メモリアルディと和食パーティ



5月31日はメモリアルディです。
サンディエゴでは、この快晴。
戦没将兵追悼記念日、兵役中に亡くなった米国の男女を
追悼する日です。
アメリカは今も戦争を続けており、サンディエゴは戦地へ向う港なので、
この日ばかりは、ホリディでもBBQ自粛になっています。

RIMG0634.jpg

さて、和食パーティの紹介も4日目になりまして、
そろそろ重量級の料理に移っていきます。

まず「牛肉たたき
このての脂の少ない牛肉はアメリカのスーパーでは
お得意の分野です。ピンキリでたくさん売っています。
食べ易い大きさを択びます。
フライパンで外周を焼き付けたら、表面に酢を叩いていきます。
「叩く」から「たたき」です。

RIMG0638.jpg

これは「ゆで豚の酢味噌がけ」
豚肉の塊り肉も、アメリカのスーパーでは普通にあります。
一度、塩をすりこんで冷蔵庫で2日寝かせたら、
たっぷりの水に入れて煮ていきます。
1時間30分ほど煮たら、煮汁の中で冷まします。

RIMG0639.jpg

ここからは「揚げ物」。今回大きく変更した部分です。

いわしフライ」と「みそカツ」です。
いわしは、骨ごと食べられるように時間をかけて揚げています。
表面に見えるのは、ねり梅干。
みそカツ」は、ゆで豚の豚肉を一部使ったもの。
豚肉そのものは、塩コショウしただけです。
八丁味噌ベースの味噌たれがおいしいです。

RIMG0641.jpg

「鶏のから揚げ」
前回までは、から揚げと言っても、「ザンキ」という
北海道でよく作られている方法で仕込みをしていましたが、
これを食べているのが、ほとんど子供たちばかりなので、
省力化をはかりました。
3日かけていた仕込みを30分に。。
醤油・酒・生姜とニンニク、玉ねぎの摩り下ろしに
入れています。これでも十分おいしいようで、
真っ先に売り切れてしまいました。

今回は、これら揚げ物に大きな変更を加えています。
なにしろ、短時間に続けて揚げ物をするので、フライ、
カツ、から揚げの段階で、揚げ油立ちが激しくなり、
中断を余儀なくされていました。
多くの料理本では、の発生は油の酸化、古くなったせい
などということが書かれていましたが、これらは大嘘でした。
お料理の先生方というのも、非化学的な発想とご自分の
思い込みで、まことしやかな「ウソ」を言うものです。
「なぜが出来るのか」化学的に説明する先生様は
見当たりませんでしたね。

要は、つなぎに使う卵のレシチンが原因なので、
揚げ油劣化とは別問題でした。
古くなくとも、はでるのです。
より研究が進んでいる業者さん方は、消剤として
シリコンを添加しています。
ならば、家庭でを出さないためにはどうするか?
卵を使わなければ良いわけです。
揚げる対象物の表面に小麦粉をふったら、つぎにパン粉との
つなぎに、どろどろに溶いた小麦粉を潜らせます。
このどろどろの小麦粉の表面にパン粉をつければ良いわけです。
分ってしまえば、なんとも簡単な事です。
これで、揚げ油の泡は立ちませんでした。
余計な卵も買わなくて済みます。。。

う~む、これって、化学的な発想なのかしらね。。。。。




ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

サンディエゴで和食パーティ、その3



予報通りに気温の上がったサンディエゴです。
本日、庭の最高気温は久々の80度。。。
プールの水もほんのり温まって来ました。。

RIMG0645_20100530162422.jpg

さて、和食の夕餉の続きです。
ぶり大根
定番ですね。今回は手短に圧力釜を使いましたが、
これには必ずしも要らないようです。
醤油・みりん・酒を等量ずつ入れます。後は水だけ。
ぶりから出汁がでるので、他に余計なものはいれません。
トロミをつけるためには、蓋がない方がよいようです。
上にふっている薬味は、セリです。

RIMG0651.jpg

「サンマの筒煮」
サンマを輪切りにして、オイスターソースと、ニンニクを
効かせて、圧力釜に。これは、骨まで軟らかくしたかったので、
圧力釜必須です。ピンが上がって30分ほど煮ます。

RIMG0649_20100530162422.jpg

牛肉のしぐれ煮」
薄切り牛肉と、千切り生姜、玉ねぎの煮込みです。
牛丼の具と思っていただければ、分かり易いですね。
醤油ベースの甘辛煮。紅生姜
をのせて。。
これは人気がありました。
分かり易い味なのでしょうね。

RIMG0636.jpg

本日の最後に・・・なんだと思いますか?
ブロッコリー白和え」です。
なんとも、格好がつかないのですが、たっぷりのあえ衣に
埋もれてしまいました。
これも案外人気がありました。
豆腐の中に、白すり胡麻と生クリームを隠していたのが、
人気の秘密でしょうね。

今日は、最近人気の「食べるラー油」も「ケークサレ」も
ありませんが、案外人気の4品です。




ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

サンディエゴで和食パーティ、その2



久々に75゜Fになったサンディエゴです。
これくらいになってくれれば、お仕事もやり易くなるのですが、
これも今日一日だけらしい。
明日は再び下がって、土日は80度ということ・・・
なんとも変化の激しいこのごろです。

さて、サンディエゴで和食のパーティはまだまだ続きます。

RIMG0644_20100528122949.jpg

春なので、
シンプルに「の梅風味煮」
梅干と一緒に煮ました。
山椒から若葉を一枚拝借・・・・

RIMG0647_20100528122949.jpg

もう完全に定番となった「茄子南蛮漬
素上げした茄子を南蛮酢に漬けています。
3日目くらいからが食べ頃ですね。
南蛮酢の組成は出汁7醤油1酢3砂糖0.5.
唐辛子と青ネギ、ニンニクのスライスを漬け込みます。

RIMG0650_20100528122949.jpg

これも定番になった「わかさぎ南蛮漬
から揚げしたわかさぎを南蛮酢に漬けたもの。
こういった、南蛮漬は事前に作り置きできるので、
パーティの際には重宝します。
わかさぎアメリカではカナダ産の冷凍物が手に入りますので、
手軽に使えますね。今回は、たまたま去頭ものでしたが、
ふつうは、尾頭付きを使っています。
南蛮酢は、上の茄子と基本的には同じですが、少し
みりんを足して、甘めにしています。
唐辛子と玉ねぎを漬け込んでいます。

RIMG0654.jpg

「いかとわけぎのぬた和え
ぬた・・酢味噌和えですね。
ここでは「わけぎ」はないので、一般的なネギである
「グリーンオニオン」です。根本がちょっと太くなって
なんとなく、それっぽく見えないでしょうか?
イカはアルゼンチン産のものだそうですが、
丸のままですので、捌きます。
堅くならないように湯どおしして、軽めに湯がいた
ネギと合えます。これも冷蔵庫で一晩なじませた方が
良いようです。
いろいろ応用が効く「酢味噌」は、味噌を酢と砂糖で
伸ばしたもの。味を見ながら酢と砂糖を加減して下さい。
使い回しするためには、甘味を控えた方が便利です。
今回のパーティでも、別の料理に使い回ししています。

さて、ここまで8品。まだまだ続きます。



ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村



テーマ : カリフォルニアライフ
ジャンル : 海外情報

週末、和風なパーティ。ぜんまい・ゆず大根・砂肝



ここのところ、お天気はよくても涼しい日が続くサンディエゴです。
マリンレイヤーのおかげで、湿度も高めの70%台をキープしていますが、
庭の土はやっぱり、乾燥気味になっています。
低温のため、香味野菜も成長が止まっています。
今頃はふつう、青シソなどはどんどん伸びている頃なのですがねぇ。。。

ともあれ、この週末はポットラック・パーティでした。
実態は、ホームパーティ
和食でかためたパーティは珍しいらしく、開催の度に
ゲストが増えています。
作り手からは、ありがたいことですね。
創り甲斐があるというものです(笑)。

RIMG0628.jpg

と、いうことで、3ヶ月ぶりの今回も「和風」で行きます。
まず、春らしいもの。
サンディエゴで春といっても、あまりピンとこないですけどもね。
ゼンマイのシンプルな煮物。おかかがけ。

RIMG0629.jpg

人気はあるけど、作るのは超簡単な「ゆず大根
大根を拍子切りにして、ジップロックにいれたら、
柚子ジャムと酢、こんぶ茶少々を投入。
そのまま冷蔵庫で3日置くだけです。

RIMG0627.jpg

「茹で砂肝食べるラー油かけ」
これも簡単料理です。
砂肝は食べ易い大きさに切ったら、水と酒で茹でます。
そこに「食べるラー油」をかけて、よく合えます。
そのまま、一晩冷蔵庫で置くとなじんできます。
食べる前に「食べるラー油」をトッピングします。

RIMG0630.jpg

これがないと寂しい「漬物盛り合わせ」
今回3種盛りです。
白菜漬け、キューリとキャベツの浅漬け。
手前がニンジンとごぼうの味噌漬けです。
味噌漬けは甘味が強調されておいしいものです。

日本人には人気がありますが、他の国の方々には???です。
ピクルスというと、納得はししてくれるのですが、
果たして、どうでしょう?
アメリカに住んでいる日本人の方々は、ご自宅で
漬物を作っているのでしょうか?
西海岸では、新高屋さんなどの漬物専門店もあるのですが、
結構なお値段ですよね。
「浅漬けの素」はアメリカで入手できる材料で簡単に
作れるのですが・・・
そのうち、公開しちゃいましょうかね(笑)。




ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村



テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

ハーブガーデンと和食の夕餉



週末になって、幾分気温が上がったサンディエゴです。
花盛りになってしまったミズナの上に、カメムシがいました。
そろそろ、いろいろな虫たちが活発に活動を初めているようです。

RIMG0604.jpg

グランドカバー用イチゴにも実が出来てきました。
これぐらいなら、立派なものですね。
ただ、赤く色づきはじめ途端に、何者かに食べられてしまいます。
大抵は、ダンゴムシ。そしてナメクジ。。。。

RIMG0605.jpg

タイムは年中何かしら花を咲かせているのですが、
一番盛んなのは、今のシーズンでしょう。

RIMG0606.jpg

そろそろ葉の黄色味が減ってくるWell Sweep Golden.
黄色い斑入りのローズマリーは、珍しくはなくなりましたが、
これは、全体が黄色に見える不思議な品種です。
残念ながら、今年のカタログからはなくなりました。
面白い品種なのですが、花は地味な白ですし成長もいたって
遅いタイプです。樹勢も弱く、なかなか繁ってくれません。
庭の中で、生垣やボーダーのように植えられるローズマリーには
向かない品種です。

我が家には、この品種のように、商業ベースでは
価値のないような品種もたくさん居候しています。
今現在のローズマリーは、アメリカ国内調達のもので、
52品種あります。
輸入に頼らなくとも、ここまでは集められます。

RIMG0622.jpg

さて、本日の夕餉は「和食の夕餉」。。。
メインはゆで豚の酢味噌がけ、貝割れ大根添え。
副菜は、の梅風味煮とぜんまい。
ブロッコリーの白和え、イカとわけぎの酢味噌和え、
ゴボウとニンジンの味噌粕漬け。
これらの材料はすべて、日系スーパー以外で調達しています。
西海岸はこういうところは住み易いですね。





ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

ミズナの花とラムチョップ



非常に珍しいことですが・・・・朝方に雨が降りました。
う~む、今週は天気予報が当たったようです。
もっとも、降っていたのは1時間だったもよう。
降水量は0.01インチ。測定できなかったのね。。。

RIMG0584_20100520142857.jpg

とりあえず元気なフェンネル
そろそろ身の丈2mに達しようとしています。

RIMG0582.jpg

花を咲かせないように注意してきたミズナもついに
咲いてしまいました。
こうなると、葉の方は堅くなってしまうので、
諦めて採種用と割り切ります。

RIMG0587_20100520142857.jpg

今年は随分と元気なラバンディンのグロッソ。
サンディエゴの環境では、ラベンダーはかなり難しい。
この庭では、日本ではまだ導入されていないラベンダー
中心に10数種挑戦してきたのですが、まだ3年以上
もった例がありません。
ラバンディンは、気温帯としてはOKなのですが、
やはり乾燥がネックとなっているようです。

RIMG0591.jpg

これも、今年順調な柚子
すでに20個以上の青柚子ができていますが、
このハイペースは、ちょっと要注意かも。。。
たくさん種をつけたがるのは、その母体が危ない
兆候であるケースが間々あります。
これのバックアップも難しいですね。
とりあえず実生で20本ほどは育っているのですが、
接木しないと実がつくのは20年後ですからね。。。

RIMG0580.jpg

たまには、こんなディナーもあります。
1ポンド格安ラムチョップ
醤油、大根おろし+ねぎ塩トッピング。

RIMG0575.jpg

ついに登場「食べるラー油」。
今回は、鶏の砂肝を日本酒と出汁で湯がいたものにかけてみました。
ちょっと辛味が弱いかなっと思ったので、中華系スーパーで
購入の四川省産「辣椒油」を追加。
もっとも、あまり辛くないのが「食べるラー油」の
売りですから、そのまま香りを楽しむのもいいかもしれません。



ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村


テーマ : カリフォルニアライフ
ジャンル : 海外情報

曇天と辛い酢ともち米シューマイ



ここのところ低温が続いたと思っていたら、どうやら雨になるらしい。。。
サンディエゴの天気予報なので、「雨」といっても、どんな程度なのか、
大体は予想がつくのですが、この時期に「雨」とは珍しいです。
毎日上がって来るマリン・レイヤー(海からの湿った靄)がこの辺りの
水分の供給源です。まさに、「海の雫」です。

RIMG0520_20100518131729.jpg

山椒にしても、シソにしても、乾燥気味であることは
大切なのですが、乾燥させては枯れてしまいます。
ここが大切なところですが、人の手がかかった植物は
水は結構欲しがります。
かつ、水切れよい用土で必要な程度には水分が
なければなりません。なんとも、手間がかかります。
「乾燥気味」であって、「乾燥させて」はなりません。
さらに、これら「葉」を収穫する植物は乾燥させても、
しっかり幹のかちかちにしてもなりません。
潤沢な湿度がなければ、大きな葉っぱにはなって
くれないのです。
やわらく、優雅に大きな葉っぱに成長してくれないと
食べられないのです。。。

サンディエゴのこれからの季節は、基本的に砂漠です。
10月下旬まで、雷が鳴っても雷雨はないところです。
一日に何度も見回って灌水するか、時間帯で
日陰を作る工夫をしていかなければ、ローズマリーですら、
一日でドライハーブになります。
この子たちを見ていると、山椒は成長しているものの、
ポットの小さいシソたちは苦しそうです。
一日中付き合うわけにも行かないので、シソたちは
スプリンクラーつきの日陰に移動です。。。。

RIMG0557.jpg

中華系スーパーで見つけた「タイチリ」。
タイのちり鍋ではなくて、東南アジアで一般的な
とんでもなく辛い小型のトウガラシです。
安いのですが、大量消費することもできず・・・・
アジアンパシフィックの人たちがよく使っている
「旨くて辛い酢」を作ることにしました。

RIMG0562.jpg

作るっていうほどのものではないですね(笑)。
ニンニク、ショウガを刻んで例のトウガラシを入れ、
酢(今回は米酢)を入れただけです。
常温で3日ほど経つと良いということですが、
すぐにアジアンっぽい香りが立ってきます。

RIMG0553.jpg

さて、何に使おうか、っということで、今回は
シューマイ
残っていたタイもち米で「もち米シューマイ」を
作ったので、これにかけていただきました。

アジアンパシフィックの人たちはこれをいろいろな
ものにかけて食べているらしいです。
焼き魚などにも合うそうなので、そのうちサンマの
塩焼きなどにも、カボスの代わりに試してみようと思います。



ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

テントウムシと食べるラー油



まずまずのお天気になりましたサンディエゴです。
週末にかけて、やっと気温が上昇し始めたところです。
もうちょっと上がってくれたら、野菜たちの成長も早まるのですが、
なかなか・・・・

RIMG0537_20100515145602.jpg

トゥルーラベンダーたちは、ほぼ例年並。
ピンク・シロ花混合のメリッサが遅れています。

RIMG0529_20100515145602.jpg

柚子アブラムシが付き始めたので、早速テントウムシ
集りだしました。
今年は、どういう訳か空き地のワイルドマスタードが
まだ咲き続けています。そのせいでしょうか、例年よりも
アブラムシが多いように思えます。
アブラムシたちはアザミも好きなので、アザミにも
集中しているようです。
おかげで、アーティチョークアブラムシだらけになっています。
丈夫な植物ですから、しばらくは防壁になってもらいます。

RIMG0546_20100515145602.jpg

先日、施肥もしましたので、庭の様子を見回った後は
ちょっとお料理。。。

きょうは、最近話題になっている「食べるラー油
もちろん、西海岸のこの辺りにはまだ上陸していません。
で、見よう見まねで作ることにします。
幸い、主材料のフライド・オニオンとフライド・ガーリックは
安く売っています。

RIMG0547.jpg

これら以外では、当然のベース・ゴマ油とネギ、ショウガ、
トウガラシは韓国製の中粒のものを使いました。
天津冬菜とエビペースト。
砂糖・塩・醤油・鶏がらスープの素を混ぜて・・・・

RIMG0545.jpg

グツグツ・・・と。。。

RIMG0549.jpg

冷ましたら、壜に詰めて冷蔵庫へ。
3日くらい後の方が味がなじんで美味しいそうです。
韓国の唐辛子粉はいろいろな細かさのものがあり、辛さも
マイルドで香り高いのがいいですね。
一袋の単位が大きいのが難点ですが、使い手があるので
重宝します。
この「食べるラー油」日本に行った時には見つけられませんでした。
よほど品薄になっているようです。
自作のレシピはネットにたくさん出ていますね。。。





ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村



テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

晴天と肥料



低温ながら晴天の続くサンディエゴです。
ここのところ冷え込んでいて、早朝には路上駐車の車に
霜が降りたりしています。

RIMG0516.jpg

廿日大根もここのところ、成長を止めている様子。
ほんとは、間引きしなければならないのですが、
なにしろ、生来の貧乏性で・・・・そのまま育てています。
自家消費用ですしね。。。

RIMG0521.jpg

今年も実がつかなかった白加賀
形だけは、立派に成りました。来年に期待ですね。

RIMG0522.jpg

ミニトマトの「アイコ」ちゃんです。
次々実をつけてきています。
いくつかは、種取用に育てる予定です。
問題は味の方。。。早く確かめたいものです。

RIMG0530_20100513134311.jpg

今年一番の期待は何と言っても、この柚子君です。
もう、小さいながら青柚子の雰囲気。。
現在、この状態の実が20個以上付いています。
久々に、潤沢な柚子に囲まれそうです。。。

RIMG0538.jpg

そろそろ中間の施肥をしていきます。
これは、この辺りではごく一般的な粉末肥料
添付のスプーン杯を1ガロン(3.8L)の水に溶かして与えます。
即効性のように思えますが、注意書からは準遅効性らしい・・・?

RIMG0539.jpg

24-8-16。
窒素が多いようですが、成長期には良いかもしれません。
この肥料のほかにも、遅効性の粒状肥料も撒いていく予定なので、
ポット物を中心に施肥するには、これでよいかなぁ・・・と。。
日本のように、雨が降らないこの地域では、肥料の種類も
随分違っています。
よく使われているのが、鉄肥料と石膏(石灰ではありません)。
土壌が基本的に粘土質のため、土のソフトナーがよく売られています。
日本にいた頃、よく使っていたのが「微粉ハイポネックス」。
6.5-6-19。
かなり変則的な構成なのは、水耕栽培用のためらしいです。
300本以上の挿し木苗を抱えていたので、赤玉土単用の
ほぼ水耕栽培化していた苗が根を充実させる為には
とても効果的でした。
地上部には、ほとんど効果がなかったのもこれの特徴です。

でも、これはアメリカでは全く見られません。
ガーデニングショップでも、Hyponexと言うと、
大抵は土しか置いていません。





ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

アーティチョークとケークサレ

RIMG0373_20100511121607.jpg

今週は、月曜日からなんとなく冷や冷やするサンディエゴです。
マリンレイヤー(海からの冷たい湿った霧や雲のようなもの)が
大量に流れ込んできているようです。
元気なのは、アーティチョークだけかな・・・

陽射しがない分庭仕事でも、と思ったのですが、庭仕事にも
涼しすぎる今日のお天気・・・・
こういうときには、家内作業です。。

RIMG0494.jpg

野菜たっぷりの朝食を作ろうと思います。
もちろん、作り置き用。
最近日本で流行っていると聞き及んだ「ケークサレ」。
バターは使わず、野菜たっぷりで軽めに仕上げます。
好みの野菜を電子レンジで加熱します。
後でオーブンにいれますので、軽くでOKです。
今回は、ブロッコリーと色合いのパプリカ。
ほうれん草でもなんでもお好みで。。。

RIMG0495_20100511121606.jpg

材料は、小麦粉120g,卵2個,牛乳120cc,ベーキングパウダー小匙1,
サラダ油かオリーブオイル大匙1,塩小匙1/4。
これをボールの中でよく混ぜて、バウンドケーキ型に入れます。
まず、この生地を少し入れた上に、野菜をならべて・・・

RIMG0497.jpg

緑の上に、赤を敷いて・・・
この辺りは彩りよく・・・・最後に残りの生地を流し込んだら
型をとんとん叩いて、落ち着かせます。
次に180℃(360゜F)のオーブンで30分から40分焼きます。
作業としては、これだけです。
後は焼きあがるのを待つだけです。

RIMG0507.jpg

仕上がりは、こんな感じ。
なんとなく、キッシュに似ていますが、生クリームもバターもチーズも
入っていないので、軽い塩ケーキといった感じです。
冷たいままでも、軽くチンして暖めても美味しいですね。




ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

RIMG0509.jpg

テーマ : カリフォルニアライフ
ジャンル : 海外情報

ラベンダーと茄子しぎ



さて、5月に入って本格的に好天が続くようになったサンディエゴですが。。。
どうも、気温の方が上がりません。
この晴天ですから、日当たりのよいところは暑くなるのですが、
気温としては、最高でも18℃程度で推移しています。

RIMG0471.jpg

ラベンダーガーデンでは、当初ラバンディンが優勢でしたが、
最初に開花したのは、やはりトルーラベンダーでした。
ダッシュは良かったのだけど、残念グロッソ君。。。。

RIMG0475.jpg

ローズゼラニウムは、ほとんど雑草化しています。
これはここの気候が合っているのでしょうね。
切っても切ってもグニョグニョ伸びてきます。
葉も茎もたっぷり水分を溜め込んでいますので、
ラベンダーのように乾燥ポプリにもなりません。
あんまり役に立たないハーブです。

RIMG0476.jpg

今年注目の柚子は、そろそろ花が終わります。
ちゃんと小さな青柚子になっているのが、嬉しいです。
このまま落ちずに大きくなってくれれば、大豊作なのですが・・・・

RIMG0484.jpg

現役・豊作中のアーティチョーク
毎週2個づつ収穫中です。

RIMG0486.jpg

そろそろ「夏野菜」も出回り始めたこの頃です。
きょうのおかずは、「茄子しぎ」
「しぎ焼き」とか、地方によって呼び方や内容が異なるようです。
シンプルに、油いためといった方が分かり易いかもしれません。
ちょっとは、味噌をいれて甘辛くしたいところですが、
減塩も頭を掠めます。
砂糖・醤油・ラー油で甘辛くまとめました。

RIMG0490.jpg

またも登場の、「漬け丼」。
今回は、ハマチの切り身。
漬け汁(醤油・出汁・煮切り酒)に山葵をたっぷり溶かして
2時間漬け込みました。それでも、ハマチの脂っこさには
負けている感じですね。
ただし、あまり漬け過ぎると塩分が気になります。

和食で塩分を気にしだすと、なかなか頭が痛いです。
日本人の減塩目標は、この4月に8gから7.5gに
(男性10gから9g)に修正されたそうですが、
アメリカの目標4g未満には遥かに及ばないようです。
4g未満を達成すると、確実に健康改善が現れるのだ
そうですが、なかなか厳しい目標です。
医療費が自前の海外生活は、健康管理が全ての基本です。
なんとか減塩生活を考えていかなければ。。。。



ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村



テーマ : カリフォルニアライフ
ジャンル : 海外情報

ジャスミンと漬けのっけ丼



5月5日です。
パティオのジャスミンはそろそろ選手交代の時期。
蕾が膨らんできました。

最近、日本からのメールが少ないなぁ、と思っていましたら、
今年のGWはずいぶん繋がっていたのですね(笑)。
アメリカにいると、日本のカレンダーを忘れがちになっています。
出国してからそれほど長くはないのですが、これもこの国に
慣れてきた証かもしれません。。。

日本なら、5月の連休は田植えの季節。
全国的に大体この季節になったのは、人手が必要だからですね。
地方によっては、稲には寒すぎる年もあるのでしょうが、
今や兼業農家が人手を確保するには、相手の稲の都合を
聞いているわけにもいかなくなっているのでしょう。
田植えも日本の原風景ではありません。
人手と効率の時代なのです。(何か、悲しい・・・)

RIMG0414_20100506141014.jpg

さて、4月2日に種まきしたベッドはどうなったか、というと・・・・
種まき直後にサンディエゴでは珍しい雨に見舞われ、用土を
ほじくり返されたにも関らず、発芽しました。
上は、ミツバ

RIMG0416_20100506141014.jpg

こちらは、青シソです。
地植えとポット播きの分も合わせると、結構な数になります。
我が家では大量に消費するため、あと半年程度はがんばって
葉を維持してもらわねばなりません。
多い分には、ポットラックパーティのお土産にもなります。。

RIMG0418_20100506141014.jpg

こちらは、自家産の柚子の実から種を取り撒きしたもの。
柚子の種は簡単に発芽します。
ほんとに簡単です。シソ並に発芽します。
しかし、これから花をつけるまでが20年以上とすごく長い。
これを早く結実させるためには、2,3年成長したところで、
老成した枝を接木してやればよいわけです。
継ぎ足した先は、もう十分年寄りの木ですから、20年
待たずとも収穫できます。
まぁ、どちらにしても気の長い話ですね。
日本人ならじっと待てるけれど、アメリカ人はどうでしょうか?
もっとも、アメリカ人で「柚子」に執着する人もいないでしょうね。
ちなみに、カリフォルニアでは州内に柚子農家があるらしく、
時期物ですが、結構出回っています。
1ポンド99セントでしたから、ミョウガよりもはるかに安いです。

RIMG0445.jpg

本日のメニューは「漬けのっけ丼」。
刺身のハマチとマグロの漬けを載せています。
下に香味寿司(寿司飯に青シソ柚子、生姜を刻んで混ぜ込んだもの)を
敷いたのですが、被せた薬味の春菊とセリで見えなくなってしまいました。
お味の方は、お勧めなのですが、見栄えはイマイチ・・・
とりあえず、野菜はたっぷり、と。
キャベツとキューリの浅漬けを添えていただきます。



ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村


テーマ : カリフォルニアライフ
ジャンル : 海外情報

サンディエゴの快晴と牛のたたき



サンディエゴの快晴の空です。
もう5月。
これから10月にかけて、こんな空が続いて
砂漠のような乾燥状態になっていきます。

RIMG0430_20100504141508.jpg

日本庭園区画のアヤメは、どんどん花が開いていきます。
後方に見える手製「獅子脅し」は、かつてちゃんと
動いていましたが・・・強い紫外線に焼かれて割れてしまいました。

RIMG0426.jpg

今年は、大変なことになった柚子
花が鈴なり状態で、まるで梅の花のようです。
この2年ばかり休んでいたのが、一気に開花したかの様。。
柚子は、2,3年毎に花付きが集中する性格だそうですが、
これはちょっと極端かも。。今年は肥料も変えているのですけどね。


RIMG0406.jpg

ミョウガミニトマト
ミョウガは、昨年に較べて伸びが遅いようですが、
これはこの状態で良いでしょう。
昨年は、異常に伸長して、花が付く前に一気に枯れて
休眠に入りました。おそらく異常乾燥のためでしょう。
今年は、スプリンクラーの水量を細かく変更しています。

ミニトマトは、期待の「アイコ」ちゃんです。
サカタのタネさんのヒット商品ですね。
日本で食べた、あの味が出るとよいのですが・・・
酸味のほとんどない極甘のミニトマトを期待しています。
すでに、1mを越えてきました。

RIMG0409_20100504141604.jpg

地道に実生の春菊です。
ここでは、日照時間が長くなると、背丈にかかわらず
黄色い花を咲かせて終ってしまうのは、昨年実証済み。
6月までが育成期間でしょうね。

RIMG0351.jpg

今日のディナーは、かなり手抜きの「牛のたたき」と根菜の塩麹漬。
この国で、牛肉は魚よりも安いし、「たたき」は簡単ですよね。
フライパンで外側を焼いたら、ジップロックに入れて、漬けダレを
入れ、冷蔵庫でしばらく置けば完成です。
実際には、作り置きして冷凍庫で眠らせています。
小分けにすると、食べる分だけ解凍できるので簡単です。



ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村



テーマ : カリフォルニアライフ
ジャンル : 海外情報

プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持
正規登録ナーセリー経営者。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー(月別)
04 ≪│2010/05│≫ 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング
マーケット情報
ブログランキング
WORLD TIME
FX初心者の入門講座
Translate 翻訳
Recent Visitors
Flag Counter
free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ