いよいよ大晦日、おせちも大詰め



ここ一週間で一番の最高気温、一番穏やかな一日となった
大晦日のコネチカット・コーストです。
しかし、日本人にとっては一番忙しいニューイヤーイブ?
でも、日本の皆さんは、もう元旦ですものねぇ。。。
おせち」作りもいよいよ、最終コーナーです(笑)。

DSCN1791_20110101093552.jpg

まず、電子レンジ「きんとん
電子レンジで芋一本に6分加熱し、中身をスプーンでかきだしたら、
マッシャーでつぶして、砂糖・みりんで調製。練ったら完成です。
面倒なので、濾したりはしませんが、よく練れば大丈夫。
少しお湯を加えると練りやすくなりますが、砂糖を加えると生地がゆるく
なり過ぎる事があります。その場合は、小鍋に移してゆっくり加熱し、
水気を飛ばしてください。

RIMG2427.jpg

牛肉の薄切りがないので、ごぼうと煮てしまいました。
「叩き牛蒡」代わりの「牛肉とごぼうの炊き合わせ」
味の方は、ごぼうの牛肉巻きと同じです(笑)。

RIMG0864.jpg

菊花かぶ」と「だし巻きたまご
菊花かぶは、切り方の問題だけですね。
うまく切れたら甘酢に漬けておきます。
だし巻きたまごも、落ち着いて丁寧に巻いていけば、
難しくはありません。
落ち着いて、あせらず作業すればうまくいきます。
この「だし巻きたまご」が扁平なのは、最初に単なる
卵焼きにしようと思ったからです。
気の迷いが形に出ました(笑)。。

RIMG2467.jpg

黒豆
黒豆です。これは一番手抜きです。
アメリカのスーパーならどこでも置いている
黒豆」の缶詰です。
塩茹でしてあるので、缶から出して、よく水洗いします。
鍋に入れて醤油と砂糖で煮ます。
そのまま放置して冷ましたら完成。
多少割れているのは、ご愛嬌。皮にしわもよりません。
色がちょっと薄いですかね。。。

RIMG2469.jpg

金柑甘露煮
今の季節だと、ウォルマートでさえ売っている「きんかん」です。
売っている事自体驚きですが、実際あるんですね。
これの背の部分に切れ込みをいれてから、水から煮ていきます。
アメリカ金柑は、日本のものより「アク」がないようです。
苦味が少ないので、数回の水換えで苦味が取れますので、
その後、砂糖を加えて煮ていきます。
砂糖が煮詰まって、とろりとしたら、完成です。

RIMG2471.jpg

田作り
煮干の応用です。なるべく小さいものを探してきます。
中国産は塩分に注意。フィリピン系のグロッサリーには色々な
干し魚があります。
この「煮干「をフライパンでカリカリに炒ります。
醤油、砂糖、みりんを大匙1杯づつ混ぜて、これにサラダ油を
大匙半分程度まぜ、煮干を取り出したあとのフライパンで
煮詰めます。ドロッとしたところで、取り出した煮干をもどし、
よく絡めて完成です。

ここまで、7品。合計16品。

今のところ準備中の雑煮とあわせて、今回は20品目を
目標にしていきます。。。。




ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

ニューヨークに買出し。おせち準備。



年の瀬も押し迫ってから、ニューヨークに買出しに出ました。
コネチカットのロードアイランド寄りから95号線を西にひた走る
こと、2時間ばかり・・・
CTと境を接するハリソンホワイトプレーンズ。。

RIMG2451.jpg

今回の雪は、コネチカットよりもニューヨークの方が
ひどかったようです。幹線道路からちょっと入ると、
すぐ、この有様です。ニューヨークの皆様、ご苦労様でした。。

RIMG2437.jpg

まず向かったのは、ホワイトプレーンズのDAIDO。
か、門松がありますよ~。。。。
お店は、とっても小さくて、車で行くと見落としてしまいます。

RIMG2436.jpg

このお店、内容は結構充実していますが、南カリフォルニア
日系スーパーを見慣れた人が見たら、がっかりするでしょうね。
規模的には、SDのスーパーでは、小さい方のニジヤさんの3分の1以下。
お値段は4割増しから5倍程度です。
カリフォルニアニューヨークの端では、これ位の違いがある、と
いうことですね。NJのミツワは巨大だと聞いていますが、スーパーとしての
ミツワには、品揃え、商品の内容ともあまり感心できないのです。
今は韓国資本の会社ですしね。。。
ともあれ、CT在住の日本人にとっては、ここは貴重な日系スーパーです。

RIMG2434.jpg

面白いな、と思ったのは、ハリソンのOISHINBO
規模的には、家族経営の八百屋さんですから、なんでもあるわけでは
ないのですが、かなり揃っています。
場所も、ハリソンの駅前商店街ですし、なんだか懐かしい感じのする
日本のお店、という佇まい。。。
お値段の方もDAIDOとほぼ同じ。距離的にも4マイル、車で
10分少々しか離れていません。
この地区の日本人は恵まれていますね。。。
何と言っても、コネチカット・コーストには日本人経営の
グロッサリーがないのですから・・・・

RIMG0503_20101231071850.jpg

さて、本来なら超多忙を極める30日。
のはずなのですが、今年は引っ越しに伴い、来客なしの年末年始。
作りすぎに気をつけながらの「おせち」作りです。

まずは、同じベースで複数品目を作るものから・・・
順番が前後した写真ですが、椎茸から煮ていきます。

RIMG0875_20101231071850.jpg

椎茸を煮しめたら、これを引き上げ、煮汁を使いまわします。
椎茸の煮汁に、鶏団子を入れて煮しめたあと、鶏団子を引き上げ
ごぼう、人参をそれぞれ煮しめ、それぞれ引き上げた後、
最後にねじりこんにゃくを煮て完成です。
一つの鍋で、5品です。

RIMG0879.jpg

定番の「紅白なます」も甘酢を使いまわしします。
この場合は、甘酢の甘さや薄め方を変えますので、基本の甘酢を
多目に用意しておきます。甘酢のベースには、昆布だし。
うちでは、ペットボトルに昆布を入れて水で満たして冷蔵庫で
一晩以上置いたものを使っています。
酢も米酢の壜に、直接昆布一切れを入れて、常温で一晩以上
置いたものを使っています。こうすると、昆布のうまみが
酢にうつるので、安い酢でもおいしく使えるようになります。
まず、スライサーで大根、人参を切って「紅白なます」。

RIMG0878_20101231071849.jpg

大根を拍子切りにして、先の甘酢に水少々と「柚子ジャム」、
韓国スーパーで「ユジャロン」と言っているものを溶き、
塩少々とりんご酢を足して大根を漬け込みます。
ゆず大根」。
これだけは、甘酢に柚子とりんご酢がはいりますので、
ちょっと風味が違います。

RIMG0877_20101231071848.jpg

蓮根の甘酢漬け」
蓮根とパプリカを酢と塩を入れた沸騰したお湯にさっと
湯通ししたら、「紅白なます」の残りの甘酢に漬け込みます。
ゆず大根で使った酢には、いれないでください。
蓮根の色が汚れます。

彩りがきれいなので、いろいろなお料理の添え物や
飾り使うと映えます。
もちろん、そのまま食べても美味しいです。

これで、酢の物3品。

合計8品。全然むずかしくないですね。。。


ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

コネチカットで花びら餅



風が止んで、青空が見られたコネチカット・コーストです。

RIMG2398.jpg

お庭も雪で「風紋」ができている状態。。。?

RIMG2378.jpg

こういう時には、自宅でお料理です。
ちょうど、お正月まで残すところ3日。おせち料理に取り掛かります。。。

まずは、時間のかかるものから・・・

RIMG2377.jpg

ほんとは、白花豆なのでしょうが、似ているものでLIMA Beansで
基本の白餡を作ります。

RIMG2402.jpg

一晩水につけてから、皮をむいて中身のみ煮ていきます。
すっかり、どろどろになるまで練っていきます。

DSCN1954_20101229021217.jpg

白餡の水分をとばしている間に、求肥を作ります。
「もち粉」を水で溶いて、電子レンジで数回チンして
半透明になるまで、練ります。これをカップで型抜きして、
片栗粉の打ち粉のうえで、適当に伸ばします。
中に入れる赤いもち粉の〇は、もち粉の一部に食紅を
混ぜたものをより小さなコップなどで型抜きします。

DSCN1955_20101229021217.jpg

別に作って置いた、ごぼうの砂糖漬けをこの上において、
白餡をのせ、半分に折ります。

DSCN1960_20101229021217.jpg

これで完成。。。
はなびら餅
材料的には、アメリカで一般的に手に入るものばかりですから、
作るのは、案外簡単ですね。
一番手間がかかるのは、ごぼうです。
砂糖漬けは、煮て冷ましてを繰り返すこと3日間はかかりますので、
事前に作って置く事をおすすめします。
その分、日持ちしますからね。
問題は、他に応用することがない事かも・・・・




ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村


テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

クリスマスと鴨鍋



今年のクリスマスは、ドライ・クリスマスになったコネチカット・コーストです。
この辺りは、小さな沿岸漁業が多いらしく、クリスマス・ツリーならぬ
クリスマス・ライトハウスが結構あります。
普段は、門柱になっていますので、単にリースを飾っただけなんですね。

RIMG2381.jpg

さて、クリスマスは「恵み」によって穏やかな一日となったものの、
一夜明ければ、冬の嵐。。。
「なんじゃあ、こりゃあ!」のお天気です。
「全ての事に感謝しなさい」っていわれても・・・・

RIMG2384.jpg

この鉛色の海!
これがこの地方の冬の海、本来の姿なのでしょうね。
おまけに、きょうは洪水警報まで出ました。
夜半に満潮になるのですが、その頃、強風も最大になるらしく、
ここのように、波うち際から10mと離れていない地域は
直接海水の浸入に晒されるもよう・・・・
まぁ、うちは生活空間が2階ですし、ベースメントもないので、
その分、安心なんですが、ベースメントのある家々は、
この寒い中、ポンプのチェックをしているようでした。。
水辺の家は、格好いいんですが、こういう時には厄介です。
サンディエゴのように、天候災害のない地域ならよいのですけれど。
それにしても、今年はサンディエゴでも大雨・・・
気象は一年毎に、おかしくなっているようです。

RIMG2271.jpg

そうなると、問題は暖房。
うちの主力は、この薪ストーブ・・・えらくアンティークですが、
立派に現役。なにしろ、煙突はチムニーにつながれています。
これに、リサイクル木材のファイヤーブロックを投入して
暖をとります。これらの間伐材を整形したブロックはいろいろあって
何が使いやすいのか、現在テスト中。
いろいろなメーカーのものを試しています。
ちなみに、昔からの薪割りしたものは、この辺りでは1トン単位で
売買されており、よく庭の隅や壁際に積稀手います。
たぶん、これが一番安いのでしょう。

RIMG2368.jpg

で、ストーブの上では、先月いちょう並木の下で拾った銀杏
焼いていました。中国系グロッサリーでも安価で売っていますが、
パック物は黄色くなってしまいますからね。
炒りたては、こんな風に「翡翠色」。きれいです。
味も香ばしくて、薪ストーブの火に当たりながら、ポリポリと・・・

RIMG2371.jpg

これは、きのうのクリスマス・ディナー。
うちでは、「鴨鍋」になりました。
材料を切ってしまえば、簡単ですし、なんと言っても豪華かつヘルシー。
鉄鍋に鴨の脂身を炒りつけて、これに割り下を加えたら、
後はザク切りのねぎ、白菜、椎茸、白滝、豆腐をぐつぐつ煮ていきます。
今回はミズナ、えのき、舞茸、ひらたけも用意しましたが、
このように、もはや入る場所がない!
しばらくは「鴨鍋」が続きそうです。
このまま行くと、年越しそばも「鴨南蛮」になるかもしれません(笑)。


※汎用割り下レシピ
鴨鍋と関東風すき焼き用です。容量はアメリカサイズです。
結構、甘口なので、使うときに出汁や水で薄めてください。
すき焼きや鴨鍋の時は、野菜や豆腐の水で自然に薄くなります。
醤油 1カップ、日本酒なければ水 2カップ、砂糖大匙10
これに、出汁昆布2in角を入れて鍋で10分煮立たせる。
冷めたら、ペットボトルなどで冷蔵庫保存。3ヶ月位持ちます。


ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

クリスマスイブは、貝の酒蒸しで。。。



穏やかなクリスマスイブを迎えたコネチカット・コーストです。
日本はもうクリスマスですね。
もっとも、日本ではイブが大事で、クリスマスは関係ないか。。。
変な国ですからね。。。

その日本から、はるばるSystemtool2011について、問い合わせを
頂いているのですが・・・ここは、ハーブと海外生活のブログなので、
他のマルウエアのページでお問い合わせくださいね。
対処法は簡単です。
英語のぺージでも平易な英語で書かれています。

RIMG2335.jpg

綺麗なものには「棘」があるもので、綺麗な空には激寒が
ついて回るようです。

RIMG2333.jpg

まるで「グリーンジャイアント」ですね。

RIMG2331.jpg

ガーデンのビーナスも、コレじゃ寒かろうと・・・

RIMG2360.jpg

寒冷地の家というのは、さすがに防寒には優れているようで、
薪ストーブ暖房の我が家でも、ルッコラたちは、もうこんな状態です。
早く芽を出せ〇〇、出したら早速食べてやるぞ・・・と
実も蓋もない事をつぶやいているのですが、果たしていつ
食べられることやら。。。

RIMG2356.jpg

クリスマスイブの夕餉は、和風?
和洋折衷ですね。
メインはリトル・ネックのハーフシェル。ホースラディッシュでいただきます。
コレは、近くの魚屋さんで剥いてもらったもの。3個で2ドル。
酒蒸しにしたのは、右上のですが・・・

RIMG2357.jpg

「Quahogs」という大西洋岸で採れるハードクラムというもの。
初めて見ました。魚屋の少年は、「生ではちょっと・・・」と
言うので、昆布を敷いた鍋に酒を入れて煮立たせて、これに投入。
すぐ火を止めて、小口切りのネギを散らして完成です。
海水に入っていましたので、味付けはしません。
それで十分、おいしいです。
の風味が濃厚にでますので、これはクラムチャウダーに向いている
かもしれません。
このは、剥き身を刻んだ形で、パック売りしていましたが、
中央の「足」がしっかり見える身で、長さ2in.
かなり大型の二枚のようです。



ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村



テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

冬至カボチャとルッコラ



本日も晴天のコネチカット・コーストです。
コネチカットは、南側にしか海岸線がないのですね(笑)。
どうりで、天気予報にはインランドとショアしかないわけです。
サンディエゴだと、インランド・コーストのほかに
デザート(砂漠)と、マウンテンがありましたが、東海岸側には
急峻な山もなく、砂漠もなく、全体がなだらかな丘陵地のようです。
そのサンディエゴは、前代未聞の大雨+洪水に見舞われているもよう。
自宅のある辺りは、ラ・ホヤの山一つ隣なので、洪水や大雨の
影響は出ようがありませんが、あまり良い感じはしません。

RIMG2329.jpg

さて、こちらはコネチカット・コースト。
毎日が氷点下でしたが、きょうの日中はやっと40度。
4℃になりました。なんと、久々のプラスです!!
でも・・・水紋がないところは、氷のしるし。
ご覧の通り、入り江の水面は氷に覆われています。

RIMG2326.jpg

この激寒の中、浮き桟橋に人影が・・・・
つりでもしているのか、と思いきや、なんと、
クリスマス・デコレーションです。
クリスマス・ツリーをはさんで、男の子と女の子の人形がいました。

RIMG2345.jpg

ハーブ農家のわいわいさんに、心配していただいたルッコラ
なんと、2日目にしてほとんど発芽しました。
90%は、発芽しているようです。さすがに発芽率の高い
アブラナ科の植物です。
次は難題。何日で食べられるようになるでしょうか・・・?
きょうは、冬至ですし、現在の我が家の暖房は、薪ストーブです(笑)。
しかも光熱費節約のため、1日ログ3本。。。。

RIMG2348.jpg

本日は冬至なので「冬至かぼちゃ
サンクスギビングでも作ったので、目新しい物ではありませんが、
「節」のものなので・・・役に立つ根拠はあるのでしょう。。
どうして、これを冬至に食べると「風邪をひかない」のか?
冬のビタミン補給が大切なことを昔の人たちが経験から
学んでいたのでしょうか。

どうして夏野菜のかぼちゃをこの時期に食べるようになったのか。
これについては、理由があります。
カボチャは,3ヶ月ほど放置することによって、水分が抜け
べちゃべちゃからほくほくの状態になっていきます。
アメリカのカボチャも、これにならって数ヶ月腐らないように、
乾燥させると良いようです。
なに、台所に放置しておけばよいのです。
どうも、この冬至かぼちゃ、本来はポルトガルから伝来した
「日本かぼちゃ」を使った習慣だったらしい。
だとすれば、今アメリカにあるカボチャでこの品種のものは、
バターナッツということになるのですが、ちょっとイメージが
違いすぎるような気がします。




ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

この寒さには、ボルシチ!



朝方はそこそこ曇っていたのに、結局青空のコネチカット・コーストです。
晴れると、気温はどんどん下がっていきます。
さぶ・・・

RIMG2208.jpg

ウォーターフロントは、景色は素晴らしいです。
でも、その対価として、常に海風にさらされているので、
体感温度は・・・・・
このあたりの気象予報では、予想気温に体感気温も併記
されています。ここにきて、その重要性が理解できます。
ありがたいのか、迷惑なのか。。。

RIMG2287.jpg

アメリカのスーパーでは、本当によく目にするビーツ
サンディエゴに居た時には、サラダの彩りくらいに
考えていたのですが、実は結構、使える野菜のようでした。
カブの親戚のようですが、実は、ほうれん草の仲間。
この色に惹かれて、葉を捨ててしまったのですが、
これが失敗。
葉は、ほうれん草同様にくせがなく、やわらかいので、
ほうれん草のように食べられるそうです。
お試しは、次回に持ち越しになりました(残念!)

ほうれん草に似た構成の栄養があるようです。
ビタミンC、鉄、葉酸、リン、カリウムが豊富で
水溶性・非水溶性の食物繊維に富み、一方で
甘さは十分感じるのですが、糖分は少なめの10%程度。
案外少ないものです。
糖分が高いのは、砂糖大根(テンサイ)の方ですね。。。
もうひとつは、この色素。
ビーツの特徴ですが、ベタシアニンとベタキサンチンと
いう色素だそうです。
赤くとも、ブルーベリーのアントシアニンでも、
ニンジンなどのカロチンでもないそうです。

寒い時には「ボルシチ」というお料理HPもよく目にするので
本日は「ボルシチ」で行きます。

RIMG2272.jpg

スライスして煮ると、こんな具合。
日本では、トマトで代用している事が多いようですが、
「赤」の色合いが違います。
トマトは、オレンジ系の赤なのに対して、これは
黒味ががった赤、といったらよいのでしょうか。
濃い赤です。。。

ボルシチ」は、ウクライナ料理です。
よくロシア料理と間違えている方がいますが、
ロシアでは、このビーツが作れません。
この野菜、温暖な気候が必要な植物です。
トマトを使うのも、間違いです。
アメリカの作物が、ウクライナの伝統料理に
使われるわけがありませんね。

料理に初めて挑戦する時は、まねをするのではなく、
できる限り基本に忠実にいきます。

RIMG2282.jpg

しかしながら・・・うちの食事は「箸」が基本。
牛肉は、箸で切れるまで煮込みます(笑)。
確かにこれ、寒い季節には似合いますね。。。
牛肉、たまねぎ、ニンジン、ビーツを形が定かでなくなるまで
煮込みます。
スメタナを入れて、いただきます。




ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村



テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

冬の朝にハーブの種まき



今日は日曜日・・・
なのに、朝からやばい天気のイースト・コネチカットです。
これは、冷えそう・・・

RIMG2264.jpg

隣の湿地帯。先週初めの嵐ですっかり、水没していましたが、
今朝はしっかり凍っています。

部屋の中は、前夜にウッドストーブで散々遊んだ余波で、
朝になっても、ほんのり暖かい空気が残っています。
なるほど、ウッドストーブは結構効果的、と感心したのもつかの間、
これならいけるかもしれないッと、種まきすることにしました。

RIMG2259.jpg

自宅で「摘み菜」のサラダを楽しもうという、無謀にも
気の長い計画です。
択んだのは、この2種類。
「ルッコーラ」と「メスクラン」

RIMG2263.jpg

温度管理さえできれば、発芽には問題のないアブラナ科。
特に冬場は、アブラナ科につきものの害虫たちが出ないのが、
良いところです。

RIMG2161.jpg

おいしいサラダを期待して、今のところは和食でいきます(笑)。
納豆」を中心に、「きざみ山芋」「チキンサラダ」「雑煮の汁」
卵入りの納豆が、アワアワになってしまいました。
納豆もここでは、サンディエゴの3倍の価格。
自家製も難しくないようなので、いずれ挑戦しようと思います。
飽きるほど食べてみたい!というものではありませんが、
できれば、毎日食べたいもの。
アメリカ人のヨーグルトみたいなものでしょうね。



ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村


テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

白鳥飛来して、あり合せ太巻き。。。



朝っぱらから、ガオーガオーと啼かれたので、すわっ何事!と思いきや・・・
コネチカット・サウスコーストにも大挙飛来してきた白鳥でした。
うちの前は、海からちょっと奥まった入り江なので、いろいろと渡り鳥が
やってきます。

RIMG2210.jpg

干潮で、岩礁のあらわれた湾内には、かなりの数が来ている模様。

RIMG2171.jpg

海水温度は、気温よりも20度も高いですからね。
地上は、こんな状態です。まだ、雪こそみえませんが、
来週前半は、降雪の予報ですから、案外ホワイトクリスマス
なるかもしれません。。

温室を持たない素人園芸家には寂しいシーズンです。
冬の期間というのは、挿し木にはよい時期です。
以外と知られていないようですが、特にローズマリーや
ラベンダーの挿し木には、失敗の確率が低い時期です。
ただしこの時期、成長が遅いので商業的には向きません。

RIMG2187.jpg

アメリカの会社だと、そろそろパーティシーズン。
来週末がクリスマスですから、皆さん来週後半からは
ぞくぞく年末休暇に入っていきます。
ですから、今週後半から来週はじめ頃までに集中します。

パーティといっても、ランチにポットラックパーティをしたり
する程度が多いのでしょうが、そういう時に持ち寄ることにされるのが
フィンガーフード
つまんで食べられるもの、という条件がつきます。
アメリカのスーパーには、そういう時のために、何とかロールの
詰め合わせや、チーズやフルーツ、クラッカーをそれ用に
詰め合わせたセット商品が結構いい値段で売られています。
手間隙かけずに、そういった物でお茶を濁していくのも
手なのですが、「フィンガーフード」といわれて、何も出せないのも
面白くないので・・・・・
日本人らしく(見える)一品を作成しました。

「あり合せ太巻き
どうせポットラックですし、こういうパーティの場合、先の
スーパー仕様は大体20ドル~30ドルという相場です。
では、この予算でどのように作るか・・・・
まず、米は長いやつ。海苔は10枚99セントのを5枚。
寿し酢は、自作。
中身は、冷蔵庫の長期保管品からイミテーション・クラブ、
俗に「SURIMI」という物。茹でたほうれん草、赤のパプリカ。
タクワンの細切り。
色目としては、こんなものでしょうね。
一部、チキン・サラダとレタスを巻いた物も入れています。
こんな色目に騙されて~みたいなものですが、寿し飯は
薬味寿司を使っているので、これがおいしいはずです。

RIMG2189.jpg

おかげで、きょうの夕餉は、残り物です(笑)。
太巻き」を中心に「もやしのナムル」「チキンサラダ」
「きのこのナムル」「抜きの雑煮(汁だけ)」

雑煮の用意だけは、早々にしてしまったのですが、
まだ正月どころか、クリスマス前ですね(汗)。
最大の課題「」をいかに手に入れるか・・・・
これが難題です。。。


すし用合せ酢」
酢1カップ(250cc)、砂糖7oz,塩2ozで合せます。
解けにくいので、プラボトルに入れておくと便利です。
冷蔵庫で6ヶ月程度は保存可能。
これを炊きたての米、1合に対して1oz(30cc)で寿し飯を作ります。
「薬味すし」は酢を合せる時に、みじん切りの生姜、白胡麻などを
多目に入れて一緒に混ぜて作ります。
これだけでも、かなり美味しいですよ。



ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村



にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村



テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

ラベンダーと讃岐うどん



お天気がよくなると、途端に冷えるコネチカット・サウスコーストです。
真南向いているんですけどね、うちは・・・・

RIMG2111.jpg

日本向けに「年賀状」を出しにいきました。
今は時節柄、クリスマス・カードがほとんどですから、
年賀状なんていうものは、アメリカではないのだろうと思っていると、
ちゃんと、売っていたりします(笑)。
ま、季節のご挨拶ですね。
それにしても、この住宅のクリスマスリースには、びっくり。。。
で、でかい・・・・玄関くらいの大きさがありますね。
それを壁に取り付けるのに、梯子のような取り付け枠まで作っています。

RIMG2104.jpg

冬装束のラベンダー
ご近所のフロントヤードにありました。
ここでは、降雪はほとんどないようなのですが、伏しています。
そこそこの大きさですが、タコ足状態の樹形ですね。
雪はありませんが、ここでは海風がかなり強いので、大抵の
低木は、さらに背を低くして風に対抗しているようです。
ラベンダーも同じかどうかは、解りませんが・・・
ひょっとすると、その方が体感温度的に有利なのかもしれません。

RIMG2023.jpg

郵便局往復で、すっかり凍えてしまいました。
家に帰ると、アメリカ人のうちのネコは、リビングのソファーで居眠り中。
木綿のシーツの上には、寝ないようです。
かならず、毛糸のひざ掛けの上・・・・欲望には忠実にやつです。

RIMG2163.jpg

とりあえず、冷え切ってしまいましたので、すぐに作れるお昼。
讃岐うどん鶏南蛮
最近は、いい冷凍讃岐うどんが出回っていますね。。
ここ、コネチカットのサウスコーストでは、取り扱っているお店が
ほとんどありません。「日系UDON」という中国系のウドンは
案外簡単に見つかりますが、小麦粉練っただけみたいなもので、
煮ているうちに、分解してきます。
「冷凍讃岐」ですと、乾麺よりもこしが強くてなかなかの味。
冷凍ですから、見つけたら躊躇せずに買いの一手です。
のがすと、次は何時手に入るかわかりません(笑)。



ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村



にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村



テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

最高気温も氷点下で、さんまの梅煮



きのうは、嵐だったコネチカット・サウスコーストですが、
きょうは、また一転して青空に恵まれました。
恵まれたのは、青空だけ・・・・嵐の間は気温が高かったのですが、
きょうは、最高気温も氷点下。

RIMG2179.jpg

きのうの今日で、入り江の水は凍っていませんでしたが・・・

RIMG2173.jpg

地上の水は、放射冷却?

RIMG2185.jpg

リビング温室の中で育成中のミョウガは、現在15本発芽。
さすがに、ちょっとひ弱ですが、元気に成長中です。
このまま、ここの遅い春・来春5月までがんばってくれれば、
そのころまでには、植える畑も見つけられるばす・・・
なんですが。

RIMG2082.jpg

ついに発見した「さんま」。
やっとお目にかかれましたねぇ(笑)。
でも、仮住まいの家で、秋刀魚焼きはできないので、
どうしようか、と考えた結果、梅干と煮ることにしました。
本当は、がっちり焼いて、たっぷりの大根おろしと
食べたいところですが、それはアメリカの住宅では
なかなか難しい。。。
フライパンに蓋をして、という方法もあるにはあるのですけれど。。

自宅を買って、大抵の家についているスモーク・ディティクターを
無効にして、思う存分、魚臭い煙を上げて焼きたいものです。






ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村



にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村


テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

朝陽のようなカルビクッパ



今朝は、見事な朝焼け?朝陽になったサウスイースト・コネチカットです。
日の出は、ずいぶん遅くなっていて、もう7時過ぎになっています。
早起きとはいえませんね。
この時間になると、散歩姿のお年寄りが頻繁に見られます。

RIMG2123.jpg

地味なここの町並みも、ちょっとは華やいでいますでしょうか。

RIMG2125.jpg

この毛皮の帽子のご老人は、トナカイの角をはやした黒ラブを
連れていました。(老人の右側にいます)

RIMG2124.jpg

この町では、先日ご紹介しましたような、基本のリースの
他に、こんなコンテンポラリーなクリスマス・リースも見られます。

RIMG2131.jpg

なんとなく、クリスマスっぽい寄せ植え。
使っている植物がいかにも寒い地方の寒い季節物、という風情です。

RIMG2143.jpg

寒い時には、なにか暖かいものを食べたくなるので、
いろいろ試してはいるのですが、中には成功作とは言いがたいものも・・・

これは、人気番組「Man vs Food」で頻繁にてでくる
ビーフ・ブリスケットクロックポットで試したもの。
そもそも大安売りブリスケットを見つけたのが、発端でしたが、
TV番組の影響(刷り込みか)も一因でした。
アメリカでは、これの人気はかなりのもので、それぞれの
お店には、かなりのコダワリがあるようなのですが、
悲しいかな、この日本人にはこの感覚に追いついていける
「舌」ができていませんでした。

加熱を繰り返す事、3日間・・・
大量のビーフシチュー様のものができました。
いろいろ使いまわしできる素材が欲しかったのですが、
味の濃さが中途半端。。。。
このままビーフ・シチューかハヤシライスにしてしまうのも、
量が多すぎて、飽きてしまいそう。。。
何と言っても、アメリカ料理は、ごくたまには食べたくなるものが
あるのですが、それはあくまで「ごくたまに」です。
Travel Channelの Man v.Food のように大量に食べる訳でなく、
毎日バーガーやホットドッグを食べる習慣もないので、
このまま大半を冷凍にするしかないか・・・・・

ふと、気がついたのが、今回の消費法・・・?

RIMG2145.jpg

大根、人参、こんにゃく、にんにく、椎茸、ネギを投入。
これに、コチジャン、韓国唐辛子で色と刺激を加え、
ダシダでコクを出したら「カルビクッパ」に変身です。

RIMG2146.jpg

本当はカルビ=ばら肉=ベリーではなく、ブリスケット
なんですけどね。。。
辛くて熱くて、ほんと、体が温まります(笑)。
玉ねぎを煮込んだり、溶き卵を仕上げに入れると
辛さが和みます。韓国唐辛子は、見た目の色ほどは辛くないので、
辛さが欲しい方は日本の一味唐辛子を入れてくださいね。


ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村




テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

クリスマスリース・ハンティングと塩おでん?



海水温度40度なのに、気温20度を下回ったサウスイースト・
コネチカットです。
セ氏だと、-10℃ですね。
海沿いはいつも風が強く、体温がぐんぐん奪われるので、要注意です。
日中でもこの気温は変りません。

RIMG2108.jpg

お天気は、晴れ。。。
この通りの青空が覗くのですが・・・寒いです。
これから、もっと冷えるのでしょうね。
日曜日には、雨が降るので気温は高くなります。
雲に覆われるほど、暖かいのですから、カリフォルニアとは反対です。

RIMG2094.jpg

さて、せっかくのお天気。閉じ篭っていてもつまらないので、
文字通り、寒風をついてお散歩へ・・・・

RIMG2102.jpg

街中は、すっかりクリスマス。各戸には、デコレーション。
ニューイングランド・スタイルなのでしょうか。
どちらかというと、質素な感じなのですが、必ずリースをかけています。

RIMG2120.jpg

赤いリボンだけではないようです。

RIMG2117.jpg

ナチュラル系でしょうか。
家のフレームが赤いので、よく似合っています。

RIMG2118.jpg

こちらは、壁の色とあわせてブルー系でまとめたようです。

サンディエゴで、クリスマスリースというと、
ローズマリーで輪を作ったものが多く見られたのですが、
ここでは、樅の木で基礎の輪を作っているものが多いようです。
それに、香りの良いヒバやマートルを刺しているようです。
所が変れば、材料も変るものですね。。。

RIMG2142.jpg

おっと。
他人の戸口を勝手に撮影していると、思わぬところで
チェックされているようです。

RIMG2069.jpg

お散歩時間は、わずかに30分ほどでしたが、結構
風に吹かれて、凍えて帰ることに・・・・
きょうの夕餉は「塩おでん」。
実は、おでんにするつもりは全くなかったのですが、
できたのは「おでん」様のもの・・・まぁ、いいか。
寒い日には、じっくり煮た大根を食べたかっただけです。
冬の滋味ですものね。。。
アメリカでは、あまり関係ないかもしれないけれど。。

大根・人参・こんにゃく・椎茸・鶏団子。
椎茸、鶏から出汁がでるので、調味料なし。
ちょっとだけ塩を加えて、じっくり煮ていきます。。。



ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

寒波到来で餡かけ豆腐とほうとう



いよいよ、寒波到来のサウスイースト・コネチカットです。
晴れた朝ほど、要注意・・・・
実際には、西のNY側から冷えてきているのと、ここは海辺なのとで、
ずいぶん和らいだ寒波になっているはずなんですが・・・・
カリフォルニアには、較べようがありません。
日中でも、30゜Fそこそこ。摂氏なら0℃です。

RIMG2075.jpg

毎朝、目の前を通過していく、この方たち・・・・
ずいぶん数が増えました。

RIMG2081.jpg

とにかく低温にも関らず、雪もなく、お天気になったので、
隣のロードアイランドまで、ドライブです。
着いたところは、イースト・プロヴィデンスの韓国系グロッサリー。
「Asiana Market-Korean・Japanese Specialty」です。
出汁、みそ、醤油、みりん、日本酒、梅干、納豆に鯖、さんまなどの青魚類。
果ては、切り餅、もちアイス、栗饅頭からサムゲタンセットまで。。
するめ、さきいか、沢庵、キムチと一通りあります。
小さい店内は、物で溢れ、足の踏み場もないほど。。。
今回は、サムゲタンセットと「さとうの切り餅」でした。

RIMG2076.jpg

さて、家に帰れば、南向き・実質温室状態のリビングを
居場所に決めたミョウガが、元気良く成長しています。

プレゼントで各地へ散った苗たちは、いかが過ごしているでしょう?

RIMG2058.jpg

長距離ドライブをすると(と言っても、1時間程度ですが)、
すっかり、やる気をなくしてしまう最近です。
きょうの夕食は「餡かけ豆腐」と「ほうとう(汁)」
「鶏ごぼう・舞茸ご飯」に「大根漬」

RIMG2059.jpg

写真では解りにくくなってしまいましたが、きのこ餡です。
エノキ、椎茸、シメジ(ひらたけ)の3種と玉ねぎを出汁で
煮しめたものに、片栗粉でトロミをつけています。
この3種きのこの煮しめは、いろいろと使いまわしが
できます。スパゲッティと和えて、醤油味にして
「和風きのこスパゲッティ」など。
便利なうえに、保存もききます。

RIMG2060.jpg

先日の巨大舞茸から変じた「ほうとう」。
本来ならば、うどんやほうとう(小麦粉を練った物)を
入れて煮たものを「ほうとう」というのでしょうが、
いろいろと使いまわししたかったので、「カボチャ入り
野菜煮込み」の状態になっています。
季節の野菜・大根、ニンジン、舞茸、牛蒡、コンニャクを
出汁で煮て、カボチャを加えてトロミが出るまで煮込みます。
基本的に味噌味ですが、カボチャの甘味が全体をよく
まとめてくれます。
この混沌とし,滋味豊かな旨味が、寒い季節にはおいしいですね。
「うまいもんだよ、かぼちゃほうとう」ってな具合です。


ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

海とラベンダーと塩豚煮込み



きょうも、穏やかな日を迎えた、サウスイースト・コネチカットです。
風もなく、穏やかではあるのですが、朝の冷え込みは日一日と
厳しくなってきています。。。
きょう、CTに来て初めての電気代の請求書をもらったのですが・・・・・
11月分・・・・本当に使うのは1月だというのに・・・・
カリフォルニアとは、えらい違いです。
寒がり日本人が悪いのでしょうか。
そろそろ、Woodヒーティングも考えねば。。。

RIMG2033.jpg

この青空に誘われて、海岸線を隣の州へ。。。
走る事10分足らず、なんですが、ロードアイランド。。
地元の人たちの話題に上ることも多い「オーシャン・ハウス」。

RIMG2042.jpg

遠方に、NYのロングアイランドも望める Watch Hill という
名前のまんまの場所に建っています。
大型のB&Bというか、ホテルですね。
こういうプライベート・ビーチですから、夏の間は大変な
混みようだそうです。一泊400ドル・・・・
この辺りの浜辺は、大抵レジデントのプライベート・ビーチ
なので、権利を買っている人以外は砂浜に立ち入ることは
できません。

RIMG2051.jpg

このホテルの植え込みで、ついに発見!

RIMG2052.jpg

3種類のラベンダーが植えてありました。
しかも、結構大株です。
この辺りは、ZONE 6Aですから、真冬の気温はかなり低い。
サンディエゴでは、ほぼ壊滅だったトゥルー・ラベンダーなら
向いているかもしれません。

RIMG2016.jpg

などと、いろいろ来春からの計画を練りながら帰宅すると
家では、ミョウガがもうこの状態です。
春まで待てないのでしょうか。
このまま、冬の間に収穫できると面白いのですけどね。。。
なにしろ、ミョウガは低温には弱いものの、強い日光を
必要としない日陰の植物です。慎重に日当たりのよい
室内栽培でうまくいけるかもしれません。

RIMG2020.jpg

寒い日の夕食。
昼食をオーシャン・ハウスのアメリカンなクラブ・サンドにしてしまった
ので、おなか一杯。
暖かくてあっさりした一品で。。

RIMG2021.jpg

こういうのは、シチューでもないし、煮込みのイメージとも
違っていますね。汁物・・・でしょうか。

と豚肉の塩煮」です。
は皮をむいて、一口に切り分け、豚肉はバラ肉がよいのですが、
なければ、少し脂身のある部分を1cm角くらいに切って、霜降りに
して、余分な脂を落としておきます。(肉の表面が白くなるまで、
お湯をかけるか、軽く煮ます)
鍋に出し昆布を敷いて、と豚肉を入れ、水から茹で、ほんの少しの
塩だけで軽く味付けします。
たったコレだけなのですが、昆布と豚肉の出汁、薄い塩味が
の甘さを引き立ててくれます。

材料: 、豚肉、水、塩、出し昆布。



ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

クリスマス準備と鯖の味噌煮



昨日は大変な嵐に見舞われたサウスイースト・コネチカットです。
が、きょうは一転、目に凍みるような青空に・・・・

RIMG1973.jpg

嵐が過ぎた後の街中には、いつの間にかクリスマスのデコレーション。

RIMG1969.jpg

銀行も・・・・・

RIMG2010.jpg

床屋さんも・・・・・

RIMG2013.jpg

平日の昼間は、のんびりわいわい、ああでもないこうでもないと、

RIMG1979.jpg

そういえば、ここではこんな植物も庭先にさりげなく植えられています。
日本で言えば、ここは青森県。
日本なら、ローズマリーは地植えの北限をはるかに超えています。
いかに「ローズマリーの達人」と言われても、ここではグリーンハウスが
必要です。
サンディエゴでは、難しかったラベンダーなら大丈夫かもしれません。
しかし、まだ近在でラベンダーは見たことがありません。
もう少し、探索が必要です。まだ、植物園もハーブガーデンも見つけていません。

RIMG1953.jpg

きょうの夕餉は、基本の基本みたいなものですね。
一汁ニ菜。。。。
鯖の味噌煮」と「大根漬」
ゆかりを乗せた白飯と舞茸の汁物。
どこが、クリスマス準備と関係あるんだろう・・・多分、なにもないです(笑)。

RIMG1954.jpg

ついに、ここでも鯖を見つけたというだけですね。
それにしても、日本人も韓国人も「青魚」をよく食べますね。
サンディエゴでは、普通に手に入ったので、気にしませんでしたが、
コネチカットでは、なかなか売っていません。
鰯、鯖、さんま、鯵・・・ないですねぇ。
今のところは、鯖とさんまは発見しましたが。。。。
せめて、鰯と思うのですが、これが案外なかったりします。

鯖の味噌煮」に必要な調味料、味噌・みりんはあります。
味噌はまだ難しいですが、アメリカの普通のスーパーでも、
醤油とみりんは置いています。
でも、高い!!!
こういうちょっとの量を作る時には、考えてしまいます。
それで、代用品。
中国の料理酒に砂糖を等量混ぜることで「擬似みりん」にします。
微量成分は全く期待できないので、それなりですけれど、
なんとなく、懐かしい味に仕上がるのが良いですね。
みりん」に較べると、とんでもなく安上がりです。
できれば、砂糖はブラウン・シュガーが良いのかな、なんて考えています。



ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

現在アメリカ南部、
ノースカロライナから
世界各地に出没。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会ロンドン
本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、エンスーな収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス
所持。登録ナーセリー経営者。


コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないと判断した方の
コメントは削除し、コメント
主は出入り禁止にします。

英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー(月別)
11 ≪│2010/12│≫ 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング
マーケット情報
ブログランキング
WORLD TIME
FX初心者の入門講座
Translate 翻訳
Recent Visitors
Flag Counter
free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ