オーガニック農薬・ニームオイル。

DSCN0318 (2)

毎日あきれるほどの好天が続く
ノースカロライナです。

DSCN0475_201605301044517c3.jpg

もはや、測定不能域に届きそう!

DSCN0473_2016052622085934e.jpg

しかし・・・こういう急激な変化には、
不穏な動きも誘発するものです。

DSCN0129_201605262208583bf.jpg

畑の表土流出防止に、周囲ぐるりと
植えていた小松菜が壊滅的な食害を
受けていました。。。。

DSCN0133_20160526220858f36.jpg

ノミハムシです。いつもよりかなり早く
発生していました。

DSCN0564_20160530104605625.jpg

もう・・・ここまで食べられてしまうと、
再生・救済不可能です。もっとも、
食べる為に植えていた訳ではありませんが・・・

DSCN0448_20160526221006232.jpg

畑に、これから植える野菜に配慮して、
オーガニック農薬の「ニームオイル」を
試してみます。

キャタピラーやルーパーのような青虫
毛虫・尺取虫に対するBT剤のような
劇的な効果はないのがニームでしょうが、
我が家ではまだ試したことのないオーガ
ニック農薬です。

虫たちが嫌う匂いといいますが、↑これは
どうしてなかなかいい匂いです(笑)。
まあ、食べ物の匂いではないですけど。。。

さて、効きますかどうか・・・・??




お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ、応援よろしくお願いします。↓

あなたの一票で筆が進みます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。

スポンサーサイト

テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

簡単ライズベッドの作り方

DSCN0450_20160323112454920.jpg

桜の花が満開になったと思ったら、
あっという間に、葉っぱも萌えだした
ノースカロライナダーラム
アメリカ南部の春は駆け出したら、
ものすごく早い!!

この春の勢いに後押しされるように
マスターガーデナーのデモ・ガーデンに
新しいライズベッドを作りました。

DSCN0637_20160319115108b99.jpg

場所はオフィスビルの駐車場。
まず木枠を作って、芝生の上に置き、
内側にダンボールを敷き詰めて、
周囲から雑草=この場合は、周りの
芝草になります=が、入ってこない
ように対策します。

DSCN0642_20160319115107d0c.jpg

この木枠がこの位置から動かない
ように、四隅にパイルを打ち込んで
木枠を固定。

DSCN0644_201603191151076db.jpg

木枠の中に、コンポストをいれて
完成です。

う~む、なんという簡便さでしょうか!
ライズベッドを作る時に一番苦労
するのは、下の土壌。
特に芝がある時、これを剥がすのが
一苦労なのだが・・・・アメリカ流だと、
芝生の上だろうが、剥き出しだろうが
基本的には、気にしないようです。

正味1時間もかからずに完成します。

ちなみにここはべジ・ガーデン。
サラダ・ガーデンとピッザ・ガーデンに
するらしい。。。

土が贅沢なので、初年度はよく育つ
でしょう。何年使えるかは分かりません。

DSCN0359_201603121404025f0.jpg

とりあえず、土運びで体力を使った
ので、本日は「孤独のグルメ」の
モロッコ・スープ、「ハリラ」で、
ランチに。。。。

マメとジャガイモのトマト味。
まったり・・・と言ったらよいのか、
ほっこりといったらいいのか。
ほんと家庭的な味です。
ムスリムのラマダン明けに飲む
スープらしいが、簡単で美味しい。。。

材料的には↑のライズ・ベッドでも
できそうなスープです。



お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ、応援よろしくお願いします。↓

あなたの一票で筆が進みます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。


テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

春分の日・・・・なのだよ。

DSCN0554_20160317123717fb1.jpg

ついに・・・「春の始まり」の日を迎えた
ノースカロライナダーラム・・・
今年は3月20はだそうだ。

DSCN0563_20160317123716d88.jpg

まったく、ここノースカロライナの春は、
唐突にやってきます。

我々には、この3年の経験しかないのですが、
この3年は見事に、2月に「荒れる冬」

毎年雪になったり(なにせ南部ですから
雪だけでも大変なことになります)、
ミゾレが降ったり、-10℃以下の日が続いたり・・・・

前に住んでいた中西部に較べれば平均気温は
高いし、どうってこと無い冬なのですが、「南部」
という言葉の語呂にだまされ油断すると、
畑は全滅、温室も壊滅・・・・・・

毎年、ほんの一瞬、ほんの数日のことですが、
この短期間をやり過ごすことがどんなに
困難なことか!!思い知らされます!!!

DSCN0256_2016031712580890e.jpg

ダーラム周辺の地域では、平均的な
遅霜の恐れがなくなる日は4月16日。
実に中西部のインディアナポリス
1ヶ月しか違わないという遅さ・・・

ちなみにUSDA Plant Hardiness Zoneでは、
ダーラムは、Zone 7b=-15~-12.2
インディアナポリスは、Zone 6a=-23.3
~-20.6
ですから、冬の気温は8℃違うことに。。。
これを大きいと思うか、大した差がないと
考えるか・・・・・?

DSCN0580_20160317125808e81.jpg

こんな気候ですから、まだ油断は
できませんが、とりあえず、この冬は
露地で越冬させたローズマリー
ローカバーをとりました。

DSCN0578_20160317125915785.jpg

30数株を実験的に屋外で越冬させ
ましたが、お亡くなりになったのは4株。
`Bonnie Jean'、`Haifa creeping'
`Blue Lady'、`Golden rain'

1割以上の損失なので、これを少ないとは
言いたくない。

こんな調子なので、ここでは、夏の暑さに
耐暑性の高いラベンダーを栽培する方が
良さそうです。

今年はラベンダー・・・ラバンジンの
挿し木苗作製に性を出そうか・・・・・と
思っている今日この頃です(笑)。。。




お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ、応援よろしくお願いします。↓

あなたの一票で筆が進みます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。









テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

暑い日・・・・

DSCN0295_2016031113104449d.jpg

この1週間、妙に暑いノースカロライナ

DSCN0321_201603111310446d3.jpg

1週間前に突然最低気温が14℃に
上がってから、ずっと最低14℃~
最高25℃超の日が続いています。

DSCN0298_20160311131044d6c.jpg

温室内の気温が70℃を超えることも
珍しくなくなったので、↑、ビニールを
外しました。

DSCN0313_20160311131044bd6.jpg

この陽気の間に、せっせと植え替え・・・
柚子の苗を28個。。。とりあえず。
4月初めの、プランツ・セールに出そうか。。。
どうせ価値が分からない人たちだから、
やめようか・・・・?

急に暑くなってくれたのは、良いのですが、
だからと言って、チビ苗たちが一斉蜂起
してくれるか・・・・というと、そんなことはなし。
1週間そこらで、立派な苗になりました・・・
なんてことは、あり得ない(爆)。

まァね。菜園生活で一発逆転!!
・・・なんてことは、全く無いのです。
日々是努力の菜園生活。
観察眼と注意力だけは、努力しなければ
身に付きません(笑)。

DSCN0869_20160312132446c15.jpg

この陽気に誘われて、ロー・カバーを
外して、見たら・・・・・

DSCN0346_201603121320534a9.jpg

・・・今年もやってくれました。
「菜の花畑」!!
冬の間のミズ菜は、収穫が目的で
の「お花畑」は、意図していないのだが。。。。?

ただし、この陽気。3月下旬の「春分の日」頃
には寒の戻りとなるようです。
最高気温で今より-10℃。最低気温は1~2℃の
日々に戻るそうなので、風邪など、お召しに
ならないよう、ご注意ください。




お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ、応援よろしくお願いします。↓

あなたの一票で筆が進みます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。






テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

アメリカ南部の春は、早くない。

DSCN0085_20160308115518edf.jpg

見た目は長閑なノースカロライナ
ここのも3回目になりますが、
この3回で気が付いたことは・・・・
アメリカ南部といっても、決して
早いわけではない!!・・・ってこと。

最初の年は、3月半ばにミゾレと氷点下。
次の年には、2月末から3月に白銀の世界。
そして、今年は1月大雪、2月半ばに
大寒波-14℃・・・・・

要するに、南部のここでは、毎年1月~
3月に寒波が襲来する・・・
確かに12月までは気温が高い。。。
南部らしい気候と言えなくもないが、年を
越えたら、3月まではニューイングランドと
対して違いはありません。

DSCN0159_20160308115518235.jpg

きょうも今朝は、一桁。でも・・・・陽射しさえ
良ければ、昼には30℃近くまで上昇。

DSCN0247_20160308115518723.jpg

こういう日較差が大きいところは
ニューイングランドでも中西部でも
似たようなもの。「南部」の気候に
期待したのは、冬の最低気温の高さと
の始まりの早さだったのだが・・・・?

遅霜が明けるのは、中西部のインディアナ
より1ヶ月早いだけ!たった1ヶ月!!

この原因は、↑で書いた2、3月の寒波。
12月までは、中西部に較べればかなり
暖かい。その証拠が・・・・

DSCN0252_20160308115517973.jpg

真冬でも夏と変わらぬ鹿の食害・・・・。
とにかく、毎晩やって来る節操のなさ。

DSCN0253_20160308115517ae8.jpg

そして、鹿に食べられても、季節が
巡れば、花が咲く!!(健気なヤツ)

DSCN0249_201603081158051c1.jpg

・・・にしても、3月下旬でやっとムスカリって、
日本と較べても、「が早い!」・・・なんて
いえないレベル。
水仙もクロッカスもまだ出てきません。

南部南部でもここはノースカロライナ
フロリダやアラバマ、ジョージアみたいな
ディープなサウスじゃあないんだ・・・と。。。
「南部」に期待が大き過ぎた。

DSCN0243_20160308115822c24.jpg

まァ、とにかく・・・デイライト・セービングも
夏に戻ったし、4月の足音が聞こえてくると、
マスターガーデナーも本格稼動します。

先の花粉症だのアレルギーだのと言って
おれない、身体が資本のボランティア(爆)。
体力だけは付けておかないと・・・・(笑)。




お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ、応援よろしくお願いします。↓

あなたの一票で筆が進みます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。


テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

新春のシャーロット・ブロディ・ガーデン

DSCN0190_201601081234022c0.jpg

ノースカロライナダーラムのダウンタウン、
デューク大学構内のサラ・P・デューク・
ガーデンの一角のディスプレイ・ガーデン
「シャーロット・ブロディ・ガーデン」を
見てきました。

寒くなってから、しばらく足が遠のいて
いたので、久しぶりの訪問になります。

DSCN0235_20160108123402663.jpg

ここは、野菜ハーブガーデン
ディスプレイ・ガーデン=「見せるガーデン
「絵になる野菜畑」・・・です。

DSCN0238_201601081234015ae.jpg

クールシーズンは葉物野菜がメインに
なるので、以外に大物が多い。
使い方によって、こんなに見栄えがします。
野菜といっても、バカになりません。

DSCN0242_2016010812340170a.jpg

最近は、アジアン・ベジも人気があります。
赤カラシ菜もここではこんなに大きくなります。

DSCN0241_2016010812340186d.jpg

こちらの野菜は、ビーツ。
葉も赤いけれど、根茎も真っ赤なブラッド系。
これの葉っぱは、塩分を溜めていて、ちょっと
塩っぱい。。。色と合わせて、サラダの彩りに
使われています。

DSCN0243_201601081234513cc.jpg

巨大な株は、アーティチョーク。

DSCN0244_20160108123450913.jpg

野菜の講習会の時には、まだほんのちっちゃな
苗だった「ワサビー菜」。
山葵のような辛味をもったマスタードの一種です。
もうすっかり大株に成長していました。

DSCN0245_20160108123450903.jpg

マスタードの種類はの成長が早くて、
もうこんなに花が咲いたものもあります。
さすがに「アブラナ科」の植物です。
もうちょっとゆっくり咲いてくれれば、
「菜の花漬け」にもできるものを!
惜しいことをしました。。。。



お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ、応援よろしくお願いします。↓

あなたの一票で筆が進みます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

新春早々・・・・

DSCN0284_20160105231711b6b.jpg

暖冬暖冬と浮かれていると、不意を突かれる
最近の気象。。。

DSCN0282_20160105231710a88.jpg

ここのところのノースカロライナは、年内中は
温暖で雨が続きましたが、元旦以降、晴れ間が
戻ると同時に気温は急に低下。。。

DSCN0128_20160104130225444.jpg

昨日までは15~20℃近辺の暖かさで油断
していると、次の朝には霜が降ります。

DSCN0130_201601041302241a8.jpg

今年の年末年始の料理で、「年越しそば」=

DSCN0885_20160104131704846.jpg

↑「鴨なんばん」=や、↓「セリ鍋」で・・・・

DSCN0403_20160104131704c3e.jpg

活躍した、我が家の「セリ」畑も・・・・

DSCN0131_2016010413022447f.jpg

葉先に霜がべったり付いて、重たげに
頭を垂れていました。

それでもこの子たちは、寒さには滅法強い
ので、まだ安心していられますが、我が家
には、柚子や酢橘という気温の急変化には
微妙な樹木もあります。

まだ、温室には暖房を用意していませんが、
昨年の2月のような寒波が来たら、終日
加熱することになります。

DSCN0136_20160104130223a5a.jpg

冬芝たちは、問題ないのだけれど、
これからが勝負の冬の家庭菜園です。。

DSCN0252_201601050640164d8.jpg

とりあえず、きょうはこれであったまろう・・・・・




お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ、応援よろしくお願いします。↓

あなたの一票で筆が進みます。

にほんブログ村 花・園芸ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。


テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

ウチの「クチナシ」と街角のハーブガーデン

DSCN0347_20151213123624f85.jpg

さて、チャールストンから戻って、ウチの
ガーデンでは・・・
まずは、先日の「山猫さんのプレゼント」の
賞品である「くちなし」の実・・・

DSCN0344_20151213123623d65.jpg

順調に熟してきました。
黄色い「くちなし」の色素である、この実の
赤い部分が実全体に広がれば、完熟という
ことになります。
プレゼント発送まで、もうちょっと・・・・!
該当者の方はもう少しお待ちください。


さて・・・・・・もう12月も中旬ですが。。。。。

DSCN0896_2015111511553361d.jpg

以前にも一度、紹介したことがありますが、
Seedsという、非営利団体が管理している
ダウンタウン・ダーラムハーブガーデン。

ダーラムのセントラルパーク、ファーマーズ
マーケットの隣にあります。

DSCN0873_2015111511553314e.jpg

主に、食べられるハーブを植えています。

DSCN0872.jpg

ノースカロライナでは、地植えにすると、
どっさり茂るローズマリー・・・・・

DSCN0874.jpg

世話をしている人は、品種名は分からないと
言っていたローズマリー。。。

DSCN0875_20151115115532ea8.jpg

これはアキレウス、ヤロー。。。

DSCN0877.jpg

何故か「タイ・バジル」・・・・って、
この時期まで咲いているのか!アメリカ南部!!

DSCN0880.jpg

「カールドン」
アーティチョークの親戚も、まだまだいけそうな
雰囲気ですが。。。。

DSCN0885.jpg

「赤高菜」!!
この色ですもの。アメリカでは人気あります。
ただし、食用ではなく、庭のファーカルポイント。
日本での「葉牡丹」のような存在です。
葉牡丹」=シベリアン・ケールは、アメリカでは
野菜ですからね~。。。。

DSCN0894.jpg

・・・そして、ラベンダー
この辺りでは、ラバンジンが一般的。
冬の気温が高いせいです。これは「グロッソ」。

DSCN0899.jpg

ダーラム・セントラルパーク入り口。
今の季節は「秋晴れ」・・・・というのだろうか?



お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ、応援よろしくお願いします。↓

あなたの一票で筆が進みます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。





テーマ : アメリカ生活
ジャンル : 海外情報

1週間放置した庭は・・・・

DSCN0773_2015111413544436b.jpg

ペンシルバニアに行っている間、放置されて
いたバックヤードは、どうなっているでしょう?

毎週1回の芝刈り(ウチの芝は冬に成長する
タイプなので、冬場の芝刈りが必須!)も
2週間ぶりということになります。

DSCN0757_20151114140302ece.jpg

まっ!ボウボウやね。。。

DSCN0745_20151114135719a84.jpg

山椒の葉もちょっと黄色っぽくなった。。

DSCN0748_20151114135719ab8.jpg

出かける前に播いておいたミズ菜は、
ちゃんと芽を出し、本葉まで成長。。。

DSCN0751_201511141357207cc.jpg

11月になっても、大繁殖中のパクチー。
発芽には温度を要するものの、こんな冬場でも
成長するものです。これも、南部の恩恵か。。。

DSCN0779_20151114135719d7f.jpg

順当に色付いてきた「くちなし」。
有り難い事に「おせち」のシーズンが近付くと、
ちゃんと黄色くなってくるものです。
アメリカでも、これは変わらない。。。

DSCN0747_20151114135942bf2.jpg

夏から花が咲きまくっている春菊。
今だに咲き続けていますが・・・・(笑)。
まあ、葉物だし、キクは多年草なので、あんまり
気にしません。本格的に鍋の季節に入ると
消費が急にふえますので、それまでは株の
充実を図ります。

DSCN0755_201511141358309a0.jpg

実用ガーデンは、1週間放置などものともして
いませんが、お花ガーデンの方は、そろそろ
店じまい?一年草が多かったですからね。

そろそろ、春の球根の植え込みを急がなければ
なりません。でも・・・・・アメリカ南部って、春の
球根の植え込み時期が、結構難しい。。。。

年によって、寒暖の差が大きいですからね。
今年の初めは、なんとに覆われたり。。。
昨年の初めは、霙は降ったけれど、は無し。。。

冬の気温が高めなので、早く植えるとすぐ芽を
出して、年明け早々の低気温で全滅もあり!
暖かいなら暖かいで、ずっと暖かくしてくれれば
良いものを!!

アメリカ南部といっても、北よりの地域である
ノースカロライナ・ピエドモントは、微妙に
変動する気候が恨めしいところです。。。



お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ、応援よろしくお願いします。↓

あなたの一票で筆が進みます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。




テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

芝生のオーバーシーディング。

IMG_0125.jpg

今年はうちの庭にとって、初めての夏。。。
ところが最近の異常気象=このところ、
毎年荒れているので何が「異常」か、分かり
ませんが=で「旱魃」水不足。
張ってから半年のウチの生は大打撃を
被りました!!

特にバックヤードのパティオの斜面は、
南向きでまともに1日中、夏の太陽を
受けるのでカラカラに乾いて、枯死!!

DSCN0323 (2)

ここから先のフラワーベッドやガーデンゲート
周辺は、バックヤードの見せ場でそれなりに
成功しているので、なんとも恨めしい
生の惨状です。

幸いウチのは「Tall Fescue」。
冬に成長するタイプなので、9月
メインテナンスの時期。

種まきからを再生することにします。
(ただし、Tall Fescueの種まき肥料
9月1日~15日という短い期間が
推奨されています)

既存のに、種まきしていくことを、
「オーバーシーディング」といいます。
フロントヤード側は、の枯れ方が
円形脱毛症」のようなスポットでしたので、
スポットごとに種まきしたのですが、
ここは、かなり広い面積が「ズルッ禿げ」。。。

IMG_0112.jpg

・・・なので、わずかに残った芝を無視して
コンポストを播きます。

IMG_0108.jpg

コンポストに十分に潅水して、Tall Fescueの
タネを播きます。

IMG_0127.jpg

まだ、日中の陽射しは強いし、空気も
乾燥しているので、タネが乾かないように
バーラップで覆います。

IMG_0131.jpg

こちらは、バーラップ(藁のネット)ではなく、
斜面用の樹脂フエルト。どちらが有効か・・・
両方使ってみます。色がエグイけど。。。。

あとは、毎日潅水しながら、発芽するまで
様子をみます。
発芽を確認したら、次はスターターという
初期肥料。。。これで、一気に成長加速って
わけなのだけれど、うまくいきますかどうか。。。

ほんとにガーデンニングというものは、
お楽しみのネタは尽きません(笑)。



お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ、応援よろしくお願いします。↓

あなたの一票で筆が進みます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。






テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持
正規登録ナーセリー経営者。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー(月別)
02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング
マーケット情報
ブログランキング
WORLD TIME
FX初心者の入門講座
Translate 翻訳
Recent Visitors
Flag Counter
free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ