お焼きと。。。


Kabochaです。
こちらでもカボチャはKabochaなんですね。
日本でも良く見る、緑のかぼちゃです。
パンプキンと言うのは、皮の色がオレンジ色のものを言うようです。
パンプキンの一種でカボチャがあるというような感じです。
日本でも、いわゆる緑の「かぼちゃ」は、西洋かぼちゃと言います。
伝統野菜になっている、「鹿ケ谷かぼちゃ」とか、こちらに多い
バターナッツなどは、和種ということらしいです。
この辺りの使い分けは、よくわかりません。
もともと、カボチャは外来の作物だったわけなのでしょうが、
なんで「伝統野菜」とか「和種」なのでしょう?

今の季節は、メキシコ産のものが出回っています。
蒸してつぶして、お焼きにしてみました。
米粉を入れて、焼いているので、表面はパリパリ。
小豆も練りこんで、ほくほくです。
DSCN4676.jpg
見た目は似ていますが、こちらは鶏つくね
生姜をきかせた鶏ひき肉に、たっぷりの
葱を混ぜ込んで焼いています。
たくさん取れたシソの葉を貼り付けて、香りと見た目の
アクセントにしました。
スポンサーサイト

テーマ : 海外食生活
ジャンル : 海外情報

マジョルカピンク


今年2回目の開花が始まったマジョルカピンクです。
写真では、ほんのりピンクですが、実際には
もう少し、赤みが強いピンクです。
観察していて気付いたのですが、未だ枝の
伸長期なのですね。
花穂が付くのは、古い枝。
花がかたまっている上から、さらに若い枝が
伸びてきています。
日本では、開花期と枝の伸長時期とがはっきり
違っていたように記憶しているのですが、
ローズマリーが、一年を通して成長できる
カリフォルニアでは、同時進行してしまうのでしょうか。
DSCN4666.jpg

テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

すっきりしない空


なんとも、すっきりしない空です。
ここのところ、海から冷たい湿った大気が流れ込んで
いるようです。
日本の空なら、綺麗な青空が見えているという状態でしょうか?
何しろ、ここは雲があること自体、珍しい南カリフォルニア
DSCN4647.jpg
ガーデンでは、ローズマリーの2回目の開花時期に入っています。
これは、イングラム。濃い青い花が特徴ですが、冬よりも明るい
花色です。
DSCN4649.jpg
先日も登場の「の守り神」
きょうは、伴侶も連れ添っているようです。
右側に見えますか?
なるほど、これだけ体位差があれば、将来の非常食候補と
いうのも理解できます。。。

テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

Plumbago


Royal CapeとかImperial Blueと呼ばれている植物です。
写真左の青い花です。
名前だけ聞くと、ラベンダーのようですね。

この辺りでは、ごくごく一般的な花です。
春無遅くから咲きはじめ、をとおして咲いています。
温暖な地域では、一年中咲くとのことですが、
見ている限り、春から秋まででしょうか。
もともとは、フロリダやアリゾナ、中央アメリカが原産地になる
そうです。
高さ幅とも4ftになるということですので、約1.2m。
写真の大きさが、ちょうどそのくらいですが、
実際には、それ以上大きく育ちます。
伸びるのが早いので、冬ごとに強剪定が必要になります。
DSCN4643.jpg
個別の花は、単純な形で、特徴のあるものではありません。
とにかく、クラスターの数で頑張るタイプですね。

強い日差しと、水はけの良い土壌を好むので、
土手やフェンス、生垣(Wall)に適しています。
かなり強健な植物なので、日本にも適合しそうですが、
私は日本国内では見たことがありません。
生垣にするには、幅をとりすぎるのでしょうか?

テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

夏のコンサートも最終回


なんとなく、秋空でしょうか。。。サンディエゴの季節感でも
ちょっとは変化が感じられるこのごろです。
カレンダーは8月も終わりが近づいています。
夕方の影が長くなってきました。
DSCN4634.jpg
7月から毎週末続いてきたフリーコンサートも、
今週が最終回です。最後はなぜかロック・グループの登場。
DSCN4608.jpg
夏休みは終わったけれど、子供たちはたくさん集まってきます。
DSCN4632.jpg
こちらは、飲み物を売ってお小遣い稼ぎをしている子供たち。
なぜか、恐竜が置いてあります。。
DSCN4625.jpg
コンサートを楽しみながら、夕食。
5時から7時の時間帯なので、夕食ですね。
レモネードにシチューにビスケット。。。アメリカンなふつうの食事。

食事の準備に時間がかかることは、まず主婦に嫌われます。
電子レンジでチン、というのが理想的かつ一般的。
したい事がたくさんあるので、食事の準備なんかに時間をかけたくない、
という考え方をする主婦が普通です。
アメリカだけではなくて、イギリスでもニュージーランドでも。。
イギリスの影響を受けた国のせいなのでしょうか?

昨年プロヴァンスを訪問した時には、異なった習慣が見られました。
かの地では、地味でも時間をかければおいしい料理ができる、と。
田舎と都会の違いみたいな、感覚にも感じられます。
ちなみに、ここでもメキシコ人は食事の準備に時間をとられるようですし、
中国人、韓国人、ベトナム人、インド人などアジア系の料理というものは、
そもそも調理に時間が必要になっています。
白人と有色人種の生活の違いというわけでもないようです。
これも文化の違いなのでしょうか?
DSCN4633.jpg
アメリカ人の適当な食生活に反応しているうちに、
陽射しが長くなってきました。
DSCN4640.jpg
コンサートは、予定をちょっとだけオーバーして、
7時すぎに終わりました。
今年のシーズンはこれでおしまい。
つぎは、ハロウィーンに向けての準備がはじまります。
本当に、楽しむことは次々続いているのが、アメリカなのかも知れません。

テーマ : **暮らしを楽しむ**
ジャンル : ライフ

獅子唐。。。


突然、アップで登場させてしまいましたが、
当家の稼ぎ頭の「シシトウ」ジャパニーズ・ペパーです。
たった一株、気まぐれに購入したものですが、
高さわずか30cmたらずのくせに、成るわ生るわ。。
週2回の収穫ペースで毎回10数本採れます。
でも、なにしろシシトウです。
ピーマン代わりに使う程度ですね。
なにか、大量に消費できる料理があればいいんですけどねぇ。
家庭菜園で、たくさんできた野菜というものは、往々にして
利用法の限られるものが多いですね。
ラタトゥーユにピーマン代わりに入れれば
かなり保存性も上がりそうですが、たまに辛い奴があるし、
悩ましいことです。

テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

ハーブガーデンの守り神?


季節感の薄い、我がハーブガーデンです。
ここでは、ローズマリーは順調に育つので、
ローズマリーの暦に合わせれば、凡そのハーブの季節が
推し量れるのかも知れません。

手前が依然として開花中のラバンジン、プロバンス。
その向こうに、枯れかかっているのが、開花が終わって
しばらくになる、ロイヤルヴェルベット。

DSCN4592.jpg
じっと動かないで、画面中央にいるものが見えますか?
DSCN4590.jpg
ずいぶん成長したものです。
これだけ大きくなると存在感があります。
クモは、形が恐ろしげなので、人にはずいぶん嫌われている
ところもあります。
ガーデニングしている側から見ると、これは益虫(虫ではありませんが)。
腹がへっても、大事な植物に手を出すことはありません。
かなり大きな昆虫もよく捕まえてくれますし、食が足りていても
とりあえず捕獲して、悪さをしないようにしてくれます。
これで、くもの巣を張りすぎないでくれれば、◎なんですけどね。

テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

柚子


ことしの柚子です。
昨年は、20数個の収穫がありましたが、植え替えした今年は
このひとつだけ。
気難しいのが柑橘類だそうですが、ちょっと極端ですね。

ここサンディエゴのガーデンセンターでは、柚子
苗木はそれほど珍しいものではありません。
もっとも、生産が盛んに行われているか、というと
そんなことはなく、季節になると日系スーパーの1軒に
ライムなどといっしょに2,3日並ぶ程度です。

ちなみに苗木は、50cmから1m程度のもので、
約30ドル、3000円程度です。
山椒の苗が30cm程度で60ドル、6000円くらいする
ことを考えると、お買い得かもしれません。
DSCN4584.jpg
守り神のハチさんに睨まれたので、そうそうに退散しました。

テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

ラベンダーグループ


当家のラベンダー・グループですが。。。まだ元気です。
もはや9月になろうとしているわけですが、ラバンジン中心に
頑張っています。
日本のラベンダーに較べると、驚異的に長い開花期です。

上の写真は、Sachet。
良質のエッセンシャルオイルで知られる品種です。
夏・秋二回咲くということですが、この調子では単に
咲き続けているだけ?
ラバンジンではなく、Angustifoliaです。
DSCN4578.jpg
こちらは、デンターダの斑入り種、リンダ・リーガン。
二期目の開花です。花穂があがってきました。
DSCN4579.jpg
葉に焦点がいっていますね(笑)。
このランダムに斑の入る品種は、あるハーブ雑誌の編集者の
名前を冠されているそうな。
ラベンターやローズマリーはじめ、ハーブには、夫人の名前を
付けたものや思い人の名前を冠したものが多いですね。

テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

イレーネ、2回目の開花


ここ一ヶ月の間に、夏のお客さん方が続けて、
来訪されていたのですが、お盆も終わって落ち着きました。
日本では、今週くらいで夏休みも終わりですね。
こちらでも、9月からの新学期を控えて、スーパーなどの
新入生セールがはじまっています。

暦のうえでは、ということなのでしょうが、
気候としては特段変ったことはありません。
ただ、庭のローズマリーたちはそれなりに
を感じて、二季咲きのものが開花を始めています。
写真のイレーネ(ドイル)が満開になりました。
一度立ち上がってから、地面に向けて
枝を伸ばすという、変った樹型のローズマリーです。
半立性のひとつでしょうが、ウッドなどとも
違う形ですね。
DSCN4571.jpg
実物よりも白っぽく写っています。
DSCN4573.jpg
花の大きさは、ごく標準的にものです。
プロストラタスよりは、少し大きめです。

テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

ラバンジン・アブリアル


ラベンダーの開花は、7月までにほぼ完了して、
今は枯れ枝状態ですが、送れて開花してくる
ラバンジンは7月以降ずっと咲き続けています。
DSCN4549.jpg
花穂のステムが非常に長いので、こんなに
樹形が乱れてきました。
四方八方に飛び出して、花火みたいですね。
これは、アブリアル。
DSCN4550.jpg
こちらは、ラベンダーのシャロン・ロバーツ。
ラベンダーでは唯一、まだ咲いています。

どちらも、日本ではなじみの薄い品種ですが、
世界では、かなり有名な品種です。

テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

アイリッシュモス


我が家の日本園区画でグランドカバーをしている、コケモドキです。
アイリッシュ・モスと呼ばれています。

日本のある園芸サイトに、日本でアイリッシュモス
呼ばれているナデシコ科のサギナのことが書かれていました。
これと同じです。

そのサイトでは「ちなみに、英名ではソレイロリアをアイリッシュモス
いいます
」と書いていました。
この著者は何を言いたかったのでしょうか?
「日本では(英語で)アイリッシュモスと呼んでいますが、英語圏では
ソレイロリア(コケイラクサ)をアイリッシュモスと呼ぶ」と言いたかった
のでしょうか?
アイリッシュモスは英語です。
ソレイロリアは英語圏では、ティアーズと呼ばれていますので、
この著者は間違っています。
知らないならば、余計なことは書かなければ良ろしい。。
分からないものは、先生でも分からないのです。

DSCN4534.jpg
コケではない証拠に、ナデシコに良く似た白い小さな花を
咲かせ、このように種を作っています。
コケなら花も種もありえないですね。

テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

Well Sweep Golden


アメリカで見つけて珍しいと思ったローズマリーの品種のひとつです。
Well Sweep Herb Farmで選抜された品種だそうです。
何が違うか分かるでしょうか?
DSCN4536.jpg
遠目に見た方が分かりやすいのですが、
ブログの映像からはなんとも判断しにくいので、
アップにしてみました。
DSCN4540.jpg
斑入りではないのですが、全体に穂先の方が
黄色っぽく見えませんか?
春には、明るい黄色になるとのことです。
葉の色は夏になるに従って、濃い緑に変化していくそうですが、
まだ、今のところは全体に黄色味を帯びているように見えます。

ローズマリーで黄色の斑入り種は、3種が良く知られています。
ギルテッド・ゴールド(黄色の斑入りということ)といわれる
立性で幅広葉の斑入り種。
ジョイス・デバッジオ(または、ゴールデン・レイン)という
立性細葉の斑入り種。
アウレウムといわれる不規則に黄色の斑が入るもの。

このWell Sweep Goldenは斑入りではありませんので、
これらとは全く異なるものですが、この明るい葉色は
ハーブガーデンのアクセントになるものです。

テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

廿日大根と黄色いニンジン


我が家の菜園エリアです。
後作も特に何も考えていなかったので、植えっぱなしの二十日大根
約1mほどの高さに成長し、開花結実しています。
DSCN4547.jpg
根元が赤いですよね。
これ、日本ではよく売っている物で、「キスミー」なる
赤白のミニ大根だったはずなのですが。。。
DSCN4548.jpg
タネもこんなになってしまって、今や鳥たちのデザートと
化しています。水分を十分に含んでいるので、種ができる前に
太った鞘を食べています。
ここでは、水分を含んだ果実は貴重なものらしいのです。
花には、毎日夕方になるとハチドリがやってきて、
ホバリングしながら蜜を吸っています。

DSCN4558.jpg
こちらは、スーパーで売っているニンジンです。
一袋0.9Kg約100円。
このようなパッケージと値段はごく一般的なものです。
DSCN4560.jpg
中身はこれ。レインボーキャロットなので、
いろいろな色合いのニンジンの詰め合わせです。
これをどう料理しているのか、は分かりません。
たぶん、こういうパッケージのものは、生のまま
持っていって、お弁当にしているのだと思います。
この辺りの、子供たちのお弁当を見ていると、りんご1個とか
ニンジン1本というのが多いのです。
色違いのニンジンで興味を惹いているのだと思います。

テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

ちょっと嬉しい。。。


なんと、ミョウガの花が咲いていました。
3月の末に植えて以来、葉の成長も思わしくなく
ことしは、植え込んだ年なので、諦めていたのです。
DSCN4553.jpg
蕾本体は、厚めに敷いたマルチの中なので、ほとんど見えません。
こうしないと、日中の強烈な陽でドライミョウガになってしまいます。
DSCN4554.jpg
ここのところ、日中の湿度が高かった(75%程度)のが
良かったのかもしれません。
本体の方も、わき芽がたくさん伸びてきています。
DSCN4556.jpg
初収穫は、この3個。
日本のように、佃煮をつくるほどには採れません。
こちらでは、手に入ること自体、大変な事です。
もし、売っているとすれば、これより2回りほど痩せた
ものでも7,800円から1000円すると思います。
大体、マツタケ1パックと同等の値段です。

テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

放置すると・・・


ここしばらくの間、訪問者に関っていたため
の世話を放置していました。
その結果は、これ。
なんとも立派なものが生えたものです。
DSCN4249.jpg
今年は昨年と異なり、午前中は毎日のように、
厚い雲に覆われています。
湿度も75%程度をキープしているので、異例に過湿。
きのこたちにとっては、又とない環境です。
DSCN4251.jpg
スプリンクラーまわりは、こんな風にきのこに占領されていました。
これを餌にする昆虫たちが集まらないうちに、処理しなければなりませんね。

テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

レゴランドのハーブコーナー


カリフォルニアのレゴランドは、カールスバッドという所に
あるのですが、ここは、水源があるため農業が盛んな地域でもあります。
そのためでしょうか、地元産のフルーツが売られていたり、
ハーブコーナーがあったりします。
DSCN4478.jpg
ハーブの簡単育成キット、みたいなものですね。
DSCN4480.jpg
参考書やパック入りのものなど、いろいろあります。
DSCN4482.jpg
この袋も、簡単育成キットになっていて、
DSCN4481.jpg
このディルのように、口を開いて水を注げば、
そのまま「鉢」になるそうです。
DSCN4483.jpg
こちらは良く見られるものですね。
ふたが受け皿。ふたも鉢も自然に還元される素材で
作られています。
DSCN4485.jpg
綺麗な装丁の分だけ、お値段は高めのようです。
DSCN4488.jpg
お土産を利用手に抱えて、お帰りのご様子ですね。

テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

ハンギング、いろいろ


レゴランドで見つけたハンギングです。
自宅のパティオが殺風景なので、ハンガーを取り付けて
ハンギングを楽しもうか、などと考えていました。
取り付け方と、給水方法の参考になればと
記録しておきました。
これから、ハンギングを楽しもうと思われている方々には
何かしら、参考になるかも知れません。
上の写真は、ハンガーの取り付けと給水パイプ。
柱の真ん中にある黒い丸いものは
スプリンクラーヘッドをドロップ式に変更したもの。
両側のハンギングに各4本の給水パイプが伸びています。
DSCN4466.jpg
左側のアップです。
パティオからの配管の取り回しが分かりますね。
DSCN4467.jpg
DSCN4468.jpg
上手にデザインされています。
これだけ大きなバスケットになると、上部のパイプ類は
ほとんど見えません。
DSCN4469.jpg
バスケットが隠れるほど長い蔓植物をあしらった例。
豪華に見えます。また、これだけ大きくなると水の
蒸散も盛んでしょうから、いちいち人の手で給水をしている
わけにはいきません。どうしても、スプリンクラーを
使用するのが前提になってくると重います。
DSCN4472.jpg
今は、時期的にこれらが多く用いられているのでしょうか。
たくさん使われていますね。
DSCN4470.jpg
DSCN4471.jpg
DSCN4473.jpg
DSCN4474.jpg
DSCN4475.jpg

テーマ : ♪素敵なガーデンライフ♪
ジャンル : ライフ

大急ぎで、観光しています。


夏の「お子様観光団」の帰国日程が迫ってきたので、
アメリカの紹介も大急ぎで進行します。

まずは、ニューヨーク。摩天楼だ!
DSCN4406.jpg
そして、サンフランシスコ。。坂の町並み。
DSCN4438.jpg
自由の女神も見せてから。。。
DSCN4441.jpg
タージマハル廟にも行かなければ・・・
アメリカにあるけど。これは、インドね。
DSCN4436.jpg
これもアメリカらしい光景かな。。
DSCN4431.jpg
アメリカの一般的な農家を見学させてから、
美術館へ。。。
DSCN4457.jpg
「爪を噛む男」
DSCN4458.jpg
「Oh!No!!」

しかし、凄いものですねぇ。
なんでも作ってしまえる事を証明してくれています。
DSCN4401.jpg
入り口では、これがお出迎え。
最初からびっくりさせてくれます。
DSCN4402.jpg

カリフォルニアのカールスバッドにある
レゴランドでした。
世界には4ヶ所あるそうです。
レゴのテーマパークというより、レゴの博覧会か、
レゴの「庭」と言った感じです。
子供向けの乗り物も多数あり、遊園地のようなもの
ですが、無料で乗れる物が多かったのが印象的でした。

DSCN4403.jpg

テーマ : **暮らしを楽しむ**
ジャンル : ライフ

プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持
正規登録ナーセリー経営者。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー(月別)
07 ≪│2008/08│≫ 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング
マーケット情報
ブログランキング
WORLD TIME
FX初心者の入門講座
Translate 翻訳
Recent Visitors
Flag Counter
free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ