日の出と舞茸



このところ、寒さが堪えるサザンイースト・コネチカット、ショアラインです。
こういう鮮やかな日の出の日は、特に堪えます。

RIMG1913.jpg

朝焼けではないので、日中はこんな空になるのですが、
なにしろ海からの風が強いのです。

RIMG1693.jpg

強い風の中でも、元気なやつはいるもので・・・
黄色く紅葉したドッグローズの茂みの上に、真っ赤っかの鳥さんがいました。
なんでしょうね、この鳥。。。ひとりでいれば目立つのでしょうが、
こういうシチュエーションでは、案外保護色ですね。。

RIMG1690.jpg

こういう日には、なんとなく「予感」がしたので、近くのスーパーヘ。。。
ここで、予想外の食材を発見。。。。
なんとも、大きな舞茸です。
ちゃんと「MAITAKE」と表示してあるので、舞茸でしょう。
う~む、一体誰がこんなものを食べるんだろう・・・・
と、要らぬ心配をしてしまいました(アンタに決まっておるだろうに)
サンディエゴのように、中国人、韓国人が多いならば、日本人も
含めて買う人も多いでしょうが、ここのようにほとんど白人の
地域で、しかも、1ポンド10ドルする様な高額のキノコを
(私以外の)誰が食べるのでしょうか?

RIMG1947.jpg

文字通りの要らぬ心配は、横に置いておいて、取りあえず
一塊を購入したものの、さて、どう料理したものか・・・・・
バター炒めにするには、あまりに高価。。。。
で、きょうの夕餉は・・・・・・
基本の「鶏粥」「なすの煮びたし」
メインが「かれいに見立てたフラウンダーの煮付け
舞茸を使った「ほうとう風きのこ汁」

RIMG1950.jpg

きのこ鍋みたいな仕上がりになりましたが、野菜はたっぷり入っています。
たっぷりのごぼう、舞茸、椎茸に大根、ニンジン、甘味の玉ねぎ。
コンニャクも入れて、味噌仕立ての薄味です。
山菜鍋のイメージなので、後から生姜を効かせて、カボチャを
いれるとしばらくは、味の変化を楽しめそうです。





ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

収穫祭?とミョウガの芽



サンクスギビングから、ぐっと気温が下がったコネチカット・サザンイーストです。
寒いか、風が強いかだったのが、寒くて強い風の日になりました。
おお~、寒・・・・・

RIMG1883.jpg

波間に漂うのは、いつの間にか飛来していた鴨・・・雁かな?

RIMG1899.jpg

以前、図書館前で見つけた栗・・のような実。
拾ってみると、どうも「トチの実」のようです。
大きさだけはアメリカサイズですけれどね。

RIMG1901.jpg

こちらは、銀杏。どこにあっても、どう見ても、銀杏。。。
なにしろ、この植物は一属一種の植物なので世界中どこでも
全て同じなんですね。
寒風の中でも、これを拾って喜んでいるなんて、やっぱり私も
アジア人・・・かしらね。。。

RIMG1909.jpg

コネチカットに来て、まず変化を感じたのがガーデンセンターに
ローズマリーがなかった事でした。
サンディエゴでは、いたるところに植えられていた物が見られなくなる
ということが、植生環境の大きな変化を物語っていたわけですが、
やっと、あるガーデンセンターの温室の隅で発見。
早速、衝動買いしたローズマリーは、セイレムとタスカン・ブルー。
定番中の定番の品種ですが、これからここの環境でいろいろ
テストしていく上では、標準的な品種の方がよいでしょう。
これら以外では、アープ(Arp)が多く売られています。
温暖な環境に適したローズマリーの中では、珍しく、ごく低温の
環境でも生きていける品種です。
テキサスで偶然発見された品種を固定化してもので、
-20度程度まで耐えられるという品種です。

今の我が家の環境は、南向きの大窓が効を奏して
リビングの中は、温室状態。
おかげで、本来亜熱帯性植物のコレも芽を出しました。

RIMG1840.jpg

ミョウガ、発芽開始です!!
まだ、眠っていて欲しかったのですが、サンディエゴを出る時
すでに発芽をはじめていたので、今回は仕方ないですね。。
はやく土に返して、本来の時間を取り戻させてやりたいものです。
ちなみに、これはプラポットにシードスターターという用土を
入れています。
この用土、成分としては、ピートモスとパーライトを混ぜたもの。
室内に置くために軽量な用土として使いましたが、これで
なければならないという事は、まったくありません。
ミョウガは、手間のかからない作物ですから、腐葉土に
砂を混ぜたものでも構わないのです。
普通の園芸用土なら、大抵は使えるでしょう。。

さて、よく冷えた日の夕食には、暖かいロースト・キャットなどを・・・・

RIMG1894.jpg

この子はアメリカ人なので、コタツなどは知らないのですが、
寒い日の夜には、こんな事で暖を取ることを覚えたようです。
白熱電球かよ・・・・・・

RIMG1888.jpg

人間は、こちらですね。。。

「生姜・鶏粥」「ニンニク・生姜・ジンセン入りサムゲタン・スープ」
「牛肉のたたき、中華風」「紅白なますと大根漬」

先日のサンクスギビングでのサムゲタンは、鶏一羽でしたので、
結局、食べ切れませんでした。
しばらくは、朝鮮人参入り鶏スープを食べ続けることになりそうです。
ターキーと同じですね(笑)。



ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

サンクスギビングのメインはサムゲタン



昨日の強風から一転。
風の止まったサザンイースト・コネチカットです。
見事に「凪」です。浪も立ちません・・・・

RIMG1870.jpg

さて、ついにサンクスギビング!
いつもは、大した料理もしていない風情の近所の主婦も
きょうのこの日に備えて、一日前から周到な準備をしているはず・・・
なのに、TV番組では今日の料理相談が目白押し・・という
凄いところもアメリカならではなんでしょうね。
聞いていると、すんごい質問が・・・・
普段は料理しないのでしょうね。。。

我が家は、変らず和食中心のサンクスギビング・シフト。。。
前菜は「煮しめ」
五点盛りにしているのが「大根漬け」「紅白なます」「冬至カボチャ」
「蕪の葉の漬物」「なすの煮物ときのこの和風マリネ」「炒り豆腐」

RIMG1866.jpg

主食になるのは「鯖寿司」です。
コネチカットでも、やっぱり作ってしまいました(笑)。

RIMG1867.jpg

メインは、サンクスギビングにちなんで、鶏料理から「サムゲタン」。
今日は冷え込みがきつかったので、ちょうど良かったです。
ちゃんと、朝鮮人参も入って、昨日からスロークッカーで煮ています。
骨まで、ほろほろになりますね。
おなかの中からは、紅棗と栗と松の実がもち米でとろりと
塊りになってでてきました。
ニンニクやネギが、スロークッカーいっぱいになるまで入れた
トロトロのサムゲタン
本場のものとは、見た目はずいぶん違います。
本場のものは、夏の暑さを乗り切るもの。これは冬の寒さを
乗り切るための「お鍋」と割り切っています。
でも、スロークッカーから漂ってくる美味しそうな匂いは
同じものです。

このスロークッカー、なかなか優れものですね。
一度セットすれば、そのまま放置して別の作業を進められます。
日本では使う事のなかった調理器具ですが、今からの寒い季節には
重宝する器械です。

RIMG1881.jpg

こってり、メインのサムゲタンの後は、すっきり系の
スィーツで〆ましょう。
「フルーツ・キントン
スィートポテトの皮が白いもので、基本の芋キントンを作ります。
それに香りの強いりんごを入れて、形がなくなるまで煮ていきます。
りんご・芋キントン・・・・甘さはかなり抑えていきます。
これに、彩りのキーウィ、ブルーベリー、ザクロを配して
できあがりです。
アメリカのデザートよりも、絶対にヘルシーですよ。




ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村


テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

銀杏とサンクスギビングのお料理



風の強い日が多くなっているコネチカット・ショアラインです。
これ、ライブラリィですが、町の中心の公園のような場所に立っています。

RIMG1809.jpg

樹が多いのはコネチカットだからと説明されますが、落葉樹が多いです。
この辺りは、本格的に寒い地域ではないのかもしれません。
・・・?
のようですが、の木は見当たらず・・・・?

RIMG1813.jpg

この葉っぱは、とてもファミリアなんですが・・・

RIMG1815.jpg

やっぱり・・・・
日本だったら、早朝からお散歩の老人方に拾われているんだろうなぁ
なんて、思いにふけって油断していると・・・

RIMG1816.jpg

おっと! やばい!

RIMG1822.jpg

こいつらも、まだいますからね。
銀杏の実。
アメリカでは誰も拾わないのか、というとそんな事もないようです。
たまに、これを拾っている人がいたりします。
中国人?
そうではありません。この辺りにアジア人種は私たちだけです。
最近のフレンチには、ごくたまに使われているそうです。
爪楊枝に刺して、飾りに使うらしい・・・
これって、日本料理の定番の使い方ですよね。。。
確かに、採れたての銀杏の実は、翡翠のように緑色。
きれいですからね。
食べているかどうかは、わかりません。。

RIMG1823.jpg

さて、目前に迫ったサンクスギビング
今年の当家のお客様は、お一人ということで、メインの鳥料理は
サムゲタン」に決定!!
スロークッカーで一晩かかりますから、明日からスタートですね。
オール・イン・ワン、サムゲタン・セットは手に入れましたが
東西南北、走行片道1時間の範囲で、探しても、韓国食材店には
サムゲタン用丸鶏はなし。
普通のチキンを買って来て、サムゲタン用に加工して使います。

実は、このセットを見つけたのはごく最近。
鶏の中に詰める、松の実、、もち米、赤棗はすでに調達済みです。
欲しかったのは、朝鮮人参だけでしたが、これだけを単体で
買うと、とんでもなく高価です。
なくとも、味の方は納得できるレベルにはできます。
折角のサンクスギビングですから、これからの寒さに負けないように
入れておこうと思った次第です。
韓国の人たちにとっては、これは暑い夏を乗り切るための食べ物。
日本のうなぎのようなものですね。
でも、日本人にとっては、寒いときに囲む「鍋」のような
感じがします。




ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村



テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

冬至かぼちゃとキドニービーンズ



朝凪になったコネチカット・ショアです。
今朝の気温は、1℃。いよいよ冷え込んできました。

RIMG1775.jpg

こういう曇りの日には、ここの町並みは寂しげに見えます。
全体的にモノトーンのためでしょう。

RIMG1781.jpg

景観地区では、外壁の素材や色合いが制限されているので、
みんな同じような建物に見えます。でも、
元からある物は外観を変えないのが決まりですから・・・

RIMG1784.jpg

個人住宅でもこんな建物もあります。
1700年代の建物だそうですが「塔」は、ちゃんと部屋として
使われていて、暗くなると灯りが点いています。

RIMG1759.jpg

景観地区を道路ひとつ外れると、自由設計?
これは教会ですが、黒い壁は景観地区内では許されません。

RIMG1771.jpg

そろそろ12月。
この季節になると、赤い実のヒイラギがよく目立つようになります。
庭に植えられたまま、クリスマスのデコレーションになりそうです。

RIMG1765.jpg

日本人は、クリスマス前に「冬至かぼちゃ」かな、と思ったので。。。
この辺りで、パンプキンといえば、バターナッツが一般的です。
アメリカでは、パンプキンは皮の赤い系統のみを言います。
緑の皮のものは、スクワッシュですね。
ですから、これは「カボチャ・スクワッシュ」。
緑のカボチャは、オーガニック系のグロッサリーを探すと見つかります。
日本で一般にかぼちゃと言われている、このカボチャは、南米から
日本に導入されたものです。
元々日本にあった物でもなく、日本人が改良した物でもありません。
考えて見ると、日本在来の野菜は、ないのではないでしょうか?

考えると情けない話になるので、取りあえず「冬至かぼちゃ」。
かぼちゃは手に入るとして、小豆がありません。
大した量でもないので、メキシカン・フードコーナーにある豆から
「スモール・レッド・ビーン」を湯でこぼして作るのも億劫です。
ふと、目に付いたのがコレ!
レッド・キドニービーンズの水煮缶。どんな味か心配ですが、
アメリカのスーパーならメキシカン・コーナーに大抵あります。
1缶70セントだし、万一塩味だったとしても惜しくはないか・・・

RIMG1688.jpg

結果は、大正解。
水煮缶は、そのまま味付けなしなので、砂糖とちょっとの塩加減で
見事、小豆代わりに変身。
別鍋で、煮ておいたカボチャは、砂糖と醤油で薄味に仕立て、
これとキドニービーンズを和えます。
この缶詰、かなり柔らかく煮ているので、つぶして色々作れそうです。。
小豆餡代わりに、和菓子に応用できそうです。

RIMG1625.jpg

ハロウィーン以来ずっと玄関先を飾っているんでしょうね。
これが「パンプキン」ですね。

もうすぐ、アメリカ最大のお祭り、サンクスギビングです。
今年は、借家に引っ越ししたばかりです。
この辺りには日本人は、本当に少ないので、予定している
お客さんは今のところ一人だけになりそうです。
七面鳥とパンプキンの代わりに、我が家ではアジアン・エスニックな
メニューを考えていこうと思っています。


ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村


テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

晴天とお弁当



昨日は、強風に雨の荒れ模様のコネチカット・ショアラインでしたが、
きょうはからりと。。。
暖かなな陽射しに誘われて、定住先を探しに手弁当でお散歩です。

RIMG1724.jpg

ニューイングランド・スタイルというのでしょうか。
西海岸では見られない町並みに興味しんしんです。。。
壁一枚から違います。
乾燥地では、圧倒的に「スタッコ」漆喰の壁なのですが、
ここでは、板張り・・・実際には板張り風のビニールかアルミ板です。
本格的にリストアしている家は、板張りです。
なんとなく、イギリス風・・・なのでしょうか。

RIMG1736.jpg

おお!大邸宅が売りに出ています。ベッドルーム7、バスルーム5・・・
土地は5エーカー(6130坪)。家の広さは5800sqft.
マンションでしょうか?B&Bでしょうか?
値段を見て、またびっくり。
サンディエゴでは考えられない価格です。
我が家の半額以下で、土地は50倍弱、家は4倍弱とは(絶句!)

RIMG1747.jpg

気を取り直してウォーターフロントへ。ここはテームズ川です。
すると、ここにも売り物件が。。。

RIMG1749.jpg

なんとなく、新しそう。でも、このスタイルもここでは一般的なものです。
ちょっと、クラシカルに見えるのが良いのかもしれません。

RIMG1756.jpg

これも売り物件ですが、水辺のまん前です。
コロニアル・スタイルにケープ・コッドスタイルの屋根を載せたような
デザイン。玄関は、ギリシア神殿のような柱を配して威厳たっぶりです。

それにしてもお家探しは、買うまでが「華」ですね。
買ってしまったら、必死にそれを直していかなければなりません・・・・

RIMG1713.jpg

物見遊山には手弁当、ということで登場のダイソー・弁当箱。

RIMG1703.jpg

中身の方は、いままでの組み合わせです。

一段目は「鶏ごぼう飯」
なんと牛蒡を売っているお店を発見。

二段目は「ニラたま出汁煮、ハム入り」
     ニラも売っていました。中国系スーパーではありませんよ。。

三段目は「かぼちゃの煮物といろいろキノコの煮物」
     かぼちゃは、緑のKabochaです。
     キノコは、シイタケ、シメジ、エノキです。結構あるものですね。

近所のスーパーでも、これだけのものが揃うようになりました。
アメリカのスーパーでも、まめに探すと案外掘り出し物に
ぶつかるようです。
「求めよ、されば与えられん」かな・・・・?



ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村


テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

コンピーターウイルスとホタテのカルパッチョ



コネチカット・ショアラインは、晴れになりました。

昨日は月曜日でしたので、ブログの更新をしようといろいろなHPを
訪問しつつ、ネタを探しているうちに、ウイルスを拾ってしまいました。
SystemTool2011 という、とても悪質なやつ・・・
突然、アンチウイルスソフトのような画面が立ち上がり、感染何十件と
いう警告画面が立ち上がるとともに、あらゆる操作を受け付けなくなります。
同時に、ウイルスソフトを購入しなさい、という画面が現れ、
クレジット情報入力画面が現れるというわけです。
すっごく悪質ですね。
アンチウイルスソフトを装った詐欺ですね。
なにしろ、突然の警告と全てのプログラムをブロックしたうえで、
「このソフトなら除去できますよ」とクレジット情報を盗むわけです。
人の弱みにつけ込んで、金を騙し取ろうという手口です。
クレジット情報を入力し、購入を押さない限り、PCは
フリーズしたままです、というか購入を押しても変らないでしょう。


ウイルスというよりも、Malwareですね。
発信地はロシア。
2010年の10月頃から出回り始めていたようです。
アメリカのPCウイルス関係HPには、いくつか対処法が出ていますが、
日本語のHPは皆無でした。
まあ、なんとか自力で復旧。。。。
この空のようには、気の晴れなかった一日になりました。
 
RIMG1675.jpg

まぁいいや。。。ということで、気分治しの散策に。
サザンイースト・コネチカットの中心地、ニューロンドンです。
手前の広い川は、テームズ・リバー。
真ん中に見える白いフェリーは、ここからNY州のロングアイランドに向けて
毎日運行されています。

RIMG1633.jpg

これは、近所の大邸宅。
入り口までのドライブウェイだけでも、2~30軒くらいは家が建てられそう・・・

RIMG1616.jpg

もう冬だというのに、アジサイの花?
この辺りの人たちは、この花をドライフラワーにして、ポプリや
リースに使っています。
これからの季節は、クリスマスリースですね。。

RIMG1679.jpg

ウイルス騒動(ひとり騒動ですが)で、どっと疲れたのと、
たまたま、通りがかりのロードサイドの魚屋さんで
ほたてを買ったので、これで二品。
ホタテの刺身」と「ホタテのカルパッチョ」
アメリカホタテは、貝柱を取り出しただけの状態で
売られているので、かなり水っぽいです。
これを塩で一度〆てから、水洗いして塩を落として処理します。
このひと手間で、日本で食べていた甘味の強いホタテの味が
甦ります。。。

それにしても、きょうは疲れました。。。。




ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

紅葉と、煮しめと山芋



お天気に恵まれたコネチカットストーニングトンです。
ちょっとだけ風が強いのですが、これだけの日差しになると
さすがに、気になりません。

RIMG1570.jpg

風の影響は、この浪に現れています。
しかし、これだけ海水を浴びても、芝生は枯れてしまわないのでしょうか・・・・?

RIMG1612.jpg

お天気に誘われて、近所を散策。。。
なにしろ有名な避暑地のストーニングトン・ボロウ。
・・・って、今は冬なので、住民のみがひっそり暮らす町ですけど。

RIMG1627.jpg

建物は、18世紀から19世紀のニューイングランド・スタイル。
カリフォルニアのスパニッシュ・スタイルとは随分違っています。
この地区の住民は、オランダやポルトガルから来た人たちが多いらしい。

RIMG1640.jpg

コネチカットでも、南の沿岸地方は気温が高いらしく、
まだ、ナスタチウムが開花しています。
この辺りでは、まだ紅葉が見れますが、車で10分も
内陸に向かえば、そこは落葉した寂しい森ばかりです。

RIMG1613_20101113121202.jpg

ここは、海に突き出た半島なので、家々の間からは波間が見えます。

RIMG1588.jpg

そして、たくさん生えているのがこのハマナス。
今の季節は、たくさんのローズヒップをつけています。

RIMG1580_20101113121202.jpg

ここでも、山芋が手に入ったので、きょうの夕食は「とろろ」を中心に。。
「とろろ」「煮しめ」「ワカメ汁」
「とろろ」のどんぶりが変ですが、これはシリアル・ボールです(笑)。

RIMG1571.jpg

手間のかかるのは、「煮しめ」ですね。
これぞ「和食」という、地味~な一品。
じゃがいも、ニンジン、ごぼう、椎茸、こんにゃく、筍、昆布、
大根、煮干しを入れて、じっくり煮込み、醤油で味つけするだけ。
アメリカでこれを作ろうとすると、材料集めが一番大変ですね。
出汁は要りません。
昆布も椎茸も煮干も入っています。
素材の味をじっくり引き出すので、2~4時間は煮込みます。

最近の日本の惣菜店で売っているものは、妙な甘味をつけて
素材の味を台無しにしています(怒)。
甘い物は「うま煮」です。
よく間違えている料理人も本もあるので、注意しましょう。
そういう基本の分らない人が、チーズやスパムを寿司
おにぎりにしてしまうんでしょうね。。。


ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村



テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

冬空とレバニラとコールスロー



月曜日には、アメリカに来て初めての雪に見舞われましたが、
1日で解けてくれました。
しかし、コネチカットでもストーニングトンは海岸線。
場所柄、絶対温度は比較的高いものの、風が強くて体温が奪われます。
体感温度は、低いのでしょうね。

RIMG1519.jpg

もうすぐ、紅葉の季節も終わるのでしょうが、この時期の
ニューイングランド地方は、本当に綺麗です。

RIMG1512.jpg

こちらは、葉っぱも散ってしまった、うちの庭。
この時期になっても、リスを時々見かけます。
彼らは冬眠しないのでしょうか?
そこまでは寒くないのかな?

RIMG1529.jpg

海岸線であるせいでしょうか、ハマナス(ドッグローズ)はたくさんあります。
おかげで、こんなローズヒップがたくさん生っています。
これからの季節、ローズヒップ・ティでビタミンC補給には丁度よいかもしれません。

RIMG1500.jpg

徐々に、惣菜をそろえつつありますが、まだまだの夕餉。
「鶏釜飯風」「ワカメ汁」「たいめいけんコールスロー」と
レバニラ」。

レバニラは、鶏レバーともやし、ニラがあれば作れますが、
紅生姜がないのが、ここ風です。。
色目が寂しいですね。

たいめいけん」風のコールスローは以前からのお気に入りで、
サラダ油と米酢、塩・砂糖のシンプルな味が気に入っています。
薄いマヨネーズのような白いコールスロー・ドレッシングは
くどくて、もう食べる気がしません。
キャベツ、ニンジン、タマネギを刻んだら、軽く塩をして、
シンナリしたら、隠し味の砂糖をまぜ、サラダ油6、米酢4で
和えて30分から1時間重しをして置きます。
簡単でおいしいコールスローです。




ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村




テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

コネチカットは雪。ミョウガと塩肉じゃが。



コネチカットはストーニングトンに着いてちょうど一週間目。
きょうは朝から雪でした・・・・・
2日前にカリフォルニア・ナンバーの車が届いたばかりなのですが、
これでは買出しにもいけませんねぇ。。。

RIMG1493.jpg

お隣も白いですねぇ・・・
サンディエゴ仕様のタイヤは、ドライ専用ターマック仕様。
にわか雨でもよく滑るタイヤです。
オールウェザーなんて考えた事ありませんでしたからね。。。

RIMG1478.jpg

こちらに着いて、早くも一週間ということで、荷物も
ろくに片付いてはいないのですが、まずは「生き物」から
なんとかしなければ・・・で、昨日はミョウガをなんとか。

RIMG1479.jpg

貸家の庭を掘り返したりするわけにもいかないので、
この野菜ポットに植えることにしました。
用土は、基本的に冬の間室内ということで、種蒔き用。
主成分がピートモスとパーライトの軽くて保湿力の強いもの。
ただ、水をたっぷり与えるとベチョッとするので、水は
ほどほどに、良く水切りした後ミョウガを置いて
さらにその上に土をかけ、表面を軽く押さえておきます。
これから寒くなるので、まだ眠っていてもらいたいのです。

RIMG1474.jpg

まだまだ、材料の揃わない状態なので、こんなご飯。
鶏釜飯風かわりご飯」と「つゆだく塩バター肉じゃが」。
こういう材料なら、大抵のところで手に入ります。
鶏釜飯」は米に鶏のひき肉、ニンジン、ごぼう。
「塩バター肉じゃが」は、まだ汁物がないので、意図的に
つゆだくに。
じゃがいも、ニンジン、ごぼう、玉ねぎと豚肉を
軽く炒めて、出汁で柔らかくなるまで煮込み、最後に
彩りのいんげんを投入。
ここまで出汁と塩だけで薄味に仕上げて、最後にバターを
のせ、胡椒をちょっと振って洋風に仕上げます。

引っ越しの間、外食続きでした。
アメリカの外食でなにが足りないのかというと、
決定的に足りないのは、野菜の種類だと思います。
付け合せでついてくるのが、じゃが芋、ニンジン、
ブロッコリーにいんげん。たまにズッキーニや
トマトでは日本人には、全然だめです。
スーパーでもこういった野菜の色違いが並んでいるだけです。
アジアの方が多彩な食文化をもっているのでしょうね。



ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

コネチカットのスィートポテト



ついに到着、コネチカットは海辺の町、ストーニングトンです。
すっかり、紅葉していますが、もうそろそろこの季節も終わりですね。
早朝は32Fと言っていましたので、0℃になります。

RIMG1408.jpg

ここは、家を探すための仮住まい。
半年でまた引っ越しですが、一番厳しい季節を海に近い温暖な
ところで暮らせることに感謝しています。

RIMG1424.jpg

最低気温は32Fでも、海水温は55Fだそうですから、海から
離れる訳にはいきません。
この辺りは、各戸がそれぞれ船着場(ドック)を持っています。
夏には、避暑や観光客が滞在するためのコテージが多くあります。
逆に冬には暇になる地域ですから、私たちでも借りられるという訳です。

RIMG1425.jpg

それにしても、何と言うお天気なのでしょう。
東海岸の北の方は、冬の間「欝」になる、なんていわれて来たのですが、
快晴ではありませんか・・・・

RIMG1420.jpg

お庭は、こんな程度。
もちろん、貸家なのでここで畑は作れません。
ミョウガたちも、当面野菜用ベッドで眠ってもらいます。
幸い部屋の中は、上の写真のように、まるで温室のようですから、
うまくいけば、室内でかなり育てられるかもしれません。

RIMG1467.jpg

そして、初料理となるのは「スィートポテト
食材が不安ありでしたが、最初から的中・・・
見た目は、サツマイモだったのですが・・・・

RIMG1468.jpg

中身は、ニンジン色のガーネット・ヤム。
大抵は皮の色がちょっと変だったり、芋の端の切り口が
ニンジンの色で簡単に分るのですが、これには騙されてしまいました。

買ってしまったものは、仕方がないので、これで作成。
ただし、この芋、日本スィートポテトよりも水っぽいので
固めに仕上げなければなりません。
ニンジンの匂いがするので、シナモン多目。
砂糖を加えると水っぽくなるので、砂糖を控えめに塩を加えて
甘味にしつこさを足します。
和菓子を作る時に「下品な甘さ」と言われる甘さの強調を
逆手にとって応用していきます。

RIMG1471.jpg

あとは、生クリーム・卵黄・バターを加えて練り上げます。
いつもならば、味噌も隠し味に入れるのですが、まだ出てきていないので、
今回は省略。
表面に卵黄を塗って、ブロイルすれば出来上がりです。

RIMG1472.jpg

切って見ると、こんなん・・・
やっぱり、相当変な「スィートポテト」です。。。。


ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

秋色の根菜マリネ



取り敢えず、サンディエゴからコネチカットに引越ししてきましたが、
荷物がまだ届きません。
インターネット回線もケーブルガイが来るのは、まだ先なので、
仕方なくスタバでオンライン・チェックです。
ディスクトップPCがないので、デュアル・ディスプレイのラップトップで
作業をしていると、目立つこと目立つこと・・・
ネットブックなのに、ディスプレイ2枚広げていますからねぇ。。。

季節はもう紅葉の終わり、季節感のない南カリフォルニアから
ここに来ると、まずその景色の鮮やかさに驚かされます。
紅葉って、こんなにきれいだったんだなぁとびっくりする一瞬後に
夕方から急速に下がる気温に、これからが忍耐の季節なの
だろうか、と不安もよぎります。

もうひとつの心配事は、毎日の食事です。
調理器具もまだ着いていないので、しばらく外食ですが、
主食の炭水化物は、パンとパスタとジャガイモのみ。
たっぷりグレイビーのかかった肉類かシーフードの
トマトソースからめが主体ですから、日本人には厳しいですね。
もっとも、和食に依存しない日本人もいるようで、
ここに長く住んでいる人たちは、そういう人たちが多いようです。
荷物がついたら、ハウス・ウォーミング・パーティで
驚かしてやろう(笑)。

紅葉の景色に触発されて思いついたのが
「根菜マリネ
レンコン、パプリカ、絹さやをさっと色よく湯通しして、
甘酢に漬けるだけです。
冷蔵庫内でしばらく漬けなければなりませんが、
かなり長期間の保存ができますので、作り置きに最適。
これ等の材料ならば、大抵のアメリカのスーパーでも
手に入るのではないでしょうか。
肉料理などの付け合せにも使えて、アメリカ人にも
抵抗のないお料理だと思います。




ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村



テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

現在アメリカ南部、
ノースカロライナから
世界各地に出没。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会ロンドン
本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、エンスーな収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス
所持。登録ナーセリー経営者。


コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないと判断した方の
コメントは削除し、コメント
主は出入り禁止にします。

英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー(月別)
10 ≪│2010/11│≫ 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング
マーケット情報
ブログランキング
WORLD TIME
FX初心者の入門講座
Translate 翻訳
Recent Visitors
Flag Counter
free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ