道端のナーセリー



温泉からの帰り道、たまたま見つけたナーセリーに立ち寄りました。
初めて伺ったのですが、入り口でオーナーの方が気さくに声をかけて
きました。
DSCN1885.jpg

白いガゼボとガーデンゲートはディスプレイのバラ園のものです。
背景の縞模様は色々な色合いのサボテンです。
DSCN1891.jpg

サボテンの種類は豊富にあります。
DSCN1886.jpg

ハーブも一般的な品種は一通りあるようです。グラウンドカバーに
利用されることが多いようです。品種ごとにひと区画ずつ置かれて
います。品種名や学名、特徴、栽培の注意事項、値段が白いプレ
ートに書かれています。
結構詳しく記載されていて、鉢ごとに挿してある小さなラベルを
見ながら探すより、はるかに便利です。

DSCN1889.jpg

ここは山の頂上を整地してディスプレイガーデンと展示場にしています。
山の斜面には網目のようにスプリンクラーの配管が走り、品種ごとに
育成されています。フリーウェイを挟んだ山の斜面にはパームが育てら
れています。
DSCN1888.jpg

今が季節のバラの花の向こうには藁の山が・・・・・・・
プラポットに苗を植込む作業場にある用土の山です。
何種類かのコンポストの山に粉砕した石灰岩やピートモスを
ブルドーザーで混合しています。プラグトレイから取り出した苗を
プラポットに入れていくのはメキシカンが手作業で行っていました。
にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
スポンサーサイト

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

Lake Elsinore



サンディエゴとロスアンジェルスのほぼ中間にある
エルシノア湖に来ました。
昔ゴールドラッシュの頃にできた町だそうですが、
今は、本当に鄙びた田舎町です。
DSCN1877.jpg

内陸の出口のない湖ですが、湖底から温泉
湧いているそうです。鯉がたくさんいるとのお話でした。
なぜここに来たのかというと、もちろん温泉、しかも
日本式お風呂に入るためです。日本と韓国の方が経営している
温泉付きモーテルがあります。
サンディエゴから車で1時間半。ロスからも同じくらいでしょう。
DSCN1875.jpg

小さなロッジ風の家が湖向きに建っています。
夏には賑やかになるのでしょうね。

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

山火事の跡



クリスマス休暇ということもあって、近郊に出かけました。
北部のみかん畑が展開している地域ですが、
10月のWild Fireの爪あとはまだはっきりと残っています。
どうやら、この区画だけが炎の通り道になったようです。
DSCN1868.jpg

このコミュニティ全体がリゾートだったのでしょうが、いまだ
一軒も建て直していません。
焼け焦げた木々が山火事の凄まじさを記しています。
DSCN1869.jpg

誰かが飾った「炭の木」のクリスマスツリー。
一日も早く復興されることを祈ります。

テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

大売出し



クリスマスが近づくに従って、ホリディ用品はどんどん
値引き率が高くなっていきます。さらに26日になると
一斉に割引セール。
DSCN1848.jpg

来年の準備をする人はこの時期を狙って
買い集めています。
DSCN1847.jpg

在庫処分なのでしょうか。40%から70%引きまであります。
確かに毎年使えるものなのでしょうが、
その年の流行っていうものはないのかしらね?

テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

Myrtle Creek Nursery



サンディエゴとロサンゼルスの中間くらいに位置する地域には
多数の苗屋さんが点在しています。そのひとつを訪問してみました。
ここはリティル=個人客中心の販売店のようです。
DSCN1857.jpg

入り口には石造りの門。その上にハニーサックルのような蔓が
からんでいます。盛大に花を咲かせていますが、近づいて見ると
ちょっと見たことのない花です。葉も多肉植物の葉です。
DSCN1858.jpg

ドーンとクリスマスツリーです。
DSCN1860.jpg

見上げるばかりのカリフォルニアの真っ青な空!
DSCN1861.jpg

足元には、なにやらドングリのようですが、なんとなくひしゃげた
変な形のドングリが大量にばら撒かれていました。
DSCN1862.jpg

形はともかく、とりあえずドングリです。
DSCN1859.jpg

この辺りでは定番のガーデンデコ。馬車の車輪や馬車そのものなど
なんとなく歴史の香りのするものがアンティークなオーナメントに
なるようです。
DSCN1864.jpg

ショップの陰には、ちゃんと圃場が設けられています。
各種の苗はスプリンクラーの区画ごとに区分けされています。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ローズマリーのつぼみ



ここでもやっと冬らしくローズマリーに蕾があがってきました。
立性のタスカンブルーの蕾です。
立性の品種は大体、冬の時期に開花します。基本的には年1期という
ところでしょう。
DSCN1842.jpg

こちらは、花色が確認できるまでに膨らんできたプロストラタスの蕾。
匍匐性の品種の方が開花のサイクルが早いようです。
ここでは年中咲いているようにみえます。
DSCN1843.jpg

にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ

テーマ : 樹木・花木
ジャンル : 趣味・実用

つづいて、お芋クッキング



スイートポテト(パイ)。
こちらのサツマ芋は甘味が少ないため、皮のみ利用。
詰め物はヤムに生クリームを混ぜています。
DSCN1834.jpg

これが皮から取り出した中身に生クリームを混ぜて
オーブンで焼いたもの。オレンジ色をしています。
DSCN1836.jpg

大学芋にすると真っ赤になります。
これはポットラックパーティに出す予定。受けるかどうか?

テーマ : 料理
ジャンル : 趣味・実用

お料理の時間です。



先日久しぶりに資料ページを作ってしまったのですが、
文章だけ、というのは私にはストレスになってしまいます。
昔はこんなんじゃなかったのですけどね。
開館から閉館時間まで、ずっと図書館で農学の本を
読み漁っていたものなんですけど。
最近では、ストレス解消策がこんなものになってしまいました。
上は普通のスィートポテト。下の白い芋はヤムです。
DSCN1784.jpg

電子レンジ後、ミキサーで練ります。
DSCN1783.jpg

そして栗を用意。一番安いイタリア栗です。1Kgで500円弱。渋皮のアクが
結構強いです。重曹で煮るとお湯が真っ赤になります。
DSCN1786.jpg

出来上がりの「栗きんとん」。裏ごしなしの超手抜きバージョンです(笑)。
ポットラックパーティに出す予定です。
今回の参加者はインド人にドイツ人。どんな反応が出るか楽しみです。
DSCN1791.jpg

こんな感じ。。。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

トライデントメープル再び



再び先日のメープルです。
先日、写真を撮りつつこの実を拾って帰りました。
11日を見ていただければ分かるのですが、拾った時点では実に穴などありません。
それが乾燥が進み、穴をふさいでいた皮膚が縮んだような状態で口を開きました。
DSCN1770.jpg

多数の排出口から種のようなものが放出されています。
どうやら乾燥することによって、種子をばら撒く時期を調節しているようです。
DSCN1772.jpg

細かい粒と羽の生えた種子があります。
とりあえず、共にポットに撒いて様子をみることにします。
日本のカエデの場合、種子が乾燥してしまうと、発芽までは
およそ2年要します。
このメープルの根元や周辺を探しても、種から発芽したと思われる苗木が
見つからなかったことから、この植物の実生は難しいのではないかと思われます。
DSCN1775.jpg

それにしても、迫力のあるお姿です。これらに較べると
日本のもみじやカエデのなんと優しいことでしょう。
以前コメントいただいた、やた様のバッティング練習に使われたのは
これでしょうね。

テーマ : 樹木・花木
ジャンル : 趣味・実用

ローズマリーの香気成分

ローズマリーの芳香の特徴である精油はロスマリン油と呼ばれ、
香料材料として利用されている。
ローズマリーとして一般的に知られている植物は品種的に純正種と
いわれるものが少なくほとんどがRosemarinus Officinalis L.
変種であり、従って精油も変種の混合物が多いと考えられる。

精油の種類としては、一般的にはeucalyptol (1,8-cineole),
camphor/borneol,
α-pinene/verbenoneの3種に分けられる。
これらはそれぞれ、モロッコ・チュニジア・イタリア産、スペイン産、
コルシカ・アルジェリア産などと産地により呼称、分類される場合もある。
香気成分として同定されている化合物は、これらを含めて約100種類
におよぶ。

cineole 
単環性モノテルペノイドのP-メンタン型モノテルペノイドに属する。
テルペノイドオキサイト。
これはその構造上、医薬品プロントフィリン(脳血管障害治療剤)に
類似している。
camphor/borneol
これらはモノテルペノイドのボルナン型モノテルペノイドである。
camphorには局所刺激、中枢神経興奮作用などが認められる。
α-pinene/verbenone
α-pineneはモノテルペン。verbenoneは、モノテルペンケトンである。

流通品規格
ジテルペン含量を指標とする。これらは抗酸化成分である。
ジテルペノイドとは、carnosol,rosmanol,isorosmanol,epirosmanolなど。

テーマ : アロマ・リラクゼーション
ジャンル : ヘルス・ダイエット

小春日和、花日和。。。



家の近くでは、こんな木がよく植えられています。
柑橘類の木は黄色の実が、ちょうど良いアクセントになるために
フロントヤードなどにも植えられています。
この手の木々は、鋭い大きな棘を生やしていることが多いので、
通行人に近い場所にはいかがなものか、とも思うのですが、
この辺りの人は気にしていない様子です。
DSCN1749.jpg

DSCN1740.jpg

この二つの写真、わかりますでしょうか。
DSCN1741.jpg

グランドカバーニに植えられているローズマリーです。
DSCN1743.jpg

葉の短いプロストラタスです。ここでは、ハンティントンカーペットやサンタバーバラが
一般的です。どちらもLA近郊のガーデンの名前(地名)をとっています。
DSCN1744.jpg

たいていミツバチが仕事をしていますね。
ローズマリーには、昆虫はよく集まります。蜜は十分あると思うのですが、
不思議とハチドリが来ているのを見た事がありません。
なぜでしょうか?
他の花にはよくホバリングしているのですが・・・・。
プロストラタスでは高さが低すぎるのかもしれません。
もう少しすると立性大型種のタスカンが濃い青い花を鈴なりにつけますので、
ハチドリが蜜を吸いにくるかどうか、見てみたいと思います。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

小さい秋探して・・・



コミュニティの広場です。
もう12月も後半になろうとしていますが、青々しています。
年中生長を続ける「芝」マラソンシリーズと、高い木々はユーカリです。
ここでは、少ない水で生長できることが植生の条件です。
空は快晴。気温も上がってきたので、「」を
探しにお散歩にでました。
DSCN1745.jpg

これはナンテンですね。この辺りではよく植えられていますが、
ガーデンセンターでは結構いい値段で置いてあります。
この地で育つ、葉色の赤くなる植物は貴重なのです。

根元の草はヤローの白花です。ハーブと言うよりただの
グランドカバーですね。
DSCN1759.jpg

やっと見つけた紅葉の並木道!ちゃんと紅葉しているではありませんか!
カリフォルニアの南端でも紅葉が見れる!
DSCN1752.jpg

全部トライデントメープルでした。もうちょっと変化が欲しいものですが、
ここでは「ないものねだり」かしらね。
今が雨季の北隣の州、ユージーンのあるオレゴンやシアトルなどのワシントン州。
または、東部のカナダに近い所では素晴らしい紅葉が楽しめるそうです。
こちらは、夏涼しく冬暖かい、年中快適な気温と引き換えに
四季の移ろいや木々の変化の楽しみはあまり望めないようです。
それでも、には紅葉を楽しみたいのでしょうね。
ここの環境でも紅葉する木を探してきたのでしょう。
DSCN1767.jpg

これは別の場所ですが、やはりトライデントメープルです。
快晴の青空には良く映える色です。例の爆弾をいっぱいぶら下げていました。

テーマ : かわいくて癒してくれるもの♪
ジャンル : ライフ

ローズマリー、開花



タスカンブルーが開花しました。
あまり好ましい状況ではないのですが、そういう季節になったと
いうことなのでしょう。
DSCN1735.jpg

実は、この状態。
10月に挿し木した苗の開花です。
まだ10cm程度の大きさであっても、この時期には開花します。
今回は用土として、ただの砂が使えるかどうかをテストしている
だけですので、このままにしておきましょう。

テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

紅葉



日本に較べて四季のはっきりしないアメリカはサンディエゴですが、
ここなりに晩になっているようです。
日本では、こういう種子は見たことがないのですが、
DSCN1732.jpg

トライデントメープルの種です。
日本のカエデやモミジですと、羽の生えた繊細な種子ですね。
ここのは、まるでバクダンのようです。
それなりに紅葉するようで、この季節になるとこれらの並木道は
の風情を見せてくれます。
遠目で見れば、まあまあきれいです。
DSCN1738.jpg

もっとも、これはうちの盆栽です。
こちらでは、盆栽用の用土というのは手に入らず、
牛糞と砂を主体にコンポストを加えて排水優先に作っています。
赤く見えるのはレンガ片。白い粒子はパーライトです。

テーマ : 花のある生活
ジャンル : ライフ

クリスマス



町中のマーケットプレイスにもツリーが点灯しました。
日本に較べると街灯がとても少ないので、こういう時には
とても目立ちます。
日本では、主要な幹線道路は路上のでこぼこが分かる
くらい明るいのですが、ここでは、照明はヘッドライト頼み
です。分岐点の標識すら照明がなかったりします。
DSCN1726.jpg

家々の玄関前には、それぞれいろいろなデコレーションが施され、
いつもは、街灯もほとんどなく、とても暗い住宅地も今は、華やかな景色になっています。
DSCN1724.jpg

キリスト降誕の図、でしょうか。
こんなのもありました。
DSCN1703.jpg

コミュニティの公園に人々が集まっています。
ユーカリの木はまだ青々としていますが、皆さんそれなりに冬支度をしていますね。
DSCN1719.jpg

コミュニティのクリスマスツリーの点灯式です。
DSCN1700.jpg

サンタさん登場。
FSCN1693.jpg

中学生のバンドに、
DSCN1711.jpg

似顔絵書きの人までいます。モデルは自分でランタンを持たなければなりません。
DSCN1707.jpg

クッキーとホットチョコレートが頂けます。
バニラとシナモンの香りのホットチョコでした。
企画運営しているのも、皆さんコミュニティのボランティアの方々です。
皆さん、ありがとうございました。

クリスマスは、キリスト教のお祭りですので、この辺りに多いユダヤの人は関係ありません。
彼らは5日にHanukkahを祝っていますし、Islamicは19日と20日、
26日はAfrican AmericanのKwanzaa、
仏教徒は8日、と12月は行事の多い月です。
でも、アメリカで一番のお祭りはサンクスギビングですから、
クリスマスは2番手くらいなのでしょうね。

テーマ : **暮らしを楽しむ**
ジャンル : ライフ

もう12月。



インフルエンザの予防接種をしたとたん、風邪で寝込んでしまいました。
気がつけば、もう12月。
ここでは、サンクスギビングの翌日からクリスマスに突入していくようです。
DSCN1679.jpg

毎日日ごとに、町並みの電飾が増えていきます。
このリースはイタリアンパインという松のような針葉樹の枝でできています。
クリスマスツリーは、温暖なこのあたりでは、モミの種類は手に入りにくく、
このイタリタンパインか円錐形に刈り込んだローズマリーがよく売られています。

テーマ : **暮らしを楽しむ**
ジャンル : ライフ

プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

現在アメリカ南部、
ノースカロライナから
世界各地に出没。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会ロンドン
本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、エンスーな収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス
所持。登録ナーセリー経営者。


コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないと判断した方の
コメントは削除し、コメント
主は出入り禁止にします。

英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー(月別)
11 ≪│2007/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング
マーケット情報
ブログランキング
WORLD TIME
FX初心者の入門講座
Translate 翻訳
Recent Visitors
Flag Counter
free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ