晴天と猛暑



サンディエゴの「猛暑」などと書くことは、沿岸部コーストに限っては
ない、と思っていたのですが、この週末はすごかったです。
ここまで、2年間運転してこなかったエアコンをつけてしまいました。
外気温100F゜超でも屋内は涼しかったのですが、今回はダメ。。。
北のLAでは山火事がなかなか鎮火しないようで、こちらも
そろそろ警戒しなければならないでしょうね。
ちなみに湿度は30%代に突入しました。
南のメキシコでは、ハリケーンが発生し、今度の週末にも
北上してくるそうですが、サンディエゴに雨を降らせて
くれるかどうかは、疑問です。(たいていは、ハリケーン
来ても、雨にはなりません。)

RIMG0146.jpg

ここのところ平日でも混雑している浜辺は、日本式に
言えば「芋の子を洗う」ような状態。。。
もっとも、こういう綺麗な海ならOKですかね。。。

RIMG0156_20090901130901.jpg

海の見える崖の上の公園では、結婚式。
今の季節は、こういう結婚式がよく見受けられます。
花嫁さんとブライドメイドさんたちは、まだ涼しそうなんですが、
新郎さんと神父さんは黒ずくめで暑そうですねぇ。。。
この時期の公園の木々も、花と言えばトゲトゲジャスミンと
年中咲いているサンタバーバラタイプのローズマリーだけ。
この公園の植生はアロエのようです。




ブログランキングに参加しています。
宜しかったら、おひとつお願いします。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

テーマ : 暮らし・生活
ジャンル : ライフ

晴天と値段交渉



ファーマーズマーケットで見かける値段交渉シーン。
こんな園芸店でも見られます。

RIMG0096_20090829093836.jpg

ハンギングの素材などが豊富なお店なのですが、
ファーマーズマーケットに相応しく、ハーブも豊富。
ひとポット2.5ドルとずいぶん安くなっていました。

RIMG0086_20090829093837.jpg

こちらは、ジャガイモ専門店。
中身の色までは、確認できなかったのですが、
手前左の紫の皮の芋は、中身もパープルだそうな・・・
日本でも最近は、いろいろな品種が売られるように
なってきましたが、こちらはなんといっても主食です。
ただ、日本での品種名が全く通用しないのが
難点です。いちいち、食べて料理をしてみて
判断していかなければなりません。
まぁ、それも楽しみではあるのですけれど。。。

RIMG0092.jpg

『セージ山農場』のオーガニック産品と言ったところでしょうか。。
野菜やら果物やら・・・
この大きなスイカは、1ポンド10~20セント位。
安くて甘くて、食べがいはあります。
最近では、日本で見られるコダマスイカも作られています。
でも、大きい方が間違いなく甘い。量り売りもあって便利です。
もちろん、シードレス、種無しです。

RIMG0083.jpg

これは、前出のとは別のハーブ屋さん。
バシル類は時期的に、もう終わりでしょうか。
この大きさで2.5ドル、250円程度です。
手前のキッチンハーブ寄せ植えセットは14ドル。
1400円弱だと、微妙な値段ですね。
このままキッチンの出窓に置いて、毎日使えるのが
売りだとか。。。。


ブログランキングに参加しています。
宜しかったら、おひとつお願いします。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村



テーマ : 暮らし・生活
ジャンル : ライフ

晴天とファーマーズマーケット



晴天に誘われて、サンディエゴでも最も歴史の長い
ファーマーズマーケットに出かけました。
お金持ちとセンスのいい人たちの町のマーケットだと
安心して出かけられるのが良いところです。
値段の方は、その地域性を反映して、結構なお値段です。
この点は、他のファーマーズマーケットとは一線を画しています。
ファーマーズマーケットらしくないと、言われる点でもあるのですが、
"アメリカ最後の宝石”と言われる、住みたい街№1の住宅街です。
いろいろと、見てまわるだけでも楽しいものです。

RIMG0085.jpg

ファーマーズマーケット目玉は、第一に野菜。
基本はオーガニック。通常のスーパーでは、普通の野菜の
数倍の値段がつけられるオーガニック野菜ですが、
ファーマーズマーケットでは、かなり安い値段で売られています。
たぶん、一番のお買い得商品ではないでしょうか。

RIMG0088_20090827012023.jpg

ここのお店は、オーガニックトマト専門店。
なんと年中トマトのみの営業です。
さすがにいろいろと取り揃えています。
試食用も色とりどり。。。。

RIMG0100.jpg

これは、地場産野菜のコーナー。
サボテン梨(実)、何かの豆、トマッチェロ(食用ほうずき)などなど。。
サボテンは、そのまま果物として食べます。
トマッチェロは、細かくきざんでサルサにすることが多いですね。
メキシコ料理には必需品なのですが、最近のサルサには
入れていないものも多いようです。



ブログランキングに参加しています。
宜しかったら、おひとつお願いします。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : 暮らし・生活
ジャンル : ライフ

晴天とWild Animal Park


カリフォルニアの多くの学校は今週から新学期がはじまります。
というわけで、きのうは夏休み最後の日曜日のところが
多かったようです。

ガーデンとしては、これくらい大きなものもなかなかない、
Wild Animal Park

RIMG0045.jpg

入り口の行列も初めて見ました。
ここは、砂漠の中なのでいつもは開門一番を目指していたのですが、
きょうは出足が遅くなってしまいました。

RIMG0052.jpg

日本でいえば、サファリツアーのようなものですね。
一時、有名になったこの車でコースを回るツアーもあります。

RIMG0063.jpg

背景の禿山が、ここの本来の自然の姿です。
広大な敷地を灌漑して、この動物公園を造りあげています。
場内の従業員さんたちも、基本的にボランティアだそうです。
日本では考えられない運営方法です。

ここに植えられている植物は、当然乾燥地に強い、
ウォーターセービングな植物です。
多くは、ユーカリ類などのオーストラリアニュージーランド
木々が多いのですが、小型のものは、カリフォルニア
ネイティブもあります。
敷地の一部には、小さなハーブガーデンも作られていますが、
ウサギやリスたちの格好の餌場になっています。
なにしろ、こういう所ですから、わざわざハーブガーデン
見にやってくる人間など滅多にありません。

RIMG0067_20090825024333.jpg

おじさんと戯れるチーターたち。
ゴロゴロゴロ・・・・・・
やっぱり、ネコですねぇ。。。。。



ブログランキングに参加しています。
宜しかったら、おひとつお願いします。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

晴天とススキの穂


本日も晴天のサンディエゴ
天気予報では、雷雨の可能性もありということでしたが・・・
まぁ、こんなものでしょう。

いつの間にか、8月も後半に入り、ススキも伸びて
の気配となりつつあるようです。
サンディエゴでは、日本のに相当する季節は
10月から12月になります。
10月の山火事多発シーズンから少しずつ降水量が
増えて終息していく、といった具合です。
もっとも、今年のように異常に乾燥してしまうと、
例年通りいってくれるかどうか分りません。

RIMG0032.jpg

斜面に立っている家を見上げると、空の様子は
変り映えしていませんね。
ここの斜面は、とにかく緑にしたかったのか
規則性の読めないガーデンになっています。
ブーゲンビリアの隣に、ラベンダーの大株が
あったり、ローズマリーが繁茂していたり・・・。
ランタナあり、メキシカン・セージあり。。
パティオにはガラスフェンスがありますが、
それは海を眺めるためのもの。
決して、目線から下の斜面は見ないのでしょうね。

RIMG0034.jpg

それでも灌水と定期的な肥料は管理されているようです。
立派に育ったローズマリー

RIMG0033.jpg

直径2mほどの大株に成長していました。



ブログランキングに参加しています。
宜しかったら、おひとつお願いします。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

晴天とフロントヤード


今週のサンディエゴは、気温低めに推移。
海岸地区の最高気温は、22℃程度にとどまるようです。
そのためか、お昼過ぎまで厚い雲に覆われています。
1時過ぎ頃には陽も射してきますが、一日の最高気温を
示すのは、午後4時か5時頃です。
日本では2時あたりでしょうから、日没時間があまり
変らないことを考えると、気温の上り方はずいぶん違うものです。

サンディエゴによく見られるスペイン風の家。
カリフォルニアアメリカに併合される以前は、メキシコ、
スペインの統治下だったそうです。
そのため、サンディエゴのリゾート地としてのイメージは、
スペイン風。
明るい太陽と、黄色味を帯びた壁、オレンジ色の瓦。
海の青と、蔦やパームの濃い緑がよく映えます。

RIMG0013.jpg

一度気温が上がってしまえば、こんなもの。
午前中のぶ厚い雲も一掃されてしまいます。
家を建てて、天に至る海沿いの山。。。。
太平洋を一望にできるこの住宅地は、
とんでもない高額住宅地です。

RIMG0014.jpg

ガレージ脇のフロントヤードの一角。
白いトレリスにつる性植物を這わせています。
鮮やかなマゼンダは、ブーゲンビリア。
右端の、屋根より高い植物は、アカンサスです。
このあたりでは珍しくはない植物です。
地中海沿岸が原産地で、ギリシア建築のオーダーの
コリント式の意匠になっている植物ですね。
驚くほど、大きくなりますが、子株ができないので、
横へは広がらず、管理し易い植物です。


ブログランキングに参加しています。
宜しかったら、おひとつお願いします。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村



テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

晴天と海の見える丘


本日も晴天の続くサンディエゴです。

太平洋を望む、超高級住宅地。
一軒数億円という住宅がここの平均です。
中には、築200数十年という物件もありますが、築年数で
価値が下がることはないようです。もしろ、原型をよく保存した
物件は、使い勝手の悪い屋内の部屋割りを差し引いても
かなりの高額で提示されています。
一区画はけっこう狭い土地なのですが、こんな山の斜面では
いたしかたなし、なんでしょう。
狭いでも、よく整えられています。
家の値段相応に見えるように、家の周囲もも高級感が
溢れています。

RIMG0011.jpg

山肌にしがみつくように立っています。
この水のない土地に、これだけの樹木を維持しているわけですから、
ガーデンの管理には相当お金をかけています。
また、そうでなければ、この地区に住む資格はありません。

いずれも、海がよく見えるように、海側の壁はガラス張りです。
塀もガラスフェンスと呼ばれる透明なガラス。。。
ここでは、台風もハリケーンもありません。強い風というものも
たかが知れています。

RIMG0023.jpg

スペイン風の屋根瓦の家が多いです。
年中陽光に溢れた、ここの気候には似合う色彩です。
右手のオリーブの木は、この気候が好きなのでしょうね。

RIMG0027.jpg

鈴なりの実がついていました。
カリフォルニアでは、木の柑橘類ビワなどは
綺麗な色の実をつけることでを飾っているので
実を採って食べるという習慣はないようです。
オリーブの実も熟して黒くなっていく変化を
楽しんでいるようです。。。。


ブログランキングに参加しています。
宜しかったら、おひとつお願いします。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

晴天と敗戦記念日



ことしも日本敗戦記念日がきました。
しかし、なんで「終戦記念日」なんて耳触りのよい音で
誤魔化そうとするのでしょうね。
はっきり「敗戦」と言わないで、うやむやにするつもりなのでしょうか。。。
こういう「日本」は本当に恥ずかしく思います。

サンディエゴは、きょうも快晴。
負けた国には、辛うじて記憶に残っている日でも、
勝った側には、特段なんということもない一日です。
なにしろ、もう64年も前のことです。
偉大な敵に勝ったのなら、記念されましょうが、
もはや「死に態」の小国に戦いを諦めさせただけのことです。

ここ数日の日本からのニュースも、水掛け論の
選挙戦とのりぴー騒動の応酬で、いつの間にか、
原爆の日も過ぎてしまいました。
次世代に継承する教訓ってなんなのでしょうね。
毎年繰り返される神社詣ででしょうか?

RIMG0007.jpg

小高い山に少し登れば、素晴しい景観が楽しめます。
21区の伝道区のはじめの伝道所・教会が置かれた町。
修道院の開かれた町。

真珠湾のあと、太平洋艦隊の母港に戻った
このサンディエゴからは、昔は日本、朝鮮半島、ベトナム。
今はアフガンに向けて、海軍・海兵隊の実戦部隊が
出撃していきます。
今も西海岸最大の軍事都市です。

RIMG0010.jpg

空も海も、あくまで青く、ブーゲンビリアの赤い花が
目に沁みるこの港を出発すれば、あとは戦場が
待っているばかりの軍港の町です。



ブログランキングに参加しています。
宜しかったら、おひとつお願いします。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村




テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

晴天と街角の花々


相変わらず、午前中は曇り、昼には晴天のパターンが続いている
サンディエゴです。
近所の8本パームも、すっきり晴れた午後の青空を背景に、
すっきり立っています。
このパーム、じっと見つめていると変です。
手前の4本が手前右側の家のもの。
向こう4本が、お隣の家のものなのですが、栽培方針に
違いがあるようです。奥の4本は同じ成長度合いであったのか
まったく同じ背丈です。このように育てることもかなり難しいの
ですが、よく管理されたものです。
対して、手前の4本は順番に背丈を調節したのでしょうか?
このように、背の順に育てるのも結構難しいように思えます。
隣同士、腕を競ったのでしょうか?
近隣住民のひとりとして感想を、述べさせてもらうならば、
どちらの方針でも良いのですが、8本とも同じ方針で
育てた方がこの街区では見栄えがしたのではないかしら・・・。

まぁ、アメリカ人が、こういう事で隣人への気遣いを自主的に
行うというのは、考え難い事ですけどね。。。

DSCN7346.jpg

自分のプロパティの中ならば、本当に自由奔放に
やっています。もう繁れるだけ繁っているような黄色の
ランタナです。これは「蔓性」のランタナですね。

DSCN7338.jpg

こちらは、色変りする方のランタナ
このピンクと薄い黄色の花は、お気に入りです。
これは樹になるタイプでブッシュのようにこんもり
繁ります。蔓性のランタナは単色で小型の花が
咲き乱れるものが多いですね。
サンディエゴではグランドカバーによく使われています。

DSCN7501.jpg

木になるタイプのジャスミン
枝も堅く、鋭い棘も生えている凶暴な姿ですが、
花期は非常に長いです。まだ咲いています。
こんなところに植えられると、近くには車も止められません。
間違いなく、車のドアが傷だらけになります。
清楚な白い花、芳醇な香り、鋭い棘と三拍子揃った
街路樹ですが・・・・
自転車の子供とか、引っ掛かって怪我しないもの
なのでしょうか?
ないのかな・・・もしあったら、その家の持ち主が
訴えられるのがこの国ですものね。。。。


ブログランキングに参加しています。
宜しかったら、おひとつお願いします。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

晴天と芝生のシャワー



朝7時は、こんな曇天が続いているサンディエゴです。
湿度80%近く、気温は20℃程度と日本に較べれば
夏とは思えない数字ですが・・・。

ミドルスクールのグランド。
8月、あと2週間程度はお休みですね。
その間は、地域のリトルリーグが利用しているようです。
グランドの管理は、毎日2回のスプリンクラーと週2回の
ガーデナーの巡回。

DSCN7512.jpg

超長距離まで水を飛ばすのは、大型の長射程ノズル。
それにしても、すごい水量です。
これだけバラ撒くわけですから、この砂漠のような
地域に住むには、相応の負担が必要になるわけです。
ここの芝生は、マラソンと呼ばれている葉の太い
イネ科植物。クローバーのような優しい緑ではありません。
高麗芝のように繊細なものでもなく、葉は太く、茎は
硬く、根はがっちり土に食い込む乾燥地仕様の芝生です。
そうでもなければ、ここのような乾燥地では維持できない
のでしょう。これが雑草化したらと思うと恐ろしい植物です。

DSCN7509.jpg

朝方は、ぶ厚い雲でも、お昼近くには晴れてしまうのも
サンディエゴ
湿度はあっという間に60%まで下がり、気温も24度まで上昇。
コーストではきょうの気温はこれでおしまいですね。
もっとも、朝方雲が沸き立つのは、海岸線側のみです。
内陸側に10分も走れば、毎日が朝から晴天。
気温30℃位でしょう。


ブログランキングに参加しています。
宜しかったら、おひとつお願いします。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

晴天と芝生のキノコ


きょうのサンディエゴは、また晴天です。
この週末は、北太平洋からメキシコに吹き込む冷たい風の
ために気温が下がり、最高22℃になるそうな。。。。

確かに雲の多い青空です。
それにしても、もう8月というのに、ここ何ヶ月か雨が
降っていません。今年も半分を切っているんですけどね。
しかし。。。。

DSCN7490.jpg

この給水制限の最中の芝生に「季節のもの」を発見。
絞り込んだ水量のスプリンクラーにも耐えて
しっかり成長していたようです。

DSCN7491.jpg

日本庭園区画にも。。。。
擬似も、乾燥で死に態になっているというのに、
これだけ巨大化するとは、なんと丈夫なヤツでしょう。。

DSCN7494.jpg

水不足で葉の黄変した笹の根元にも生えていました。
こういう菌類というのは、水分の不足に一番弱いように
思えますが、どっこい、かなりしぶといようです。
効率的に吸収できるのか、または、消費量が少なくて済むのか。
どちらにしても、日本のキノコたちとはイメージが異なります。
傘はナメクジやダンゴムシの喰い散らかした痕がついていました。
美味いのかなぁ・・?


ブログランキングに参加しています。
宜しかったら、おひとつお願いします。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

お気に入りのハーブコーナー



自宅から近いところにあるナーセリーです。
サンディエゴに3店舗展開しているナーセリー。
そこそこ、珍しい品種が入っていたりします。
一昨年には、ここで青シソ赤シソミツバなどの
ポットの他に、すでに実のついた柚子の苗木が
大量に入荷していました。

お値段の方は、安いとは言いかねます。
大体は、1ポット4.99ドル、500円位です。
一般のナーセリーでは、このくらいの値段が普通です。


ここはハーブコーナー近くですが、手前の平台に
ならんでいるのは、ポットのゼラニウム
この台全てゼラニウムです。

DSCN7437.jpg

この区画は、バジル
食用以外にも、ホーリーバジル、グリークとかいろいろあります。
今は、もうそろそろバジルの季節も終わりに近いですね。
だいぶ花穂を伸ばしてきています。

DSCN7438.jpg

ティーハーブのコーナーで、匂いを確かめている人が
います。手前の紫色のバジルの穂は、タイバジルのもの。

DSCN7436.jpg

こんな風に、用途別に分けられているようですが、
分類の方はどうもはっきりしません。
ハーブの用途から考えると、重複する部分もありますし、
日本で学んだハーブの知識と、アメリカでの用途が
一致しないものもあるようです。


ブログランキングに参加しています。
宜しかったら、おひとつお願いします。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村



テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

ガーデンセンターの肥料コーナー



ガーデニング用の肥料は。こんな風に売られています。
と言っても、ただ積んであるだけですね(笑)。
定期的に係りの人が巡回してくるので、どんなものが
必要なのかは、尋ねてみるとすぐ択んでくれます。
逆にいうと、それほどの差異はない様子ですね。

DSCN7429.jpg

お花用が、15-30-15。この配列は日本と同じです。
ちょっとは、リン酸が多いようです。

DSCN7430.jpg

樹木用のスパイク。
これを木の根元にうちこんでおくと、ゆっくり溶け出してくれるもの。
サンディエゴの土は大体が粘土か砂なので、肥料分はかなり
少ないようです。樹木を植え込む際には、牛糞と肥料を入れるのですが、
2年もすると、すっかり流失しています。花が咲かなくなったり、
葉が黄変したりするのも、そのあたりです。
このスパイクは、年2回程度入れているようです。

DSCN7431.jpg

これは、フルーツ・ツリー用。
3大成分の比率がちょっと違う程度の差異ですが、このあたりの
人たちは、小まめに使いわけしているようです。
こんなので、使い分けになるのかなぁ、なんて思ってしまいますが、
当人たちは、大真面目でいろいろ説明してくれます。
普段大雑把なアメリカ人も、こと園芸の道に嵌ると、一家言持つ
ようになるのでしょうね(笑)。
なんとなく、微笑ましい。。。。当人は大真面目ですが。。。(笑)


ブログランキングに参加しています。
宜しかったら、おひとつお願いします。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

お気に入りのガーデンセンター


このガーデンセンターは、サンディエゴのリテールセールスの
ガーデンセンターの中では、お気に入りのひとつです。
サンディエゴ郡には、苗屋さんは多いのですが、
ほとんどが、業者向けのナーセリーです。
土建屋さんなどが利用するところで、園芸家の欲しがる
植物や特定品種は期待できません。
大きなパームとか。。ラベンダーなどでもトゥルーや
フレンチ、スパニッシュの区別もなく、ただ
ラベンダー、あるよ」みたいな扱い方です。
カリフォルニアのナーセリーは、こんな程度ですね。
細かいことは気にしない?
ガーデニングとは、土建業といった認識しかないようです。
アメリカ的といえば、アメリカ的ですけど、
園芸家には、すごいレベルの低さを感じさせてくれます。

北のオレゴン州やワシントン州になると、状況は
かなり違っています。ハーブ関係に限らず、
栽培農家が充実しており、かなりレアな品種でも
出回っているようです。
特にラベンダー・スティツと呼ばれるワシントン州の
専門農家などは、分類好きのイギリス人以上かと
思えるほどの繊細さで品種改良を進めています。
カナダのブリティッシュ・コロンビア州が近い影響が
あるのかも知れません。
気質の違いが感じ取れます。
こういうことは、寒い地方の方がよいのでしょうか?
南方の人は向いていないのかも知れません。。。

DSCN7450.jpg

暖かい地方は、植物の生育条件では恵まれて
いるのですけどね。。。
これは、パッションフルーツ。

DSCN7451.jpg

ちゃんと生っていますね。

DSCN7453.jpg

ここでは、多年草化してしまうモーニンググローリー。
アサガオ。。
DSCN7454.jpg
日本のようにいろいろな変り咲きがあるわけではありません。
こんな感じで、シンプルかつ鮮やかさを端的に楽しめるものが
多いようです。
このサイズのポットの値段としては、標準的なお値段が
付いていました。
2500円なり。。。

日本で品種改良が進んだのは、江戸時代だったそうです。
およそ500種あるというのは、すごい数字ですね。



ブログランキングに参加しています。
宜しかったら、おひとつお願いします。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村



テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持
正規登録ナーセリー経営者。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー(月別)
07 ≪│2009/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング
マーケット情報
ブログランキング
WORLD TIME
FX初心者の入門講座
Translate 翻訳
Recent Visitors
Flag Counter
free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ