庭作業と鮭の粕味噌漬け



順調に気温が上がったと思ったら、今週は急降下のサンディエゴです。
朝には、シャワーが降りましたが、お昼にはこの天気。
最近乾燥してきたらしく、プールの水位がどんどん下がります。
この水は普通の水道です。水代、案外バカになりません。。。

RIMG0756.jpg

こちらは、水が溜まって欲しくない和風庭園区画。
今、改造中なのですが、ちょうどスプリンクラーの水が
落ちる辺りなので、よく溜まってくれます。
おかげで、日本アヤメもよく伸びてくれます。

RIMG0755.jpg

写真が前後しますが、一番上のプールの写真・中央ソファーの
隣に写っているのは「柚子」の木です。
一昨年・昨年と2、3個の実りでしたが、今年はもう10個以上の
蕾を確認。このまま無事に実ってくれればよいのですが。。。

RIMG0741_20100331131538.jpg

やっと形になった、タラゴン。
もうちょっと伸びてくれれば、タラゴンビネガーが作れるでしょう。

RIMG0743.jpg

ことしのミョウガ畑です。
去年よりも若干成長が遅いように思えます。
もっとも、昨年は芽だしから異常に早く、花が咲く前に
地上部分が枯れてしまいました。
ことしは、西日を防ぐタスカンブルーも十分に育ち、
ゆっくりじっくり、収穫できることを期待しています。

RIMG0719.jpg

夕食のおかず用に、酒粕味噌漬けを漬けて見ました。
なにしろ、この国の「」はすごく油ののったトロです。
軽く塩で〆てから、酒粕に味噌とみりんを混ぜたものに漬けます。
酒粕はよく売っていますが、香りもなく扱いが面倒です。
幸い、サンディエゴでは練り粕が手に入りますので、抜群に
風味のよい「練り粕」を使います。
味噌とあわせて、よく練ったら、ガーゼをひいてをおきます。
さらにガーゼで覆い、上に合せ味噌で覆います。
そのまま冷蔵庫で、3日。。

RIMG0761.jpg

の味噌・粕漬け+筍の煮物
五目豆、きゅーりの塩麹漬
雑穀米と豆腐の味噌汁。。。

和食が一番、とまでは言いませんが、いろいろな健康法が
言われている中では、もっとも確実な長寿食なんでしょうね。
なにしろ、日本人が世界で一番長生きの国民なんですから。。。



ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

バッファロー・チキン



たまたま見つけた1ドルパック。
バッファロー・ウィング
ロースティング・バックもセットでこのお値段。

RIMG0594.jpg

おまけに、定番中の定番のこれも2本で4ドル。。。
これで、ディナーは確定です。
鶏肉を3ポンド(1.4キロ)購入して準備OK。

RIMG0645.jpg

セットのバックに鶏肉を入れて、スパイスを混ぜたら、
ぐちゃぐちゃと・・・・後はしばし、冷蔵庫にて休ませてから、
そのまま予熱したオーブンに入れて1時間。。。

RIMG0647.jpg

本当は、ニンジンとセロリがスティック野菜で添えられるのですが、
冷蔵庫にはニンジンだけだったので、セロリは省略。
ディップは、ブルーチーズのサラダディップです。
焼けたチキンは、袋を切ってお皿にならべるだけです。
作るのは、恐ろしく簡単です。。。

RIMG0648_20100327162333.jpg

このスパイスは、色はご覧の通りですが、
HOTというわりには辛くありません。で、RedHotソース。。。
RedHotソースは、かなり効きます。

でも・・・なんでアメリカ人はこんなものに狂喜するのだろう?


ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村


テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

ガーデニングセンター、セドラス・ガーデン。



サンディエゴの北に、デルマーという高級住宅地があります。
そのちょっとだけ北にある、おしゃれなデザイナーズ・ディストリクト。
ここに、有名なガーデンセンターがあります。

RIMG0687.jpg

CEDORAS Garden

RIMG0689.jpg

入り口には、こんな湯船が置かれています。

RIMG0683.jpg

中はこんな感じです。
規模は小さいながら、中身は濃い目の構成・・・

RIMG0669_20100327153809.jpg

RIMG0698_20100327154037.jpg

さくら」がありました。
オカメザクラ。サンディエゴでは、もう桜も満開ですね。

RIMG0668.jpg

果樹の苗木は、今の時期が一番多く入荷しています。

RIMG0661_20100327153857.jpg

柚子」の苗木がありました。
ちょっとお疲れモードの苗ですが、最近久しく見なかった「ゆず」です。
値段がびっくりの、47ドル!
大量に入荷していた3年前は、10個くらい実をつけていた苗木が
29ドルでしたから、かなりの高値です。
もっとも、あること自体大変な発見なんです。

RIMG0664.jpg

こちらは、「文旦」。う~む、これはサンディエゴに来てから
初めて目にしました。

RIMG0700.jpg

6連連結ポットの売場のミズ菜。緑と紫の二色です。
サラダ用ですが、こちらでの扱いはマスタード、からし菜と同じです。
なるほど、その通りで、特にこの紫はやたらと辛い。。
まぁ、紫一色のサラダボールを食べることはないでしょうからね。

RIMG0703_20100327154036.jpg

このガーデンセンターの面白いところは、日本語表記のラベル。

RIMG0704.jpg

この「アイコ」ちゃんは、サカタのタネさんのヒット作ですね。
まさか、サンディエゴでお目にかかれるとは思っていませんでした。

RIMG0701_20100327154036.jpg

シシトウ」ジャパニーズ・グリーン・チリ、かな?
韓国系、中華系、ベトナム系、フィリピン系など
どこのスーパーでも置いています。
あえて育てる必要もないのかな、なんて思ってしまいますが、
実は、サンディエゴの気候と土壌で簡単に大量に収穫できます。
以前、実証済みなのですが、サンディエゴの長い夏の間、
食べきれないくらい成り続けたので、庭に一本は植えることに
しました。



ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

悪獣とあわびの刺身と西京漬け



ぽっかり、良いお天気のサンディエゴです。
それでも、今週前半は低温です。
週末の回復を期待して、バックヤードを見回りすると・・・・

RIMG0608.jpg

またまた、ローズマリーラベンダーの根元に
掘り返した跡が・・・・!

RIMG0612.jpg

この半月ほどは、落ち着いていたものの、
前回「猫いらず」12個を平らげても
全く懲りていないようです。
一体どういう悪獣なんでしょうか?

RIMG0339.jpg

猫いらずが効かないのならば、今度はこれ!
唐辛子微粒粉末。。。撒いているこちらの方も咽てしまう
強力な辛さ・・・雨に弱いのが、難点ですけどね。
もちろん、サンディエゴではこれからの季節、雨は
ほとんど降りません。
問題なのは、毎朝のスプリンクラー。。。
毎日見回りしながら補充しなければなりませんね。

RIMG0650.jpg

青シソミツバミズ菜・・・・
もう、そろそろ種まきしなければなりません。
困ったものです。。

RIMG0652.jpg

いらいら解消に、和食のディナー。
本日のメニューは、ホタルイカの沖漬け、あわびの刺身、
銀タラの西京漬け、キューリの塩麹漬、あわびご飯、
とろろ。
このうち、日系スーパーで購入したのはホタルイカだけです。
こういうところが、カリフォルニアのありがたいところです。


ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村


テーマ : カリフォルニアライフ
ジャンル : 海外情報

ナーセリーにて。。山椒をゲット。。



サンデイエゴでは、有名なナーセリーです。
昔から、この空港に近い場所で営業してきたらしいのです。
面積はたいして大きくはないのですが、季節ごとに
頻繁に入れ替えをしているのが嬉しいところ。
それだけに、チェックを怠ると、二度と入手できなくなるものもあります。
今までのケースだと「柚子の苗木」などがそうでした。
3年前にたくさんあったのですが、一度きりの入荷でその後は
全く姿を見ていません。

RIMG0538_20100323015226.jpg

メインの売場はこんな感じです。アルファベット順に並んでいます。

RIMG0560.jpg

ここは上の隣ですが、季節商品が並びます。
今はまだ、冬の商品であるバラの苗木がありますが、
近いうちに、果樹の苗木に入れ替わります。

RIMG0546_20100323015226.jpg

ラベンダーコーナー。

RIMG0548lemon-leigh_20100323015225.jpg

レモン色のラベンダー
ヴァン・ゴッホやビリティスが有名ですが、
これは、Lemon Leigh 。

RIMG0556bosenberryruffles.jpg

今の季節は、ストエカスが多いですね。
これは、Bosenberryruffles 。

RIMG0558oohla.jpg

上と似ていますが、Oohla Lavender Burgandy 。

RIMG0550madrid-white.jpg

Madrid white 。

RIMG0554regalsplender.jpg

日本には、当面導入される見通しのない Regal Splendor.
これは、アメリカで見つけたこと自体も珍しいものですね。
イギリスでは、流通していますが、まだライセンスが
生きています。ですから、日本では難しい。。。

で、本日は何を購入したか、というと。。。。

RIMG0567_20100323015444.jpg

ジャパニーズ・ペッパーとなっていましたが、
山椒」です。
山椒」というと、中国のホワジョン花椒が有名ですが、
これは、正真正銘日本の「山椒
ちゃんとラベルも日本のものです(笑)。
(それにしても、なんで日本語のラベルがあるんでしょう?)


ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

春なので、ナーセリーヘお出かけ。。



そろそろ、気温も良いようなのでナーセリー
苗を物色しに出かけました。

RIMG0579.jpg

一年を通して狭い範囲でしか気温の変化しないサンディエゴですが、
在住者からみれば、それでも季節はあるのです。
苗屋さんの中も、それなりに「色]です。

RIMG0584.jpg

大型苗コーナー。
アーティチョークルパーブのポット(鉢植え)です。

RIMG0572.jpg

アジアン・ベジのコーナーには、案外日本の野菜が多いのが
西海岸です。
これは「ミズ菜

RIMG0573.jpg

なんとも、すごい格好に育っています。
ギザギザトゲトゲ・・・
まるで、野アザミのようですね。
日本で鍋物などに入れる「ミズナ」はこちらでは、
キョウナ」と別の品種のような扱いです。
この「ミズ菜」種は普通のスーパーでも売っています。
庭に撒くと、簡単に育ちますが、その姿はこれとは
違って日本の水菜のようになりました。
・・とすると、この苗は一体なんなのでしょう?



ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村


テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

ラ・ホヤ ファーマーズマーケット。続き。。



快晴に引かれて、折角ラ・ホヤまで出かけてきたので、
しばし、付近も散策しています。
サンディエゴ市内なのですが、ラ・ホヤは別格扱いになっています。
cityもLa Jollaを名乗っています。

こちらは、マーケット近くのブランチ屋さん。
パンケーキがメインでしょう。。
お店の前がお客さんのテーブルです。
雨が降らないことが前提になっているお店です。
ここのほとんどは、こんなつくりです。

RIMG0520_20100317163225.jpg

ファーマーズマーケットに戻って、
こちらは、Bonsai盆栽)店。
中国系の方が若い人に説明していました。
Bonsaiもポピュラーなインテリアの一つです。

RIMG0519.jpg

もうすぐイースターですね。
今年は4月4日。
日本語では「復活祭」と訳されていますが、これは間違いです。
復活祭」は、ユダヤ教の過越しの祭起源の言葉になります。
イースター」は、キリスト教とは関係のないゲルマン人の
春の女神のお祭りです。
聖書の中に、卵やウサギは出てこないですよね。

RIMG0534.jpg

さすがに富裕層の町。
こんな車も堂々と路上駐車です。
買ったばかりでしょうね。まだナンバーが来ていないようです。

RIMG0537.jpg

こういうロケーションが、ラ・ホヤの特徴なんでしょう。
小さいけれど、よく手入れされた前庭。
ゴミひとつ落ちていない歩道。。。。
普通のこじんまりした住宅からも、真っ青な太平洋が望める場所。

この辺りの個々の住宅は、本当に狭くて小さな家々です。
日本式にいうと、ほとんど庭のない、30坪ほどの家が
太平洋を借景にして、海沿いの傾斜地に建て込んでいます。
ただし、嵐もなく地震もほとんどなく、年中温暖な気候に
恵まれています。
戸建の家は、数億から十数億円はしますから、それなりの
人たちが集るコミュニティです。
誰が住んでいるか分らないような地域とは、
一線を画しています。
清潔で安全な町が誇りなのは、羨ましいことです。



ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : カリフォルニアライフ
ジャンル : 海外情報

快晴のファーマーズマーケット。



やっときました、快晴のファーマーズマーケット
ここは、ラ・ホヤのマーケットです。
ここは、住宅地価ランキングで、ビバリーヒルズを抜いて
全米第一位になったそうですが・・・当たり前だろうな、とは思います。
サンディエゴの住環境を知ってしまうと、LAはとても恐ろしくて住めません!!

RIMG0501.jpg

季節は人の都合に関係なく、どんどん進んでいきます。
もうの花も満開です。
棚はここでもあるのですが、背景にパームツリーは
サンディエゴなんでしょうね。

RIMG0514.jpg

さて、ファーマーズマーケットの方は、
毎週出店がちょっとづつ入れ替わります。
このハーブの苗を主体に野菜苗を売っているお店は、
昨年から見られます。今回はこのお店よりも
古くからあったハーブの苗屋さんが撤退していました。
商品のむらっ気が多いお店でしたが、当たりの苗は
それはもう素晴しい出来でした。
また、復活されることを期待しています。

RIMG0508.jpg

最近流行なのでしょう。
オーガニック野菜では、スプラウトが人気があるようです。
ガルバンゾーやカボチャの種のスプラウトまであります。

RIMG0515_20100316094857.jpg

実は、この日曜日午前2時にディライト・セービング・タイムが
はじまっていました。
日本語でいう「夏時間」ですね。
いつもの時間より早く行ったつもりが、みごとにお昼時間帯に
突入してしまい、会場内は大混雑。。。。

この写真は、(たぶん中国人の)アジアン・キッチンさん。
作っているのは「レモングラス・チキン丼」
お値段7ドルでちょっと高め。
もっとも、このようなファーマーズマーケットでは、
大抵の値段は、5割増し以上が普通です。
でも、これはちょっと期待はずれでしたかね。
レモンペッパーをかけて焼いたチキンがパサパサの
スチームライス(もちろん長いお米です)に
載っているだけでした。
どちらも、パサパサ。
日本人の味覚にはあわないんですね、これ。。。
こういうところでは、カバブーにしておけば、
よかったかなぁ、と反省。。。。


ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : カリフォルニアライフ
ジャンル : 海外情報

マグレブ料理のクスクス



久しぶりに快晴の続いたサンディエゴです。
しかし、残念ながら気温が低い!
本格的に気温が上がりだすのは、来週になる見込みだそうです。
27℃程度にはなるそうです。
来週からは、本格的に庭仕事に取り掛かれるでしょう。。。

RIMG0383.jpg

で、小寒い時には、煮物料理とあいなります。
クスクス
最近でこそ、よく知られるようになったのですが、
日本ではあまり見かけなかった料理です。
フランスでは結構ありましたね。
なんとなく、親しみの持てる味、スパイススパイスしていない
ところが気に入って、パリではずいぶん食べましたっけ・・・

RIMG0381_20100309105420.jpg

大事なのは、これ(スムール)ではなくて、かけるスープの方です。
これはこれで、便利なパスタです。
同量のお湯をかけて、電子レンジでチンすれば、
あっという間に準備できる優れものですが、
料理のメインは当然スープ。。。

RIMG0458.jpg

「たかがクスクス、されどクスクス」だそうです・・・
手間隙と時間をかけるのが一番といわれますが、
はっきり言って、手間隙というほどのことはありません。
時間はかかりますが、一度作れば後は暖めなおすだけで、
当分の間は持つ量です。(あまり少ない分量で作ると
この手の料理は美味しくできません。大量に作って
後は冷凍にするのがコツかもしれません)
なので、美味しいものは何週間続いても大丈夫な方には、
とてもお勧めできる一品です(笑)。

[材料]
鶏肉・骨付きで500g程度
にんじん、1,2本
ジャガイモ、2,3個
ズッキーニ、1本(なければ省略。なすでも良い)
かぶ、または、大根、蕪なら2個、大根なら、10cm位.
ガルバンゾー、水煮缶1個(400g位)
たまねぎ、3個
オリーブオイル、200cc
トマト・ペースト、大匙3
ハリッサ、大匙3
タビル、大匙1
塩・胡椒、少々

これくらいです。
案外少ない品目かと思いますが、これに水4ℓが入りますので、
それなりに大鍋が必要になります。
羊肉を使うのが本格的という本もありますが、現地でも鶏が
一般的だそうです。宗教的に、獣は羊になるのでしょうが、
煮込む時間が3倍は見ておかねばなりません。

RIMG0382_20100309105508.jpg

作り方も簡単です。
オリーブオイルで、スライスした玉ねぎをよく炒め、
そこへぶつ切りした鶏肉を入れて、さらに炒めたら、
ぶつ切りしたニンジンを加えて、トマトペースト、ハリッサ
タビルを混ぜて軽く炒めて、水4ℓを入れます。
ここから弱火で1時間煮込み、鶏肉が柔かくなったら、
ガルバンゾー、ジャガイモ、ズッキーニ、カブまたは
大根を入れてさらに1時間以上煮込みます。
ここで、味をみて、塩コショウしますが、くれぐれも
濃くしないように。。。ちょっと薄味すぎる、くらいで
ちょうど良くなります。
最後に、ハリッサを添えてサーブします。
スムールに、お好きなだけスープをかけて、
お召し上がりください。

このつくり方を書いていて気づいたのですが、
このスープのレシピって、キャベツのない
毒だし野菜スープダイエット」のスープと
ほとんど同じですね。
炭水化物であるスムールを入れなければ、
ハリッサタビルの両方に大量に入っている
唐辛子・カプサイシンの分だけ、ダイエット野菜スープよりも
ダイエット効果が高いのかもしれません!!


ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村




テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

マグレブ料理のスパイス



夕焼けが、神様出そうなサンディエゴです。
雨が降ったり、日が照ったり、強風が吹いたり・・・・
安定しないので、気温が上がりません。
こんなときには、体調に十分注意しませんと。。。
なにしろ、アメリカは医療費自前の国です。
日本みたいに、人間ドック1万円(100ドル)なんていうことは
ありえません。
検査一つで、30万円くらいの請求書が回ってきます。
くわばらくわばら・・・・

RIMG0420_20100311085344.jpg

さて、前回クスクスを紹介いたしましたが、
これに代表されるマグレブ料理(北アフリカ地方の料理)には
万能香辛料とも言える旨辛スパイス「ハリッサ(アリサ)」が
あります。
もうひとつ、チュニジアのミックス・スパイス「タビル」。
材料としては同じようなものを使うので、一緒に作ります。

まず「タビル」。
材料はこんなところです。(上の写真)
唐辛子(粉末のものが楽です)、小匙1
ニンニク、2カケ
コリアンダーホール、大匙1
キャラウェイシード、小匙2
これらをすり鉢ですりつぶし、オーブンで乾燥させたものを
さらにすりつぶしてパウダーにするのが、本格的な作り方。

RIMG0422_20100311085344.jpg

これでは大変なので、すべてパウダーを買ってきて、混ぜて
しまうと、こんな感じ。
これでも、冷蔵庫なら長期間保存できるはずです。

もうひとつのスパイス「ハリッサ(フランス語だとアリサですね)」は
パウダーではありません。
Amazonにもありますが、よく見かけるのはチューブ状のもの。
(本体は200円くらいですが、送料がめちゃくちゃ高い!!)
クスクスでは、ちょうど「おでん」の辛しのようにお皿に
添えられています。

RIMG0427_20100311085344.jpg

材料としては、先のタビルと似ています。

唐辛子(レッドペパー)、100g
ニンニク、5かけ
塩、少々
クミン・パウダー、小匙3
コリアンダー(パウダー)、小匙4
キャラウェイ(パウダー)、小匙2
オリーブ・オイル、60CC

主成分は唐辛子ですね(笑)。
今回は韓国産の唐辛子(中粒)を使いました。
日本のと違って、香りが華やかで甘味を含んでいます。
ニンニクをミルサーですりつぶしてから、これにオリーブオイル以外を
あわせて、よく練ります。
ペースト状になったら、保存するビンに入れて、オリーブオイルを
注ぎこみ、よく練っていきます。
最後に表面がかくれるように、オリーブオイルを張って冷蔵庫で
保存します。

この工程では、加熱していませんので、長期保存はできません。
その分、チューブ物に較べて、素晴しい香りが楽しめます。

とにかく香りが命なので、スープやパスタ、パンに塗ったり
ゆで卵や目玉焼きにつけたり、ピザや唐揚げに、と使いまくります。
唐辛子の苦手な方なら、全量を二分の一か三分の一で試してください。
「鷹の爪」で作らない限り、それほど辛さは感じないかもしれません。
唐辛子の品種によって違いがでると思います。

好みなのでしょうが、これにシナモンやミントのパウダーを
入れるレシピもあるようです。
市販品もメーカーによって香味が違うようなので、作る家の
数だけレシピがあるのでしょう。

RIMG0458.jpg

さて、いよいよ本命のクスクスです。
ここで作った「タビル」と「ハリッサ」をたっぷり使います。

続く・・・




ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

雨の日曜日とクスクス



雨の日曜日となったサンディエゴです。
毎週一日程度の雨は、いまの季節にはありがたいことなのですが、
できれば、ファーマーズマーケットの有名どころのある日曜日は
勘弁して欲しいところです。

RIMG0435.jpg

しかし、この季節に雨が降ると、楽しみが増えてきます。
これは、バラフの芽。
最近、フレンチの新種のサラダ素材として出てきた
多肉植物です。葉先に塩の粒をつくる性格があります。
よく見ると、葉の表面に光る粒粒がありますよね。
食べて見ると、ちょっと塩味を感じます。

RIMG0436.jpg

これは、シャンツァイ、コリアンダーの芽。
去年のこぼれ種です。
毎年、勝手に生えてきます。

RIMG0444_20100309105420.jpg

青シソの芽もありました。
ここのところ、ずっと寒かったのですが、芽を出しました。
発芽温度には、全く達していないのですが、積算したのでしょうね。
これも、こぼれ種。毎年ここで、育てて、枯れると全草土に鋤きこんでいます。
それにしても、この子たちは、連作障害ってないんでしょうねぇ・・・・

RIMG0381_20100309105420.jpg

寒いから、という訳でもないのですが、突然モロッコ料理。
「鶏のクスクス
これは、良く「クスクス」と言われている「スムール」。
まぁ、クスクスですね。
この辺り、よく分からないのですが、この世界最小のパスタ自体を
クスクスというのか、または、これにスープ(もしくは、シチュー)を
かけた料理全体をクスクスと呼ぶのか。。。。
ちなみに、アメリカ西海岸では、この粒粒をクスクスと呼びます。
そして、普通はスープはかけられていません。
サラダのような扱いです。

RIMG0382_20100309105508.jpg

本物と思われるものを食べたのは、プロヴァンスを訪問したときの
経由地、パリでした。
そのときは、モロッカン。チュニジアのクスクスは、もう少し
濃いものだそうですが、さらさらのスープとごろごろの野菜の
イメージが強くて、こんな姿で作っています。
モロッコでもチュニジアでも、フランスではマグレブ料理と
一色単にされてしまうようですけど、それぞれ主張があるようです。

今回は、マグレブ料理の万能調味料・ハリッサとタビルも作っていきます。
サンディエゴにも、モロッコ料理のレストランはあるのですが、
残念ながら、ハリッサとタビルのあるお店が近くにありませんでした。
つくり方が簡単なので、自作することにしました。
ちなみに、この真っ赤な色は唐辛子です。
オリーブオイルに煮出したような状態ですので、ラー油ですね。
いかにも、辛そうですが、辛さは感じません。
チリペパーの甘味を含んだ香りがコリアンダーの柑橘系の香りと
相まって、野菜の甘さを引き立ててくれます。

さて、作り方は次回・・・


ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

猫いらずと胡麻プリン



サンディエゴは、まだ低温の日が続いています。
なにしろ、沿岸を寒流が通るこの地域、頼みは日照時間なのですが・・・
どうも最近は雲が多い。
終日曇り、という日はないのですが、サンディエゴ
一日の最高気温が、午後4時頃になるので、午後からの
雲の発生はてきめん、堪えてしまいます。

RIMG0376.jpg

それでも、季節は春。
ジャスミンは、順調に咲きだしています。

RIMG0370.jpg

先日、設置した害獣対策。
何者かは来たようです。
猫いらず」だけを食べまくっていったようです。
このメイド・イン・USAは、やっぱりダメでした。
予想の範囲内ですけどね。
「変な物があるな」って思わせられれば、まぁ成功の部類でしょう。
値段相応の働きってやつです。

RIMG0386.jpg

さて、週末になりますので、スィーツを作ります。
今回は、体重対策「反省・胡麻プリン
(多分)低カロリーのお手軽「胡麻プリン
できるだけ、簡単に作ります。

RIMG0320_20100306103041.jpg

材料は、こんなもの。
豆腐14oz.約400g、ゼラチン 7g×2、牛乳700cc。
胡麻 好きなだけ。チューブの練り胡麻が使い易いですね。
ここでは、韓国産のものがあったので、すり鉢ですりました。
砂糖も好みですが、ここでは、100g使っています。
総重量1.2Kg超の胡麻プリンです。

RIMG0318.jpg

豆腐と胡麻をフードプロセッサで混ぜます。

RIMG0321_20100306103131.jpg

ゼラチンは、少しの水でふやかしておいたのち、
牛乳の半分を加えて、沸騰させないように煮溶かしていきます。
ここに、砂糖も投入。完全に溶かします。
溶けたら、牛乳の残りを投入。

RIMG0322.jpg

FPで混ぜた豆腐+胡麻ペーストに、ゼラチン・牛乳を
加えて、よく混ぜていきます。
この練りこみかたで、出来上がりが決まりますので、
ここはしっかり、ダマを残さず滑らかになるように
よっく混ぜます。

RIMG0323.jpg

後は、このまま冷蔵庫へ。
トータルで、1.2キロくらいの出来上がりになります。
卵もなし、生クリームなしですから、かなり低カロリー
じゃあないか、と思いますが・・・いかがでしょう?

RIMG0386.jpg

1.2キロだと、減量にはならないかもしれませんねぇ・・・・
質量保存の法則・・・。

ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村


テーマ : カリフォルニアライフ
ジャンル : 海外情報

雛祭りですね。



きょうは、日本では、ひな祭りですね。
今のサンディエゴは、みどりいっぱい、新緑の季節です。
て・・・ただの山か、雑草野原・・・ですね。

サンディエゴの冬には、(他の季節に較べて)たっぷり雨が降ります。
この後に、どっと草が生えてきます。
どう見ても、砂漠のような粘土質の台地も、この時ばかりは
緑に覆われます。
でも、土台が大したことありませんので、こんな状態。
とりあえず「鮮やかグリーン」が青空に映えています。

DSCN7835.jpg

この季節、山肌に乱れ咲くのは、この黄色い花。
ユーカリですね。
ネコヤナギに似ている、この花は何度か登場しています。

DSCN7830.jpg

日陰を好む木なので、普段はあまり目立たないのですが、
この時期に、沈丁花のような香りを漂わせているのが、
このクリーム色の花です。
形もなんとなく似ていますね。

DSCN7829.jpg

これも、ここのところ良く見かけますが、
開花は年中続くようです。
オーストラリアローズマリーなどと言う、失礼な名前だったりします。
ウェストリンギアです。

DSCN7837.jpg

これは、マヌカ。
ニュージーランドの有名なティー・ツリーです。
この辺りでは、大抵写真のようなダブル・フラワーです。
一重咲きの白花が欲しくて、南カリフォルニア一円の
ナーセリーに問い合わせしたのですが、全くありません。
不思議なこともあるものです。
ニュージーランドでは、白花一重咲きが最も基本の
品種で、大抵のところで人の背丈以上に成長した木を
見ましたが、カリフォルニアにはありません。
その代わり、深紅の八重咲きはたくさんいます。

アメリカ人の趣味性の問題でしょうか?
アメリカ人は、ゴージャスなのが好きですからね。
そういえば、アメリカ人は美人の女性を表現する時、
「彼女はゴージャスだ」とよく言います。
「楚々とした美人」というものは、ここでは
存在価値がないし、ありえないのです。
どちらかというと、コテコテ系の方がモテルようです。
だから、カリフォルニアでは、コンテンポラリィな
デザインは流行りません。
案外、垢抜けないのがアメリカですねぇ。
以前、フランス、プロヴァンスに行ったときにも、
このセンスの違いは強く感じました。
「洗練された」という言葉の意味も、その国々によって
異なるようです。
もっとも、これこそ「趣味性」の問題で、それで善し悪しと
言うわけではありません・・・・が。。

RIMG0365.jpg

日本では、もう咲いていますでしょうか?
・白加賀」
サンデイエゴでは、もうこんなに葉が伸びました。
の花のような佇まいが好きなんですけどね。





ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

さぁ、春です。戦闘開始!



きょうから3月。サンディエゴでも、到来!
きのうまでの、ややぐずついた天気とは打って変って、
初日から、良い天気に恵まれました。

RIMG0367.jpg

なんとも、らしさを感じさせる光景。
日本の大部分に較べると、ここはかなり暖かいですが、
居住者から見れば、2月まではまさに冬なのです。

RIMG0360.jpg

一日で、なにが変るわけでもないのでしょうが、
ローズマリーたちも一段と勢いづいているような気がします。

RIMG0185.jpg

初日から、あっと驚くことが!!!
ラベンダー・エリアが、ぼこぼこです。
苗の根元が、ほじくり返されていました。

RIMG0193.jpg

フェンネルやローズマリーの、大きい株を好んで
根元をほじくっています。

RIMG0196.jpg

牛糞堆肥をすきこんでいたので、この辺りには、
コガネムシの幼虫がたくさんいます・・・
これを狙っていたのでしょうか?

足跡はありません。
小型の動物のようです。
山椒の幹に一部、樹皮をはがした箇所がありました。
どうも、げっ歯類のようです。
ここで考えられるのは、まずネズミジリス、野ウサギ。。。。
この庭で見かけた実績のあるものは、ネズミジリスです。

RIMG0337.jpg

対策、その一。
化学的対策。キラー・バー。
今時のネズミがこれにひっかかるのかどうかは疑問ですが。。。
まだ、雨が降ることも想定して、オール・ウエザータイプです。

RIMG0338.jpg

対策、その二。
物理的対策。「ネズミ捕り」
なんと、メイド・イン・USA。
名前もヴィクトリーですから、効くでしょう(多分???)
4個入り2ドルなり。。。安過ぎ。。。

RIMG0346.jpg

ほじくり返した穴を結ぶライン上に設置。
なんか、すーごくわざとらしいですね。
こんなん、踏む奴いるのかなぁ・・・・・?


ここまで、お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ・・・・いただけますと、
躍り上がってよろこびます!!

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村


テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

現在アメリカ南部、
ノースカロライナから
世界各地に出没。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会ロンドン
本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、エンスーな収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス
所持。登録ナーセリー経営者。


コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないと判断した方の
コメントは削除し、コメント
主は出入り禁止にします。

英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー(月別)
02 ≪│2010/03│≫ 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング
マーケット情報
ブログランキング
WORLD TIME
FX初心者の入門講座
Translate 翻訳
Recent Visitors
Flag Counter
free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ