7月も終わりの水生植物売場


きょうで7月も終わりです。
ことしも、あと残り5ヶ月となりましたが、ここサンディエゴの夏は
9月いっぱいまで。もう2ヶ月は続きます。
とは言え、こんなトンボも見られるようになってきました。
なんとなく、胴体がアメリカンなトンボ・・・・

DSCN7446.jpg

実はここ、行きつけのナーセリーの水生植物売場です。
こんな風にディスプレイしています。
水の中には、ボウフラ対策のカダヤシが泳いでいます。
アメリカでは、西ナイルウイルスがいますので、
ボウフラ対策は必須です。

DSCN7447.jpg

なかなか面白い光景。
水中には、ハンギングのような鉢が沈んでいます。
ハンガーの針金が水上に出ていて、品種名や値段が
つけられています。欲しいものがあれば、水上の
ハンガーを引っ張りあげて、レジにもっていきます。

DSCN7448.jpg

これが「池」。
庭に穴を掘って埋めます。いくつか組み合わせて
山水風景を作ることもできます。素材はかなり
厚みのあるプラスチック。水中ポンプで流れを
作るために、滝口が付けられています。
ひとつ3000円程度から。。。

DSCN7449.jpg
他には、こんな風にパピルスなどの水辺の植物が
売られています。
そもそも、水のない南カリフォルニアでは、水生植物
ガーデニングすること自体、かなり贅沢な事なのでしょうね。


ブログランキングに参加しています。
宜しかったら、おひとつお願いします。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

Home Depot Garden Center


昨日、紹介したガーデンセンターはHomeDepot
ガーデンセンターです。

庭やプールに限らず、家の事全般を取り扱うD.I.Y.センター。
もっとも、アメリカの場合、家の修理や改造は自分でするのが
当たり前なので、日本で考えるDIYとは、規模が違います。

なにしろ、日本は電気の配線ひとつ、水周りの配管ひとつ
取り付けるのでも許認可業者がしなければならない、という
許認可権限の横行する縦割り行政と利益独占しようとする
認可業者が結託して、国民を食い物にしている世界です。
そういう「共食い」をする事で、日本は生き延びてきたので
しょうけれど、世界の中では、日本は異常なケースでしょう。
つまらない作業まで「資格のある人」の独占事業です。

アメリカを含めて他の国では、自分でするのが、当たり前。
その為の環境は、よく整えられています。
自分でしないで他人に依頼したいお金持ちは、相応の
費用がかかります。自分でしない事に対する対価は
相応に大きいということです。

DSCN7423.jpg
ここのガーデンセンターは、全般に大物は安い。
サイズの種類は案外豊富だったりしますが、
品種はありきたりの一般的なものしかありません。
どちらかというと、造園資材が豊富です。
このあたりも、このお店の特色です。

DSCN7425.jpg
中の様子は、こんな感じです。
植物の品種ごとではなく、グランドカバー・コーナーなど
目的別、1ガロンポット・3ガロンポットなど大きさ別に
配置してあります。

DSCN7432.jpg
今の季節は、ブーゲンビリア。
小さいポットと、背の高いポット。

DSCN7427.jpg
これらは、中間の高さですね。
花のようにみえるのは、実はガクの部分ですから、
長期間色あせないのが特徴です。逆に、瑞々しさの
欠片もない無愛想な植物でもあります。
とにかく乾燥に強く、丈夫で手間いらずという便利で
可愛げのない植物です。
DSCN7433.jpg
これは、初めて見ました。
Siam Tulip?
チューリップとは言うものの、ショウガの花でした。



ブログランキングに参加しています。
宜しかったら、おひとつお願いします。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村



テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

芝生の補修作業


きょうは、朝早くからガーデンセンターに買出しです。
なにしろ、ここHOME DEPOTは朝6時から開いています。
ここ数日、お昼頃から気温が上昇するサンディエゴです。
庭仕事は、午前中勝負です。
DSCN7434.jpg
買い求めたのは、これ。SOD。
もちろん、これ全部ではありませんよ。
3枚です。1枚1.99ドル、200円くらいですね。
DSCN7397.jpg
実は、ことしの異常乾燥でプールサイドの
死んでしまいました。
で、きょうはこれのリプレイスメントです。
DSCN7456.jpg
買って来た芝生をこんな具合にレイアウトしてみたら・・・
新しいを型紙に見立てて、周囲をノコギリで
ザクザク切っていきます。

この芝生、シート状になっているのは、中にプラスチックの
格子(網)が入っているため。プラの1インチ角の網が
土とそれに根を張った芝生を支えています。そのために
カーペットのように取り扱いできるという便利なものです。
業者向けには、より幅の広い、長尺のロールケーキ状の
ものがあります。

ザクザク切ったら、死んだは剥します。
根を張っているので、3cm位の厚さで表土がなくなりますが、
新しく張る芝生も土の厚みがあるので、大丈夫です。

DSCN7460.jpg

こんな感じ。
後は、根付いて新しい葉を伸ばしてくれるまで、
毎日良く観察していなければなりません。
スプリンクラーでも枯れたのですから、しばらくは
灌水作業が続きそうです。


ブログランキングに参加しています。
宜しかったら、おひとつお願いします。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

暑い時には、酸梅湯。。



影が長くて夕方のようですが、サンディエゴの朝の風景です。
ここのところ、日中の気温がそれなりには上がるようになってきました。
最高気温28℃から30℃程度。もっとも、それは午後2時頃。
日の入りはちょっとづつ早くなってきて、朝晩の気温の
下がり方が早くなっています。15℃くらいになりますので、
日較差が大きくなっているようです。

DSCN7399.jpg

今回見つけたのは、これ「酸梅湯」。
台湾系スーパーで1ドルしないで購入できます。
なにが「ハイクラス」なんでしょう?
これを水3Lで煮出して作るらしい。

DSCN7409.jpg

まるで、怪しい「魔女の鍋」状態。

DSCN7411.jpg

中身はこんなのですが、大丈夫でしょうか?

DSCN7401.jpg

煮ている間に成分チェック。
なんか、英語がまちがっていますが。。。
サンザシ甘草ローゼル、乾燥させた。。
(燻製のか???)
新陳代謝を助け、暑気に効果ある・・・らしい。。

DSCN7417.jpg

冷ましてから、砂糖を加えて甘味をつけます。
リコリスだけではとても甘味は足りません。
だだし、指定されているように、3Lに対して
300gの砂糖では多過ぎますので、甘味を
見ながら控えめにしました。
お味の方は・・・・リコリスが入っているため
ちょっとマッタリした甘味があります。
漢方系の匂いと甘味。気にしなければ
体に効きそうな飲み物のようにも思えます。
よく冷やせば、甘スッパさがおいしいとも言えましょう。



ブログランキングに参加しています。
宜しかったら、おひとつお願いします。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村


テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

週末は、和食。。


こんな風景ですと、椰子の木影がいかにも南国風ですが、
それほど気温が上がらないサンディエゴです。

このあたりの住人は、人口比率から言えば、白人45%、
ヒスパニック28%、アジア系16%、黒人7%ということですから、
アメリカの中でも、日本人が日常の食材を求めることに
関しては、かなり容易な環境にあると思います。

食生活について考えると、アメリカの一般的な料理には
惹かれるところはありません。
食べたいのは、専らアジアンエスニック。
自分の体を考えたら、自然にそういう選択になるでしょう。
食の文化は、その国の歴史を反映しているというのは、
正しいと思います。チーズマカロニや、電子レンジ用
パスタが毎日の食事なんて想像したくもありません。

DSCN7094.jpg

小鯵の南蛮漬け。
LAYALG SCADと書かれて1.5ポンド一袋で売っていたもの。
もちろん冷凍物です。
なんだか分らないものは、取り敢えず、揚げてしまう。
小魚でゼイゴもはっきりしていたので、鯵と認定。
骨っぽそうなので、南蛮酢に漬けて骨ごと食べようと
考えたのですが、大正解でした。

DSCN7103.jpg
これは、和食なら定番中の定番ですね。
「甘くない煮しめ
野菜の出汁、昆布の出汁のみで炊いたものです。
決して「煮しめ」に味醂や砂糖は入れないで下さい。
折角の材料のうまみがぶち壊しになります。
こういうものを作る材料は、簡単に揃えられます。
こういうものを食べていれば、日本人でいられるかも。。。。
アメリカナイズされた食事を続けていると、日本人も
すぐに、体型だけアメリカ人になってしまいます。
あっ、アメリカ体型ではなくて、西海岸住民体型で
しょうね。東海岸側では、少なかったですね。

DSCN7122.jpg
メインはイカ飯でした。
イカは、南米ペルー沖のものらしいです。
日本でよく見られるイカと違って、全体が紡錘形。
胴の真ん中が異様に太いイカです。
調子に乗って米を詰めると、どんどん入ります。
挙句の果てに、鍋の中で爆発しますので、米の
量は慎重につめていかなければなりません。
味の方は、イカです。日本のイカ飯と違いはありません。
南米産だからといって、特段落ちることはありません。
日系スーパーの日本のイカの十数分の一の値段で
これだけ美味しければ、御の字です。



ブログランキングに参加しています。
宜しかったら、おひとつお願いします。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

アワフキムシ、再び。。。


暑い日が続いています。
サンディエゴのTV天気予報は、ほとんど当てになりません。
まぁ、天気予報ですから、これは日本でも同じかも知れませんが
なんとなく、日本よりも数段精度が劣るように感じます。

ここでは、中部と異なり竜巻もゴルフボール並のもありません。
台風ハリケーンもなく、年間通して同じような気候ですから、
注意する対象がないのかもしれません。
雷や雷雨も山岳部のみです。
あるのは、乾燥と山火事だけです。

DSCN7388wrose.jpg

そんな「夏」の日なので、庭仕事も朝早くだけにしています。
今年は例年になく乾燥が進んでいる為か、雑草も疎らです。

そんな中、ちょっと気になるくらい増えてきたのが、
アワフキムシ。
上の写真は、ホワイトとロゼアの枝に集中している
アワフキムシです。
通常は、春先の新芽の時期に発生しますが、
庭の外、住宅地外縁の雑草が茂りだす頃には
自然に減っていくものです。
住宅地の周辺に広がる谷間の緑地帯に
移動していくものらしいのですが、今年は
乾燥の為、谷の雑草も赤茶けて枯れています。
どうやら、水分を求めて戻ってきているようです。

DSCN7391LinW.jpg

こちらは、プールサイドのレディ・イン・ホワイト。
これにもアワフキムシが集中しています。
よくよく観察すると、ローズマリーの中でも
アワフキムシが好む品種とそうでない物が
あるようです。

DSCN7389Tuscan.jpg

こちら、強壮な性格で知られるタスカン・ブルー。
サンディエゴの気候に最も適応していると言われる
ローズマリーですが、ご覧のようにいません。
この庭には、合計100株ほどあるのですが、
ほとんど、ついていません。

DSCN7393bluespear.jpg

こちらは、ブルースパイアズ。
これも、ごく一般的な品種です。全くいません。

いままで観察した様子ですと、ここのアワフキムシは、
立性品種の特定品種(白花・赤)が好みのようです。
ただし、マジョルカ・ピンクにはいません。
匍匐性、半匍匐性品種では、ほとんどいませんでした。
好みの明確なムシのようです。

今のところ、これで明確な被害はないのですが、
これを排除しようとすると、厄介です。
アワの防壁を回らせているので、薬剤散布は
効果が薄いでしょう。
散水して水流で吹き飛ばす方法もあるのですが、
今は給水制限中です。
最後は、もっとも確実に、一匹づつプチッと
潰していく方法ですが、炎天下ではやりたくない。。。。
しばらくは、様子見です。。。。。


ブログランキングに参加しています。
宜しかったら、おひとつお願いします。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村



テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

サンディエゴで塩麹。。。


相変わらず、暑い日が続いているサンディエゴです。
一日の平均気温、20℃台前半、湿度60~70%程度と
日本に較べれば、快適過ぎる環境とは分っていても、
ここの環境に慣れてしまった体からは、の悲鳴が・・・・。

こういう時期には、なにかさっぱり系の食べ物を、と
思いついたのが、最近じんわりと話題になっている、
塩麹」と「塩麹漬」でした。

DSCN7247.jpg

幸いここでは「」が簡単に手に入ります。
567gで600円から700円程度です。
これを密閉容器に入れて、浄水をひたひたに注いで
一週間くらいおくと。。。。

DSCN7308.jpg

こんな感じで、いい匂いがしてきます。
甘酒のような香りですね。
180g位の塩が入っていますので、しょっぱ甘い味がします。

DSCN7311.jpg

これに適当にお野菜を漬け込んでいきます。
この「塩麹漬」ですが、作って見て気が付いたのですが、
キューリはとても漬かり難いです。根菜はよく浸透する
ようで、ほどよい塩加減・甘味が付くのですが、作例に
載せたキューリは、お勧めしません。
もちろん、十分時間をかければ漬かります。

DSCN7318.jpg

適当なビニール袋に詰めて、塩麹さんを大スプーンで
3杯程度。よく揉み込んだら、冷蔵庫に放置します。
2泊もすれば完成です。
もとの塩麹さんは、パックのまま、冷蔵庫で保存します。
糠床と違って、完成してしまえば、手入れの手間は不要だそうです。

DSCN7265.jpg

あとは、寝て待て。。。。。。



ブログランキングに参加しています。
宜しかったら、おひとつお願いします。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

夏到来?で、フィッシュ・タコス


この週末は、サンディエゴ・カウンティ全体が高気温に
恵まれたようです。
「恵み」かどうか、はさておき、とりあえず「」の状態。
いつも低温が続く海岸部の自宅も外気温90゜F。
摂氏32℃です。室内は25℃。
いつもは、せいぜい22℃程度ですから、暑さでへばります。
日本の方には申し訳ないようなサンディエゴの陽気です。

DSCN7373.jpg

気温はとに角、この乾燥は何とかして欲しいものですが、
海岸部の湿度は決して低くはありません。
ここのところの平均は、70%近辺。。。
熱帯雨林並の日本のに較べれば低いでしょうが、
ここの内陸部砂漠地帯に較べれば、かなり高湿度です。
しかし、雨は全く降りません。
朝晩、海からのぼって来るシーブリーズの湿度のせいです。
雷雨でもいいから、降って欲しいと雨乞いする毎日です。

DSCN7380.jpg

それなりにの食べ物は、ここではフィッシュ・タコス
これって、本当にメキシカンかどうかは、分りません。
でも、スナックとしては美味しいし、簡単なので、
暑い季節には手軽なものですね。
作り方は、簡単(にしたのですが)。
刻んだレタスとサルサに、この場合は白身魚を
煮た物を挟んだだけです。
今回は、スナッパー(タイ)をフィッシュブイヨンに
オレガノ、ライムを搾ったジュースを加えて
さっと煮た物。
フィッシュタコの場合、多くは、白身魚のフライを
挟むものが多いのですが、ソフト・フィッシュ・タコとして
メキシコ料理の本に載っていたのが、この方法です。
暑い季節は、なるべく揚げ物は避けたいので、
小鍋でちょっと作れる、この方法にしました。
ライムのジュースが爽やかで、おいしいですよ。



ブログランキングに参加しています。
宜しかったら、おひとつ宜しくお願いします。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

ダイレクトメールの園芸本


突然、こんなダイレクトメールが届きました。
40年間アメリカのマスター・ガーデナーだった人が書いた
バックヤードのトラブルシューティングの本だそうな・・・・。
345通りの手作り農薬肥料の本。。。。

はじめに連想したのは、日本の「自然農薬」の本でしたが、
これはまさに、それの「アメリカ版」でした。
でも、アメリカですので結構近代的な材料を使っています。

2009-07-16-2205-30.jpg

芝生が疲れてきて、活性剤が必要なときは、ビールと
食器用洗剤をスプレーすると良い、とか。。。。
芝生の雑草で強力なタンポポを退治するには、便器用
アンモニアを使う、とか。。。。
活力活性剤には、コーラを使いましょう、などなど。。

2009-07-16-2213-40.jpg

アメリカの害獣の対策も、ちゃんと載っています。
芝生の根を食害する動物から始まって、オケラ、モグラ、
ビートル(小型のコガネムシ)、カイガラムシ、アブラムシ、スズメ蛾。
鹿、うさぎ、ジリス、りす、アライグマ。。。。。
果ては、猫、スカンク対策まで家庭のもので作り出そうと
しています。
タバスコのようなチリ・ペッパーソース、食器用液体洗剤、
クレンザー、ベーキングパウダー、ビール、小麦粉、漂白剤
+酢などが多用されているようです。

アメリカらしいものとしては、エプソン塩。大抵の薬局に
ありますし、安い。日本では、主に業務用ですね。

それに、ビール、マウスウォッシュ、バーボン、コーヒー、
さらに砂糖はもちろん、オーツミールやドッグフードも。。。
これらは、いろいろな植物の活力剤として使うそうです。

その処方345通りというものですが、肝心の値段が
「21日間無料」としか書かれていません。
とても興味深い本ですけど、いざ欲しくなった時に
いくらになるのか・・・・・怖い怖い。。。。





ブログランキング参加しています。
よろしかったら、おひとつポチッと。。。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村



テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

サンディエゴ、朝6時。


5時頃から起き出していると、6時にはこんな空が見れます。
ここの人たちの朝起きる時間は、日本人に較べて
かなり早いように思います。
早く仕事をはじめて、やることをやったらさっさと帰る。

日本の職場と違って、時間で拘束されている仕事は
少ないようです。基本が成果主義ですからね。
帰宅ラッシュは、午後3時頃から。。。

ですから、朝の6時にもなれば、住宅地はお散歩タイムです。
ここの人たちは、よく運動します。
ご老人方は日がな一日、お散歩している姿をお見かけ
しますし、若い方々は走っています。
日本のように税金をばら撒いてはくれないので、
健康管理にはずいぶん気をつけているようです。
この国では、内視鏡検査などで保険を使っても
自己負担が30万円もかかります。
日本では2500円から7500円ですね。
お金がかかるとなると、人間は自己管理をするように
なるのでしょうね。

DSCN7361.jpg

この木立のジャスミン、いまだ咲き続けています。
5月から咲き初めてきましたから、長持ちする花です。
大きな実もつけていますが、これもほとんど一年中見れます。

DSCN7362.jpg


DSCN7372.jpg

春の風景とは違った色合いになった山肌です。
夏の時期は、降水がなくなりますので、草の類は
枯れて茶色に見えます。
画面下から伸びる道は、通勤通学路です。
自転車や徒歩で、谷を渡り(水なし川です)、
向かい側の住宅が見える丘まで、行きます。
アメリカの人たちは、運動量は確かに大きいようです。


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

アメリカでシャワートイレをつける


突然、バスルーム・ネタです。
オーガニック・ブームの影響なのか、近所の地元スーパーでも
気軽にエッセンシャル・オイルが買えるのは良いことです。
いろいろ揃えられるので、気分に応じてフレグランスを
調合できます。
これは、ラベンダーとゼラニウムのルーム・フレグランス。
濃さを変えれば、ヘアスプレー(寝癖直し)にもなりますね。

さて、きょうタイトルに取り上げたのは、ウォシュレット
シャワートイレです。
アメリカ製もいろいろ出てはきているのですが、まだまだ
かなり珍しい種類の設備です。とても高価なものです。
日本では、もう当たり前になっていますね。
おかげで、かなり種類が出ていますし、価格競争も進んで
圧倒的に安価です。

例えば某大型カメラ店では、200ドル、2万円程度から
いろいろな機能が付いたものがあります。
アメリカ製で、この値段では、冷たい水しか出ません。
このように書くと日本の方には不思議に思われるかと
思いますが、「温水の機能」がついていないのです。
アメリカでの扱いは、あくまで「ビデ」ですから、
洗えれば良い、という感覚です。
当然、便座の保温や着座センサーもなく、節電機能も
ありません。
これらの機能が付くモデルは、500ドル程度以上。
有名メーカーのT社製なら、軽く1000ドル、10万円を
越える値段も普通です。

と、いうことになると、この夏休みの期間に日本に
里帰りする人たちに提案するのは、この「便座」の
お持ち帰りです。
もちろん「温水洗浄便座」は、日本国内専用です。
国外では使用できません、とただし書きが
ありますので、設置・使用は自己責任です。

DSCN7320.jpg

でもアメリカ製便器にも、無改造で取付けられます。
電源、諸機能とも問題なく作動します。
唯一心配だったのが、給水管のサイズなのですが・・・

DSCN7322.jpg

この形に取り付けると、本体付属の分岐管で大丈夫でした。
何とか、HomeDepotのお世話にならなくとも配管できました。
ただし、アメリカの給水管にはもっと細いタイプもあるので、
この場合は、ホースを変えるのが一番安上がりな方法です。

ちなみに、日本に出張したことのあるアメリカ人には
二通りあるようです。
ひとつは、「洗浄」トイレの使い方が分らず、一度も使わずに
帰ってくる人。もうひとつは、これにハマッて、アメリカに
帰ってきてから、これを探している人だそうです。

きょうは、「便座」のアメリカ生活になってしまいましたね。
でも、このブログ、本当はハーブアロマ生活です(笑)。


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村


テーマ : 暮らし・生活
ジャンル : ライフ

爆睡ねこと鯖寿司


ほんとうは、バックヤードの小動物対策だったのですが、
今やしっかり、家しています。
庭を通り抜ける他のに対しては、猛烈な鳴声で
警告するのですが、他の動物に対しては神様のごとく
寛大なヤツです。
一日の大半は、こうやって寝ているんですねぇ。。。

DSCN7123.jpg

起きるかどうか?
ぴかぴかの鯖が手に入ったので、早速〆て鯖寿司
してみました。気が付くかな・・・・と、思ったのですが、
酢〆には興味がなかったようです。

〆る酢にちょっとだけ、みりんを加えて食べ易くしています。
寿司飯には、生姜梅干しそを混ぜ込んで、酢は
かなり少なめに。上にのる〆鯖が酢〆ですからね。

サンディエゴには、旧ヤオハン系のスーパーがあり、
年1回、鯖寿司の特売会を開いています。
1本10数ドルします。すごいですね。
自分で作ると3ドル程度です。四分の一。
それほど面倒はないですね。
アメリカは、質を問わねば、何でも手に入る。
ただし、お金次第です。

DSCN7095.jpg

一応、野菜も食べなければ。。蓮根マリネ
何度か登場しています。
要は適当に切った、蓮根と赤・黄ピーマンを
甘酢に漬けているだけなのですが、見た目が
綺麗なのと、冷蔵庫保存では驚くほど長持ち
するのが取柄です。酢の中にある限り、へたな
漬物よりも長持ちします。
一度、お試しください。


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

ローズマリー、7月の近況


今年初めの冬に満開だったアープですが、再び咲きはじめました。
ローズマリーの立性品種は、咲く季節が明確で、「冬」です。
多花性とか四季咲きというものは、ほとんど見られません。
ですので、この場合は本体に何かしら異常が起きている
と考えるのが妥当です。

今年の場合は、異常な乾燥状態です。
2007年の大山火事の年よりも、乾燥しています。

すでに立性品種で6株がお亡くなりになっていますので、
この場はとにかくバックアップを取っておくのが唯一の
有効な対策となるでしょう。

DSCN7299ing.jpg

イングラムも咲き始めています。
これは、半立性ですので、本来の花期は冬なのですが、
他の季節にも、少しは花をつけます。
しかし今回の咲き方は多過ぎるように思えます。

DSCN7301ing.jpg

上がってきている蕾の数も多いです。

DSCN7302ben.jpg

ベネンデン・ブルー。
これだけ咲いていると、冬と違いがありません。

DSCN7303ben.jpg

当家のバックヤードは、ローズマリーガーデンですので、
真夏の今時分は、濃いグリーン一色が基本の姿です。
ガーデンの意図が分らない方から見れば、それは面白味の
ないですが、管理者からはそれが健康の“証”なのです。
この時期に、似つかわしくない鮮やかな青い花、本来あるべき
ではない姿ほど、見たくないものはありません。

人間界と同じですけどね。。。。


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

タイのデザート、カノム・モーケン。


気が向くと、何かしら作っています。
8月末まで、カレッジもお休みですしね。

今回は、かなりお手軽なデザートです。
材料はこれだけ。
本当のカノム・モーケンはタロイモのお菓子ですが、
ここでは、ココナッツミルクプディングに徹してみました。
ですから、本格的なカノム・モーケンを目指す方は、
タロイモを加えてくださいね。
タロイモのない方は、里芋で代用する手もありのようです。

DSCN7249.jpg

さて、プディングですから、主原料(と言っても原料は3つだけ)の
卵を割り、砂糖を混ぜたら、ひたすらかき混ぜます。

DSCN7250.jpg

よくよく混ぜたら、これを適当な皿(オーブンにいれます)に入れます。
自宅用なら耐熱皿でも、ケーキ型でも良いでしょう。

DSCN7253.jpg

卵10個、ココナッツミルク1缶400ccだとこれくらいできます。
約20cm×20cm×4cmの容器でちょうど位です。
ここまでの処理で約10分経過。。。
これをオーブンで焼いていきます。
170℃から180℃で30分程度です。

DSCN7259.jpg

出来上がりは、こんな感じです。
かなり熱いので、十分注意しながら冷まします。
熱が取れたら、冷蔵庫で冷やします。

DSCN7261.jpg

切り分けると、こんな具合です。
作る手間はかかりませんが、冷やす時間がかかります。

<まとめ>

卵   10個
砂糖  300g
ココナッツミルク 1缶(400cc)



にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

早朝のバックヤードです。


ここのところ、お天気はそれなりに回復基調。
というのは、サンディエゴの太平洋沿岸地域、コーストと呼ばれて
いる地区は、午前中は大抵ぶ厚い雲に覆われています。
お昼ごろになると、気温も急上昇して雲を吹き払ってくれ
るのですが、夕方になると再び太平洋から雲が押し寄せて
きます。
おかげで、7月というのに、午前中は15℃程度。
朝晩は、長袖が欲しくなります。

サンディエゴは、気象としては4つの地域に分けられています。
海岸線のコーストが一番気温が低く、そこから内陸に
向かってインランド。その東側にマウンテン。
さらに東に砂漠があります。
西海岸は涼しく、そこから東に向かって気温が上がっていく
ような感じで覚えると、凡そ当たっています。

きょうは、珍しく早朝から陽が照っていました。
このような雲が出ているときは、風が強いようです。
バックヤードは、真西を向いているので、家の影が
黒々と堕ちています。

DSCN7241.jpg

この方向が南。
この角度で見ると、かなり密植しています。右側の日本園区画も
アヤメがどっさり増殖しまくっています。
ここはポリ池があるので、水には事欠かない為でしょう。

さて、最近の問題点はこれ・・・・

DSCN7237.jpg

フェンスに近い野菜エリアに穴が多数掘られていました。
数週間前にも、牛糞を鋤きこんだ部分に穴。。。
両隣から猫の往来するですので、考えにくいことですが、
どうも地リスっぽい穴です。このあたりには、大量に居ます。
以前、このにはスカンクが巣を作っていたようなのですが、
この大きさでは、あの立派な尻尾は入らないでしょう。

土をならしておくと、すぐには来ないようです。
3,4日間を置いて、悪戯していくようです。
どうも、うちの猫は、働いていないようです。
トラップを仕掛けた方が良いものかどうか・・・。
日本なら、鼠ホイホイなんでしょうけどね。。。。

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

アーティチョーク


バックヤードの野菜エリアで育てているアーティチョークです。
サンディエゴで、手がかからずに育てられる
ハーブとしては、これとフェンネルが筆頭です。

カリフォルニアアーティチョークの生産量では全米一。
というか、アメリカでは、ほとんどカリフォルニアでしか
生産していないような状態だそうです。

虫も付かず(これを食べる奴がいたら誉めてあげたい!!)
病気にもならず、本当に手間のかからないやつですが・・・・。

DSCN7213.jpg

ある日突然、ドンッと咲いてしまうのですね。
まぁ、確かに蕾が開きはじめたから、食べるのは
諦めましたけれど、上の写真の状態で約半月、じぃーとしていました。
そして、きょうの朝には、どんっ!

それにしても、地面すれすれしか背丈がないのに、
立派な花を咲かせてくれたものです。
アーティチョークというと、日本で見たことがあるのは、
2m近い高さに巨大な蕾を乗せて、ゆらゆらしていたのを
覚えていたのですが、ここではタンポポ状態です。
これも、今年の水不足のせいでしょうか???


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村


テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

4th. Of JULY



Independence Day です。
この一週間、すっきり晴れたことがなかった空ですが、
きょうは晴れました。
家々には、星条旗。芝生には、小さい星条旗・・・これは
不動産屋さんが一軒ずつ刺していきました。
もし「売家に出す際には、担当させてくださいね」ということです。

DSCN7225.jpg

DSCN7228.jpg

星条旗の下は、カリフォルニア州の旗です。熊が描かれています。

公園では、コミュニティの記念イベントが開催されました。
昨日は、地域の人たちが芝刈りをしていた公園です。
今朝は、朝7時からイベントが始まっていました。
夕方5時からは、ジャズコンサート。
この公園、これから8月末まで、毎週末に芝生の上でコンサートが
開かれます。

DSCN7229.jpg

あちらこちらに星条旗です。スカーフにも・・・・。

DSCN7231.jpg

本日のサンディエゴの日の入は20時。
20時過ぎには、ショアで花火が打ち上げられます。
出店の食べ物は、ポップコーンにハンバーガー
ホットドッグと定番のものばかり。。。
大抵の人たちは、椅子持参、スナック・ドリンク持参と
手馴れたものです。

DSCN7235.jpg

ワンちゃんも星条旗のTシャツですね。


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村
本日は、「海外情報」でした。





テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

サンディエゴのジャガランダ



ちょうど、今頃が季節になります。
ジャガランダ。名前は、日本でもたびたび耳にしたことがありますが、
サンディエゴでは、ちょっとした街路樹にもよく植えられています。
鈴なりになった青い花がかなり印象に残る木です。
一説には、「サンディエゴの桜」とも呼ばれているそうな。。。。

DSCN7127.jpg
遠目には、桐の花のように見えますが、アップにすると
こんな感じです。花と葉の形状からお分かりのように、
豆科の植物で、円盤のような鞘を作ります。
この派手な外見から分るように、南米ブラジルが
原産地の植物です。

カリフォルニアというところは、ネイティブ・プランツの
少ない所です。環境も植物にとって厳しい場所です。
元々人間も居なかった所です。
移住した人間が自分たちに都合の良い植物をつぎつぎ
植えていった結果が今の姿なのでしょう。
住宅地の林はほとんどが、オーストラリアのユーカリ類。
庭木で多いのは、ニュージーランドのマヌカの改良種。
街路樹は、このジャカランダ。。
一見緑の芝生に覆われているように見えるフリーウェイの
斜面や住宅地の斜面は、アイスプランツと呼ばれる
巨大なマツバボタンのような多肉植物に覆われています。
それらをスプリンクラーで灌水して維持している人間の
居住地なのです。人が去り、水が止まれば、本来の
赤茶けた砂漠に戻ってしまいます。

7月に入り、サンディエゴでも今月からスプリンクラーの
給水制限がはじまりました。
放水時間が10分間に制限され、違反すると1,000ドル
約10万円の罰金が課されます。
日本では、考えられないような罰金ですね。
本来、人が住んでいなかった所に住むということは、
それなりの負担が生じるということなのでしょう。。。


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村



テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

デザート・プレート


たまに、こんなものも作ってみます。

いろいろデザートの盛り合わせ。
左上から時計回りに・・・・
金柑の甘露煮。
はじめに種を取り、アクをとります。かなり苦いものですからね。
皺にならないように気をつけて慎重に煮込んでいきます。
綺麗な色あいのものですから、このままよりも、ゼリーか何かに
加工してもおもしろそうです。
酸味が強いので、寒天は難しいでしょうね。

真ん中は、スィートポテト
アメリカの人に出すと、大抵「皮」を捨ててしまいますが、
この部分がおいしいと思います。
西京味噌をちょっと入れて、塩加減を調製しています。

右上、トリフ、と言ったらよいのでしょうか。
チョコに柚子ピールを仕込んだもの。
その下が、元の生チョコ・日本風。
カリフォルニアでも「生チョコ」って言っても、通じません。
これは、日本の「チョコ」なのでしょうね。
日本人は喜んでくれるのですが、アメリカ人は
興味がなかったようです。

左下、渋皮煮
本当は渋皮を剥きたかったものの、渋皮なし
だと形が崩れてしまう、アメリカ
やむなく「渋皮煮」になりました。

以上、材料は全てサンディエゴの地元スーパーにて調達したものです。
アメリカでも、ここまでなら作れますね。。。

ちなみに、ポットラック・パーティでは完売しました。


にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村



テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持
正規登録ナーセリー経営者。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー(月別)
06 ≪│2009/07│≫ 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング
マーケット情報
ブログランキング
WORLD TIME
FX初心者の入門講座
Translate 翻訳
Recent Visitors
Flag Counter
free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ