア・ヴィレッジへ。。。
時間的に夕方になってしまったので、
夕日に映える、おなどを見ていると‥‥

IMG_0512.jpg

何やら、まだ刈入れたばかりの畑が
気になります。

IMG_0518.jpg

刈り残した「穂」からOatsとわかるのは
今年のウチの庭にもあるから(笑)。
もっとも、こちらはがいるので、
の飼料用でしょう。
同時に、このオレンジ粘土も土壌改良
しているのかもしれません。

IMG_0522.jpg

・・・などと思いを巡らしているうちに
日没です。
刈り取ったOatsの株の間には、
ヒマワリが植え付けてありました。
この圃場は真夏になれば、一面の
ひまわり畑で観光客の目を楽しま
せるのでしょう。



お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ、応援よろしくお願いします。↓

あなたの一票で筆が進みます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。



ブログランキングに参加しております。
応援よろしくお願いします。


スポンサーサイト

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持
正規登録ナーセリー経営者。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング
マーケット情報
ブログランキング
WORLD TIME
FX初心者の入門講座
Translate 翻訳
Recent Visitors
Flag Counter
free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ