ラベンダーの近況


我が家のラベンダーは、いまだ開花中です。
植え込みが一番遅くなったマンステッドが開花をはじめました。
DSCN4916.jpg
もう10月ですからねぇ。
本来ならば、ラバンデインの前に咲くはずの種類ですが、
カリフォルニアのいい加減な気候に騙されて咲いて
いるように思えます。
DSCN4921.jpg
こちらは、白い斑入りのウォルバートン・シルバーエッジ。
ラバディンです。
ことしは、株の充実に努め、開花はしないようです。
来年以降に期待します。
スポンサーサイト

テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

霧の朝


早朝からススキを見に行ったのですが、すごい霧でした。
濃いというか、厚いといったらよいのか。。。
DSCN4901.jpg
濃密な湿度の壁に押されるような重い空気です。
ことしは、霧が多いです。
さすがに乾燥地だけあって、雨はほとんど降りませんが、
シーブリーズをはじめとして、霧や低空に下りてくる雲や
空気を重くする湿度の塊りが多い年です。
昨年は、山火事が頻発したことで分かるように
夏の間、異常に乾燥したのですが、今年は一転、
70%の高湿度が毎日続いています。
日本の夏で湿度70%といったら、カラッと晴れた青空の
状態でしょうが、ここでは、ご覧のような濃密な霧の中の話です。
DSCN4897.jpg
いつもの谷の風景が、南画の世界に見えてきます。
DSCN4902.jpg
朝とは思えぬこの風景。
街灯まで、点灯しちゃっています。
これでも、お昼頃にはお日様がさしてくるのが南カリフォルニアです。。。

テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

茗荷の甘酢づけ


庭の隅に植えたミョウガが、頑張ってくれています。
どうやら、もう秋とも言っても良いこの時期が
カリフォルニアのこの辺りでは、ミョウガの季節のようです。
日系スーパーの店頭にも、ちらほら見受けられるように
なりました。
もっとも、値段は以前として高価なままです。
日本ではこの程度の量は、なんということもないのですが、
ここでは、かなりの贅沢品。
考えてみると、ミョウガというものは生で薬味にする以外の
食べ方は、あまり思いつきません。
保存のためなら、漬物が一般的でしょうが、なにしろ
この「少量」です。

ならば、甘酢漬け
まずは、ミョウガを熱湯で一瞬、加熱します。
上の写真は、湯からあげて冷ましているところ。
長く加熱すれば、保存性は良くなるでしょうが、
シャキシャキ感がなくなります。
保存性は酢に頼るとして、シャキシャキが残る程度で
引き上げます。
後は、少し冷まして甘酢に漬けます。
DSCN4863.jpg
適当なビンに入れたら、甘酢を注ぐだけ。
市販の甘酢でも良いでしょうし、自分の好みで作った甘酢
でも良いでしょう。これで、一晩寝かせれば、綺麗な色に
染まってくれます。
DSCN4953.jpg
出来上がりは、こんな風です。
加熱時間が短かったので、甘酢に漬けたまま冷蔵庫保存です。

テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

いちじくのジャム


カリフォルニアイチジクは、皮の黒いものが一般的です。
もちろん、緑のものもありますし、カドタと言われる和種も
たまに、売られています。
今回は、一般的な安いもので作りました。
なにしろ、ジャムですからね。数がいります。
普通の白砂糖をまぶして、しばらく放置しておくと、
水分が上がってきます。レモン果汁を加えたら、
ここから火をいれていきます。
DSCN4871.jpg
なんとなく、水が白っぽくなってきたのは、ペクチンが
溶出してきたせいです。
イチジクの場合、今回は皮ごと使っていますが、リンゴの皮や
みかんの「袋」ほどのペクチンは期待できないようです。
DSCN4883.jpg
ここまで煮込むと、とろみが出てきますね。
このあたりで火を落として完成です。

ジャム作りの難しいところは、砂糖の加減と煮込み具合です。
果実の自然の甘さを生かしたいのなら、砂糖は入れないか、
入れてもごく少量。
ただし、その場合、保存性は期待できなくなります。
煮込み具合も同様です。
煮込むと保存性はよくなりますが、果実らしい風味は飛んで
しまいます。
一般的には、ジャムは20分以内に作るものといわれています。
けっして、お鍋でぐつぐつ、長時間につめるものではありません。

ジャムは保存食ですから、味をとるか本来の目的を優先するか
は消費者のお好みしだいですね。

DSCN4939.jpg

こんな感じで、ヨーグルトと食べてみました。。。
黒い皮の色が真っ赤に変っています。

テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

ビル周辺の緑化資材


またまた、ご近所の風景です。
昨年まで済んでいた、アパートの近くになります。
(最近、あまり遠出しなくなりましたね。)

この辺りはオフィスビルやホテル、高級アパートが並んでいます。
高級感を演出するために、周辺の緑にもかなり手をかけています。
歩道に並ぶ一直線のパームの並木とか、ビル周辺をいつも
緑に飾るためのスタージャスミンの植え込みなどが
一般的な方法です。

日本のように、湿潤な気候帯にある国では、土に植えれば
しばらくは緑を維持することができます。
砂漠に近いこの地域では、完全管理で常緑を維持することが、
「非常な贅沢」にあたります。
DSCN4848.jpg

このオフィスビルの「麓・足元」にも、緑の絨毯がひかれています。
ところどころ、クリーム色の花が咲いています。

DSCN4849.jpg
スイカズラですね。忍冬とも言います。
ハニーサックル。かわいらしい花と甘い香りの蜜源植物です。
日本原産の植物ですが、いろいろ品種改良がされているようです。
日本では、トレリスなどに這わせて、立体的に見せているものが
多かったです。その方が花も香りも楽しめるとは思います。

ここでは丈夫さをかわれてグランドカバーです。
蔓性は刈り込みが楽なので、適しているのでしょう。
ここでは、花や香りは求められていないのです。

テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

ススキ


昨年も登場した、近所のススキ。
ことしも順調に出穂しましたって、結局一年中このふさふさの穂が
枯れることはありませんでした。
株も巨大なら、勢いも強力なものです。まったく、「アメリカン」な奴です。
日本のススキとは、穂の形状が違います。
DSCN4820.jpg
さて、自宅の周辺の谷を散策していくと、
DSCN4840.jpg
ありました。
野生化したフェンネルです。
そもそも、アメリカ大陸にはフェンネルはなかった訳ですから
これも、移民者がヨーロッパから持ち込んだものが
勝手に雑草化したものに違いありません。

以前、南半球のオーストラリアやニュージーランドで
幹線道路沿いに巨大化したフェンネルの並木を
見たことがありました。
観光などで訪れた日本人の目には特段どうという事のない
風景なのでしょうが、NZのネイティブ・プランツの中に
巨大なフェンネルが林立している光景は異様でした。
これはやはり、地中海沿岸で一般的な風景なのでしょうね。

昔々、プロメテウスが人間に与える火を、これの茎に
点して天から持ってきた。

でも、今回探していたのは、トーチを作るためではありません。
DSCN4842.jpg
この時期には、よく乾燥した種があるのです。
インド料理店などで、レジの脇に置いてありますね。
このまま食べても、独特の風味があるのですが、お茶にも出来ます。

なにしろ、これからは「天高く馬肥ゆる秋」。
フェンネルダイエットの一助となりますように!
って、要は食べ過ぎなけれゃいいんですけどね。。。

テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

青空、秋空


この季節なので、青空を満喫していただきます。

公園です。運動公園のようなところ。
野球とフットボールができるようになっています。
朝夕は、ウサギとリスの運動場になっています。
DSCN4824.jpg
日中は、海兵隊の戦闘機が上空で旋廻していきます。
青空は、戦闘機の運動場。。。。。

なんの訓練かしらね。ずいぶん低空で侵入してきます。
ここは、アメリカ本国の反対側、地球の半分を活動範囲
とする第七艦隊の実質的本拠地なので実戦部隊が
配置されています。
また、中東に出かけていくのでしょう。

DSCN4830.jpg
子供用には、ファンタジー。
遊具の屋根には、ドラゴンの巣があります。
う~む、アメリカの子供たちも、こういうのを好きなのでしょうか?

テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

ススキも大きいかな。。


アメリカは確かに大きな国です。
最近の金融界再編騒動にしても、アメリカとは言え、
たかだか一国の国内での騒動なのですが、これが
世界中の株価変動させてしまうのだから、考えて
みると大変な話です。

日本の有名な会社に「トヨタ自動車」という会社がありますね
昨年には、アメリカのGMという自動車会社の販売台数を
初めて上回り、世界最大の自動車メーカーになりそうになって、
かなり鼻息が荒かったようですが、内容を見ると相当お粗末な
空元気だったな、という感じがします。
結局、アメリカ頼みの売上だったのですね。
アメリカ市場はよく伸びたものの、他は低迷。
一番大切なはずの国内販売は減少という結果でした。

アメリカに助けられたのに、世界最大のアメリカのメーカーと
対等に評価されようという姿勢に卑屈なものを感じます。
まあ、今の日本の自家用自動車メーカーというと、トヨタさんと
ホンダさんしかないのが現状ですから、日本人としては
頑張って欲しいのですが、反面増長して欲しくないところもあります。

DSCN4818.jpg

金融界騒動も、ホームローン問題もどこ吹く風。。。
巨大なススキは今年も箒のような穂を掲げています。
DSCN4819.jpg

テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

ドッグ・ラン


星条旗の下には、カリフォルニア州旗がなびいています。
熊さんなんですよね。
ここは、州の公園というわけではありませんが、
この辺りでは一緒にあげているのが一般的です。
DSCN4801.jpg
海を見下ろせる公園というのは気持ちの良いものです。
誰かがこんないたずらをしていました。
う~む、どういう意味なのでしょうか???

夕方になると、ここは犬たちの運動場になります。
DSCN4803.jpg
飼い主さんたちは、自家用車で愛犬たちを連れてきて、
遊ばせています。
市内には、公園は結構ありますが、ドッグ・ランは多くはないようです。
加えて、訪れたいと思うような場所はさらに少ないようです。

ボール遊びに、フリスビー。。。
一通り運動させると、糞の始末をしてから、車でお帰りです。
送迎付きの運動施設。
人間のフィットネス・クラブと同じですね。

テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

サボテンの実


近くの公園で見つけました。
夏に咲いたサボテンの花に実ができています。
それにしても、すごい光景ですね。鈴なり状態。。。

この実は、スーパーでも普通に売っています。
カクタス・ペア」、サボテンですね。
DSCN4793.jpg
日本だと、このての実はドラゴンフルーツが有名でしょうか。
沖縄ではいろいろあるようですが、行ったことがありません。
売っているカクタス・ペア、味の方は、フルーツらしい酸味も
なくて、ただただ甘いだけでした。

テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

もうすぐ秋。なのに・・・・


9月22日まで、あと一週間を切ったというこの時期に
イタリアンパースリーに天敵が出現。
この辺りでは、アゲハチョウはほとんど見られないというのに、
一体どこからやって来たのか。。。
DSCN4775.jpg
この、鳥の糞状態のものは、数十匹発見しました。
どうも最近産卵されたものらしい。
昨年には見られなかっただけに、無防備でした。
汎用殺虫剤を滴るほどにかけてやっても
ビクともしません。
ならば、ということで、アンモニア入りガラスクリーナー。
スカンクも撃退できるというアンモニアに
硬直死していました。
一枚目の写真、もう死んでいます。

テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

秋の風物


暦の上では、9月22日がのスタートということになっています。
もう来週です。
いつもの青空にも、それらしい雲?。
こちらに来てから、あまりにも季節感のない気候ゆえ、
」というのは、紅葉が見えてからという感覚で
いたのですが、最近はさすがに違った感覚でとらえるように
なってきました。
湿度が上がる(70%くらいになる)、雲が増える。
朝に霧が出ている(日中は消滅しています)。
気温が下がる(2・3゜Fですから、わずかですね)。
あとは、これが再発する。。。
DSCN4685.jpg
夏の終わりの方になると、芝生に肥料を撒くのですが、
そのせいでしょうか???
盛んに発生してきます。
DSCN4689.jpg
立派だなぁ、なんて関心している事態ではありません。
DSCN4765.jpg
芝生との境界プレートを越えて侵入。
ローズマリー畑にまで「汚染地域」を拡大していきます。
まるで、SF映画並ですね。
よくよく見ると、なにやら食害されています。
どうやら、ナメクジ軍団はキノコが好きならしく、食べまくっているようです。
キノコだけでも気色悪いのに、ナメクジまで呼び寄せるとは
言語道断!!!!

テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

空を見たら、足元も見よう!!

DSCN4742.jpg
カリフォルニアの空は印象的だそうだ。
住んでいる者が「だそうだ」と言っては変に聞こえるかもしれません。
ただ、私の場合は、ここでそんなに「真っ青」で衝撃的な空を見たっ
という感覚がないのです。
もちろん、日本よりは青いとは思いますけどね。

過去10年に渡って毎年ニュージーランドに通ってきたの
ですが、初めてニュージーランドの空を見たときの衝撃が
強過ぎたのです。
青というより、紫に近い群青色の空。
空の色がこんなに違うものか、と思いました。
後から考えると、あれは拡大するオゾンホールの影響で
日本の約7倍にもなっていた紫外線の影響だったのでしょう。

NZはさておき、ここの空は本当に毎日変化の少ない空です。
空ばかり眺めていても、あまりに変らないので地面に
目を落とすと、しばらく余所見をしていた功罪がありました。
DSCN4697.jpg
あれあれ・・・・・。

DSCN4768.jpg
みごとな花ですねぇ。
こっちは、日々変化しています。
ちゃんと観ていないと、拗ねて花咲かせちゃいますね。

テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

本日は天気晴朗。


天気予報では、太平洋洋上からメキシコに向けて
ストーム(嵐)が接近中らしい。
カリブ海のハリケーン並の勢力になりそうなのですが。。
自宅近くの風景は、代わり映えしませんねぇ。
DSCN4746.jpg
ゴルフ場ではありません。ただの公園です。
住宅地内の公園も、平日の日中は人気がないですね。

多少、雲が多くて冷たい風が吹いています。
こちらの気温はきょう、70゜F、22~3℃程度です。
ここサンディエゴを鹿児島に例えると、北海道の北端ぐらいに
当るシアトルが80゜F、27,8℃位だそうです。
日本に較べて気温差が少ないと見るべきなのか、
はたまた、南カリフォルニア沿岸の寒流の影響が
大きいと見るべきなのか。
DSCN4762.jpg
平和で静かな9月11日です。
もう7年も経ったのですね。

テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

オーガニック・スーパーでの雑感


やっと、晴れらしい空になりました。
ここのところ、ハリケーンが続けざまに来襲していますが、
それは、ロッキー山脈の東側のこと。
西海岸では、なんにもありません。
カリフォルニアもサンディエコ゜辺りまで南下すると
地震なし、嵐なし、雨もなし。気温もほぼ同じの毎日です。

写真は、とある有名スーパー。
オーガニックで有名なテキサスのWhole Foodsです。
お店の名前からして「自然食」というわけです。
アメリカ全土に展開しています。

そもそも、このようなスーパーができたのは、他の
スーパーの商品への不信からだったようです。
広範な流通を可能にする、いつまでも腐らない生鮮野菜。
超長期間保存可能の安定して安価な食品の数々。
それらに疑問を持つ人たちが増えてきたからです。
高価で見栄えも悪く、たまに不味い物もある商品でも、
わざわざ安心な自然食品を求める人たちがいたわけです。
消費者側に選択の権利と自由を提供するのは、
この国の良いところです。

ここの売り場には・・・
DSCN4732.jpg
生きたミミズのパック詰めとか、
DSCN4733.jpg
生きたスネールなんかが売られています。
もちろん、ガーデニングの素材ですね。自然食ではありません(笑)。
先月までは、レディバグ、てんとう虫のパックもありました。
簡単なパック入りというところがすごいですね。
使い方も端的に容器に印刷されています。
これ一つですぐ使えます。

日本では、生物農薬というのは特殊なものという
認識なのではないでしょうか。
農家でさえ、使い始めたのは最近のことです。
まして、一般家庭のガーデニングでは。。。。。
(もっとも、絶滅寸前の日本農家に較べると一般家庭の
方が圧倒的多数派でしょう)

自然への負担が少ない方法で農業やガーデニングをやろう
という意識は、最近では珍しくなくなっていると思います。
ただし、使いやすい形での提供というアプローチができなければ、
意識だけでは何も変らないでしょう。

テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

そして、デザート編です。。。


ここまできたら、健康的なローカロリー・デザートも作りましょう。
材料は、こんなもんです。
豆腐、イチジク、卵、コーンスターチ。
レモンジュースはちょっと大げさなビンです。
使うのは、ちょっとだけです。イチジクは2個、卵は1個で十分です。
豆腐を電子レンジで5分加熱し、水分を飛ばしたら、
フードプロセッサーに投入。
コーンスターチ大匙4杯とレモンジュース大匙1杯、
卵1個を投入してかくはんします。
DSCN4727.jpg
とろとろになったら、準備完了です。
DSCN4730.jpg
型に流し込んで、イチジクのスライスを適当にならべます。
これで2個分。。
まるで、冷汁に浮かんだスライス・イチジク状態です。

あとは、340°Fのオーブンに入れて30分ほど焼けば
できあがり。摂氏だと170~180℃でしょうか。
簡単ですね。
で、何ができたかというと、
イチジクチーズケーキ風、チーズ・バター抜きバージョンです。
DSCN4737.jpg
焼き上がりはこんな感じです。。。美味しそうでしょう。。

テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

夏も終わりでしょうが、こんなものも。。。


海外の食生活というと、こういう発想はないのかもしれませんが。。。
USAキッコーマンのヒット作、パール豆乳
標準サイズで19オンス、約540グラムの豆腐。
ハワイ製の西京味噌などをそろえました。
これに、ブルースカッド(むろあじ)の自家製そぼろと
白身魚のアカウオ(日本名不明)をぱさぱさになるまで
フライパンで焼いたものを混ぜます。
DSCN4717.jpg
味噌がよく溶けるようにグリグリとまぜていきます。
すり胡麻も投入。豆乳を投入して(?)のばしていきます。
良く混ざったら、豆腐を崩して加えます。
「魔女の鍋」状態ですが、加熱していませんので、
意外にお気楽に作っていきます。
DSCN4709.jpg
はいっ。ご飯にかけて完成です。
冷汁モドキ。。。。
薬味は、塩もみした日本胡瓜、ミョウガ、アオシソ。。。

お味噌が入っているので、塩だけで味を調整してください。
まだ暑い時には、極力火を使わないお料理を考えたいものです。
豆乳が濃いときには、水で調節を。
お魚から、だしが出るので旨み調味料を加える必要もないという
優れものです。

テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

Caay、チャイ、カルダモンティ。


ぐつぐつ煮ています。
生姜カルダモンシナモンクローブ、チンピ。
水から煮出していきます。
お茶は安物の方が適しているので、袋入り100パック2ドルの
ティーバッグ。中身はくず茶ですね。
もともと、チャイというのは、製品化された茶のくずを
美味しく飲むために考えだされたそうです。
これにミルクを加えて、小さなカップへ。
そして、砂糖は少なくとも3杯以上。
日本のお茶は、水分補給の意味があるのだそうですが、
インドチャイは、お菓子の感覚だそうです。
ですから、量は少なくとも甘味は十分にとります。
DSCN4704.jpg
インドでは、陶器は清浄な容器ではないそうな。
チャイの器はふつう、金属製または、ガラス製だそうです。

テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

タスカン・ブルーのひねくれ


順調に成長してきた立性品種の典型、タスカン・ブルーですが、
3株あるうち、一株に変な兆候が出てきました。
上の写真、右奥も同じタスカンブルーですが、
枝ぶりが違う・・・・?
直線的に立ち上がるのが特徴の品種なのですが、
これは枝先が乱れに乱れて、下を向いてしまっています。
分枝も多く、葉も枝も細くなっています。
土壌も同じ、散水量もスプリンクラーで同じはずですが、
一体どうしたのでしょう?
DSCN4700.jpg
まるで、別の品種ですね。
タスカンブルーに期待している樹形ではありません。
乱れた枝はきり戻すしかなさそうです。
枝の数は豊富にありますので、切り取ったものは
お料理材料行きになります。

テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

Sea Breeze


シーブリーズというと、潮風とか海風という意味になるのでしょうが、
カリフォルニアの、ごくごく海に近いエリアでは、ちょっとニュアンスが
異なるように思います。
当家のバックヤードから見える風景。
今朝方は、かなり濃い霧が降りていました。
午前9時の風景です。
いつもは。。。。
DSCN4645.jpg
こんな風に見えます。
前方の山の向こうは、太平洋。
海を渡ってきた湿った空気は、重い雲になって山を覆って
しまいます。
この高湿度の雲のおかげで、春から雨の降らないここでも
植物が育っています。

ちなみに、写真では遠方に見えるこの山、実際には
ずっと近くに見えます。なにしろ、ここ、自宅からは
山を越えて海まで、車でわずか10分です。

この「シーブリーズ」に守られているのは、植物だけでは
ありません。
これのおかげで、これから秋にかけての山火事シーズンでも、
ここの海岸沿いの地域は安全なのです。
カリフォルニアでは、これからの季節、山火事が頻発します。
大規模かつ、あまりに多発するので消火ができません。
延焼を観察しつつ、自然に燃え尽きるのを待つのが
ファイアーファイターの仕事です。
乾燥地ですから、山火事にかける水はないのです。
燃えるものがなくなって消えるのを待つか、海からの
湿った冷たい風が消してくれるのを待つことになります。

海岸の住宅の人気が高いのには、景観以外の要素も
大いに関係しているようです。

とはいうものの、自宅のパティオから毎日楽しめる風景も
もちろん気に入っています。
夕焼け

テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

9月1日は、Labor Day


昨日になりましたが、アメリカでは貴重な祝日に当たりました。
Labor Day、ということで、9月の第一月曜日に当てられます。
必ず月曜日なので土曜日から3連休になります。
もともとは、1882年にNYで労働者がパレードを
開催したのが始まりらしいです。
日本でいえば、「勤労感謝の日」に相当するものでしょう。
もっとも、日本では「お上」から与えられた休日、
アメリカでは、労働者が獲得した国民の祝日です。

祝日ではありませんが、労働者の祭典というと、
日本ではメーデーが思い浮かびます。
メーデーは、共産主義者の祭典。
あくまで、一部の主義・思想の産物です。
日本人のように、強制的に参加させられることに
ある種の安心感を持つ国民には抵抗がなかったのでしょうが、
自由の国にはふさわしくなかったのでしょう。
受け入れられませんでした。

季節の良いときの連休は、ガーデニングや自宅の
改装などに費やされているようです。
当家でも、部屋の壁塗りにせいを出しました。

バックヤードの勢力図も、の後半にかかって
だいぶ変化してきています。
斑入りオレガノもキャットニップの圧力で
制圧されてきました。
見直しの時期になっているようです。

テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持
正規登録ナーセリー経営者。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー(月別)
08 ≪│2008/09│≫ 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング
マーケット情報
ブログランキング
WORLD TIME
FX初心者の入門講座
Translate 翻訳
Recent Visitors
Flag Counter
free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ