「菜の花」撤去作業。

DSCN0027_20170303062943593.jpg

昨晩は強風+激しい雷雨で、気圧が
激しく入れ替わったようです。

今朝はからりと晴れていいお天気。
・・・ですが、気温は10℃下がりました。

DSCN0029_20170303062943126.jpg

一晩で1.2インチとは、良い雨でした。
ノースカロライナダーラムでは、
理想的な降水量は1週間に1インチ。
2月中は平年84mmが今年は半分
以下の38mmでしたから、これから
春に向かう今月は、平年並みの
118mmには届いてほしい。

DSCN0030_20170303062942830.jpg

さて先月から咲きだした「菜の花」。
ウチのは、水菜小松菜、赤かぶ
ですが、ご覧のような、繚乱ぶり!

これはそろそろ片付けないと・・・・

HOA=ホーム・オーナー・アソシェーション
からノーティスがくる。。。

それ以上に、このまま種をばらまかれると、
今年1年、アブラナ科の雑草に悩まされる!

どちらかというと、後者の理由により(笑)、
「菜の花」どもの除去作業になりました。

DSCN0031_20170303062942b7a.jpg

幸い、昨夜の雨で茎を引っ張るだけで
抜けてくれます・・・足元はドロドロですが。

DSCN0033_201703030629413a0.jpg

アッ、居た!やっぱりね。
基本的にオーガニックもどきに
薬剤を使わない畑なので、こういう
”ジャパニーズ”が潜んでいます。

DSCN0037_20170303063037c4e.jpg

今年初めて撒いた「赤かぶ」。
赤かったのは茎とカブだけでした。
直播して間引かないと、こんなに
小さな蕪しかできません。

いや、今回間引かなかったのは、
種袋に記載されていた「全草赤い色」
に惹かれたから・・・実際は、茎までは
赤かったけど、葉は普通に緑色。
まあ、そんなもんです。

DSCN0044_20170303063036108.jpg

面白かったのは、↑。
こちらは直播ではなく、あらかじめ
Jiffy peat strips」で発芽させ植えた物。

ピートモスで作られたポットで、発芽後、
ポットのまま植えこむと、ポットは自然に
土にかえる・・・というふれ込みだったのだが。。。

カブの収穫までの時間が短かったのか、
ポットはそのままの形を保ち、故にカブは
狭いポットの中で成長したために、変形して
細長い変な形になりました。
これでは「赤かぶ」にはほど遠い。
高いくせに役立たずのJiffy peat strips。

DSCN0047_201703030630369e9.jpg

背が高い水菜小松菜・赤かぶの3列が
なくなると、急に視界が開けた、我が畑(笑)。

後はしばし、オーツ麦で土壌を改善しつつ、
野菜の苗の成長を待ちます。
ちょっと、退屈な時間が訪れました。



お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ、応援よろしくお願いします。↓

あなたの一票で筆が進みます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。




ブログランキングに参加しております。
応援よろしくお願いします。




スポンサーサイト

テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

油断ならないノースカロライナの早春。。。

DSCN1029_201703011448319d1.jpg

今年は昨年、一昨年に比べて
春が早い・・・と、感じています。

1月の大寒波以降は順調に気温が
上昇し、2月中で氷点下の日は
本当に数えるほど・・・・しかし、

DSCN1033_20170301144831530.jpg

侮ってはいけない3月!
何しろここはアメリカ南部といっても
南部北端なのです。
ちょっと下れば、氷点下!

DSCN1034_20170301144831e87.jpg

折角、葉が伸びた「セリ」畑も・・・

DSCN1036_20170301144830c92.jpg

霜が降りて、真っ白に…

DSCN1041.jpg

驚くのは、↑の大温室内温度計。
1日の高低差45℃!!

DSCN1064_201703011450292ad.jpg

朝は寒くても、昼には窓全開(笑)。

DSCN1069_20170301145028b17.jpg

なにしろ、まだ3月。
温室の中は、プラグトレイでいっぱいです。

DSCN1070_201703011450280dc.jpg

トマトも唐辛子も、発芽は屋内の
LED+ヒートマットでするものの、その後
温室に移して、がっちり苗を目指す。。。
それにしても・・・
なかなか成長しないものです。

春のプランツ・セールまで、あと半月。。。



お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ、応援よろしくお願いします。↓

あなたの一票で筆が進みます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。




ブログランキングに参加しております。
応援よろしくお願いします。

テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

拡大「LED促成栽培」!

DSCN1069_2017021114160724f.jpg

つい先日稼働したヒートマットと
植物用LEDランプによる夏野菜促成
栽培ベッド。。。

一番消費量が多い「シソ」の
この季節用発芽装置でした。

DSCN0230_2017021114120783d.jpg

しかし・・・

春のプランツセールや、マスター
ガーデナー・デモンストレーション・
ガーデン用、また自宅用など、
春からの苗は大量に必要です。

↑で、自宅サンルームは簡易温室
状態(爆)。全面南向き窓、24時間
セントラルヒーティングですから~。。。

DSCN0184_20170208144015c4f.jpg

さらに今回、電照栽培用ロングLED.付き
大型ヒートマットで1020トレイ4枚を
一度に保温。。。

発芽に高温を要するトマト、唐辛子などと
発芽に光も必要なシソなどの両方を
同時に進めようと欲張りました。

DSCN0197_20170208144015ff9.jpg

夜になると・・・・
タイマーで照明時間を管理しています。
ここまで、やったら、後は用土が加熱で
乾燥しない様に見てあげるだけです。

このLEDは20W。蛍光灯だと54Wですから、
省エネになったものです。
お値段も今なら$44なので、場所さえ
許せば4ftの長い方を買った方がお得です。

こういうものは、南部より気温が低い
ニューイングランドや中西部の方が
より効果的だと思います。




お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ、応援よろしくお願いします。↓

あなたの一票で筆が進みます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。




ブログランキングに参加しております。
応援よろしくお願いします。



テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

「Grafting」って、知っていますか??

DSCN0257_201702111243105be.jpg

突然「Grafting」っていわれても
分からないでしょうが、日本語だと
接ぎ木」です。

JA越前丹生
JA越前丹生さまより拝借。

野菜苗では、特に夏野菜に多く
使われて、病害虫に強い苗を
作り出しています。

キュウリ、スイカ、メロンなどのウリ類と、
ナス、トマト、ピーマンなどが一般的です。
当然の事ながら全ての病害虫に抵抗性を
もつ台木の品種はないので、一つでも
二つでも病害回避が可能であれば「良し」
とするべきでしょう。その分だけでも、
農薬を使わずに済むというものです。

↑は、失敗がほとんどなく、初心者が
作業しやすいという「呼び接ぎ」。

DSCN0258_2017021112430947c.jpg

アメリカでも、こういう道具は簡単に
手に入ります。

でも、ウチの目的は野菜ではない。

DSCN0264_20170211124309e4c.jpg

やっぱりこれ!
この手のジャパン柑橘類は、実生で
芽を出す→育つ・・・は、比較的簡単
ですが、花が咲いて実がなる~までは、
時間がかかる。

早生の物もあるにはありますが、
日本とは違う環境で無理やり育てて
いるわけですから、例えそれが「一才柚子
でも中々思惑通りには、咲いてくれません。
・・・そこで、

DSCN0259_20170211124308614.jpg

すでに、ここで開花・結実実績のある
枝を接いでやれば・・・・

DSCN0073_201702111258557db.jpg

開花までン十年待つことはない。。。。
幸いウチには、はるか西海岸から
運んできた、「実績」ある苗木が十分ある。。

今年は接ぎ枝を採ることを想定して、
枝を多く出すように剪定したので、たくさん
枝が出ました。

もちろん、これら母体も接ぎ木苗。
接ぎ木であれば、5年くらいで1株、
5~10個は実がついてくれます。

DSCN0261_20170211124308887.jpg

まあ、5年ともなると、接ぎ木部分も
こんなに逞しくなるんですけどね。

接ぎ木するには、気の背丈ではなく、
苗木の太さが必要。
具体的にどの位の太さが要るのか
といえば・・・鉛筆ぐらいでしょう。
そのくらい太くなれば十分です。

今のところ、昔の日本並みに湿度が
高くて、昔の日本並みに四季がはっきり
している、この土地が気に入っているので、
5年くらいは長居しそうだな~なんて
思っています。

もっとも、接ぎ木で難しいのは枝を接ぐ
「手術」ではなく、その後の「養生」。
苗木が50本では心もとないので、
これを100本まで増やす予定です。

まだまだ「乞うご期待・・・」のレベルです。
だから、ガーデニングは面白い!!







お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ、応援よろしくお願いします。↓

あなたの一票で筆が進みます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。




ブログランキングに参加しております。
応援よろしくお願いします。




テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

LED促成栽培

DSCN0049_20170207105408933.jpg

さすがに2月です。
気候は一転しました!

DSCN0077_20170207105530897.jpg

池も凍って、今日は氷点下。。。

DSCN0048_2017020710540773a.jpg

ノースカロライナの2月では度々
あるのだけれど、南部で華氏30℉
っていうのは、やはり堪えます。

DSCN0054_201702071054073cb.jpg

幸いこの寒波は事前に予想していたので、
前日のうちにフロスト・カバーを展開。

DSCN0050_2017020710540735e.jpg

再びこの姿になって、耐えてもらいました。

このところ、1週間くらいの周期で寒暖を
繰り返しています。こういう時には、屋外の
作業は進みませんので、屋内で春に備えます。

DSCN1017.jpg

72Pのポットをシードトレイに準備して、
「流し」の中で潅水。。。

DSCN1018_201701311317497a5.jpg

夏野菜に種を撒いたら、ヒートマットで30℃に
加温。乾かない様にドームに加えて、紙を張り、
温度計を置いておきます。

DSCN1069_201701311317506ff.jpg

夏野菜の種類によっては、日照時間が長く
ならないと芽を出さないものもあるので、
LEDランプとタイマーをセットして、人工的に
日照時間を延長(笑)。

「屋内電照栽培」の開始です(爆)。

ウチの指標”夏野菜”であるアオシソの発芽に
必要な条件は、25℃以上(30℃)の地温と
14時間超の日照時間=実際には植物は
光を見てはいないので、夜の長さが
10時間より短いこと・・・です。

今回初めて使った植物育成用LEDランプ。
点灯したらこんな色(爆)。
植物に必要なスペクトルに特化している
んだそうですが・・・本当にこれで良いのか?

まあ、何事もやって見なければ分かりません。
上手くいってくれることに期待!!



お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ、応援よろしくお願いします。↓

あなたの一票で筆が進みます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。




ブログランキングに参加しております。
応援よろしくお願いします。







テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

2月になるとやらねばならない事・・・・山ほど!!

DSCN0005_201702041347071d6.jpg

2月に入ると、ガーデンの作業が
始まるノースカロライナ・ピエドモント。。。

日本の関東以北では、まだまだ
動きがない時期ではないか・・・と。。。
ここは春が早いわけでもないのに、
準備だけは早い。

2017-02-03 (3)

特に今年は、長期予報を見ても
2月中に、1月のような「大寒波」は
見られません。
・・・・今年の2月は暖かいのか?

アメリカの長期予報なんで・・・
鵜呑みにするわけにはいきませんが。。。

まずは、芝生。。。。

冬芝は、文字通り「冬」にゆっくりと
成長しているので、芝刈り3インチ。
表面に大きな落ち葉があると、その下の
芝が枯れるので、「デブリ」は除去します。

2月には、1000sqftにつき1ポンドの
窒素を施肥します。冬芝にとっては、
これが暖かくなる前の最後の施肥の
チャンスです。

3月15日以降には肥料を蒔きません。
2月で施肥しておかないと、次は9月まで
肥料を蒔くことができません。

芝生の散水は、1週間当たり1インチで
これは変わりません。

DSCN0600_20170209115133345.jpg

果樹の作業は、新芽が出る前の
カイガラムシ対策と、うどんこ病
スプレー。

また、果樹苗木の植え替えもして
おきたい時期です。
柚子や酢橘、山椒など・・・柑橘類は
屋内なので、もう花も葉も出てしまい
ましたが。

DSCN0056_201702051428278b0.jpg

畑野菜では、4月までに収穫する
春野菜(主に葉物)苗の作成と
夏野菜(シソ、しし唐、伏見唐辛子、なす、
トマトなど)の準備はしておきたいところ。

季節が重なるので、この時期は温室が
満杯になります。

もう一つは・・・・

DSCN0195_20170208141444349.jpg

花が咲いた小松菜!・・・ではなく、
この小松菜の根元近くに注目。
1月の寒波の際、凍死した葉の部分が
このところの高気温で腐り始めて、
悪臭発生。コバエが舞い始めました。

軟腐病」です。
ここアメリカ南部のように気温が上下する
ところで、湿度が高いと発生します。
小松菜も花がさいて、そろそろ季節も
終わります。腐ったものは抜いて、
ボルドー液を散布します。

DSCN0179_20170209115547fda.jpg

のんびり、梅の花や柚子の花を眺めて
いる時間はなさそうですが、晩ご飯の
「鶏鍋」くらいは、ゆっくり食べたい。
まだ2月もはじめです。。。






お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ、応援よろしくお願いします。↓

あなたの一票で筆が進みます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。




ブログランキングに参加しております。
応援よろしくお願いします。




テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

今年の土壌改良計画は・・・

P1230235.jpg

昨年の夏シーズンが終わってから、
Soil testを依頼しました。結果は、良好。
pH6.8で、肥料に関しても問題なし。
データ的に見れば、何の問題もないのですが・・・

DSCN0006_20170124135706669.jpg

雨が降ると途端に破たんします(笑)。
2年前に表面にまいたコンポストは
依然として、文字通り「表土」のまま・・・
・・・2年間で大半は流失しました・・・・・・・・
コンポストのすぐ下にあるオレンジ粘土層は
水を通さず、結果、↑のような池ができます。

DSCN0774_20170124135706fea.jpg

今年は再びグラウンド・ブレーカーを
使います。今回は↑「Oats」。

今年のマスターガーデナーのクラスで
ノースカロライナ州立大学から招いた
土壌」担当講師の比較データから、
以前グラウンド・ブレーカーに使った
ひまわりとコーンの数倍の深さに根を
張って、土を耕してくれる作物がコレ。。。

何といっても、冬野菜の収穫期から
植え付けて、夏野菜の植え付け前に
刈り取りという、理想的な栽培期間が
いい。。。

加えてpH4.0の強酸性土でもOK、湿潤が
多い方が好ましい・・・というアメリカ南部
粘土に適した理想的な作物です。

まあ、ここノースカロライナの変則的な
気候で実際にこの通りに栽培できるもの
かどうかは、やって見なければ分かりません。

DSCN0932_20170124135705ea3.jpg

ネグサレセンチュウ抑制とキスジノミハムシ
忌避の効果もあるそうなので、額面通りなら
アブラナ科の野菜が多い我が家のには、
最適の緑肥植物・・・なのですが。。。

まあ、とにかく・・・・やってみよう。。。

DSCN0938_201701241357054cd.jpg

小松菜、水菜の畝の間に、さらに溝を作って
そこにモミを蒔いて、鎮圧していきます。
発芽に光は必要なく、水はたくさん必要です。
浅く植えれば鳥に食べられるので、しっかり
埋めます。

DSCN0934_2017012413591774e.jpg

ほんとに、葉野菜と平行して栽培できるのか?
それで、効果が期待できるのか?
・・・・むむむ、です。

今回は緑肥としては期待しないので、
5月まで栽培したら、出穂前に根株を
残したまま刈り取ります。刈り取った藁は、
草マルチとして、畝に置き去り。。。
「こなんでいいの?」の超手抜き作業(笑)。

5月に本来の用途の通り、緑肥として
土にすき込むと、その後1か月間は
として使えません。
ここの気候では5月には夏野菜の植え
付けを始めなければなりませんので、
「空白の1か月」は待てないのです。

土壌改良資材としては、お役目半分って
ところですね。

DSCN0928_20170124140001e7e.jpg

今日はとりあえず6条蒔いて終了。
既存野菜の畝の間に蒔くので、なかなか
スペースがとれません(笑)。
狭いですからね~。

今日はあっさりパンとシチュウ。
KHORESHT BAAMIEH "OKRA STEW"
ペルシア家庭料理です。
トマト・ベースで特別な材料はありませんが、
シナモンとカルダモンの合わせ技・・・
独特な香りがイランらしい雰囲気を醸し出します。
「癖になる味」(爆)。。。




お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ、応援よろしくお願いします。↓

あなたの一票で筆が進みます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。




ブログランキングに参加しております。
応援よろしくお願いします。

テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

寒波の被害と追加苗。。。

DSCN0766_20170123143241f31.jpg

今年に入ってから、まだ1か月しか
経っていませんが・・・

DSCN0787_201701231432422ff.jpg

アメリカ南部らしく・・・というか、
南部だからというか・・・

相変わらず気温の上下の変化が
激しいノースカロライナ

DSCN0786_201701231432416b6.jpg

1月初めの大寒波は、厚い不織布で
何とか乗り越えたとは言うものの、
凍結の被害は、こういう寒波後の
気温上昇時期に顕著に出ます。

DSCN0614_2017012314381835a.jpg

凍傷の部分から腐ってきます。
広範な範囲で発生してきましたので、
早いうちに苗の植え替えが必要になる。。。

DSCN0924_20170123143240fc2.jpg

種蒔きからの苗作りでは、発芽に
高気温が要りますから、気温が高い今、
準備していた方がいい。。。

DSCN0777_20170123143240fd5.jpg

こういう時は、予備の温室もフル稼働です(笑)。

このまま春になって欲しい所ですが、
そうはならないだろうな~。
例年2~3月には、もう一回大寒波が来る。
-10℃以下になる・・・ほんと、こういう点は
ノースカロライナアメリカ南部の北端・・・
であることを、思い知らせてくれるのです。

なにしろ、ここで遅霜の恐れがなくなるのは
4月16日頃・・・
中西部インディアナポリスと1か月しか
違わない。距離にして、600マイル。
東京と広島くらい離れていますが、日本なら、
広島ー東京は季節が明らかに違う
・・・・と思う。

確かに冬の訪れは遅く、5月から気温が
急上昇して、突然夏になるのも似ています。
しかし・・・春先の立ち上がりは、1か月しか
違わない。。

とにかく、準備準備の畑仕事。。。

DSCN0306_20170123150028c91.jpg

今日は「地味飯」。
「さんまの筒煮」「自家製なめ茸」「ごま豆腐」
「浅漬け」「けの汁」。
「けの汁」は青森県の郷土料理でしたね。。

DSCN0307_201701231500283ad.jpg

「筒煮」は、さんまを圧力鍋で骨まで食べ
れるよう加圧します。醤油+生姜+みりんで
典型的な和食の味。
ほっとする味ってやつですね。



お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ、応援よろしくお願いします。↓

あなたの一票で筆が進みます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。




ブログランキングに参加しております。
応援よろしくお願いします。

テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

激闘!千客万来、家庭菜園・・・?

DSCN0288_20170117131852500.jpg

年の初めからモンスターストームに
襲われた、今年のノースカロライナ

DSCN0235_201701171318516de.jpg

昨年の経験から、保温能力を2倍に
アップした不織布を用意していた
おかげで、被害が最小限に抑えられた
・・・・・と思います。

DSCN0220_201701171318510c2.jpg

この冬は恒常的に襲ってくるコイツ等に
対抗して、ディア・ネット8フィート=
2.4mを設置したので・・・・

DSCN0205_201701171318505e5.jpg

深夜から明け方に来襲する大家族も
畑には入れず、周囲をウロウロする
だけです(笑)。

これはうまくいった!!設置も簡単で
もっと早くに導入すれば良かったと
思いました。お勧め。。。

DSCN0210 - コピー

アメリカ南部ですからネ。
真冬といえども、緑はある。食べ物に
困って、人間の畑を襲うわけではない
のです。美味しいものの方を向くだけ
ですから、食べさせなくとも虐待には
当たらない(爆)。

IMG_0001_20170117132027f17.jpg

さて・・・ここまでは、例年(といっても2年
間)の経験から対応策をとったわけですが・・・

IMG_0004_20170117132026ffc.jpg

毎年現れる、カタアカノスリ=Red-shouldered
Hawk。東海岸でも西海岸でも珍しいタカでは
ありません。ウチのバックヤードには、この
夫婦が、毎年繁殖にやってきます。・・・が、
今年はやたらと騒がしい。。。

確か彼らの食べ物は・・・

DSCN0738_20170117132026726.jpg

・・・・あっ!!

DSCN0740_20170117132026e66.jpg

色々なものを捕食するようですが、
代表的な食物はネズミ、モグラ
ノウサギ、鳥類、爬虫類、両生類・・・・

今回はモグラ
こいつはウチの庭では初めてです。

DSCN0745_201701171320255e4.jpg

防寒と土壌改良資材として大量に敷いた
「麦わら」が、新参者を呼び込んだのか?
あるいは土壌改良が進んで、結果、
ミミズが増えたのかもしれません。

最近確かにミミズは増えていますが、
増えた分だけ、モグラに食べられても、
また、ミミズを狙って畑をトンネルだらけ
にされても困るので、何とか対策を
考えなければ・・・

DSCN0495_20170117134853687.jpg

こういう時こそ、普通はお前たちの出番
なんだよ、ミケ君・・・・・オーガニック
ターミネーター??




お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ、応援よろしくお願いします。↓

あなたの一票で筆が進みます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。




ブログランキングに参加しております。
応援よろしくお願いします。



テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

今年は寒いか?暖かいか??

DSCN0039_2017010412232438f.jpg

もうすっかり平常ペースに
戻ったノースカロライナです。

昨年中と違うのは、雨が多い事。
この時点で雨ですから、今年は
暖かいのか?

否、12月中に-6℃。1月に入って
-18℃の寒波を記録したので
平年よりも早く寒くなるとみるべきか、
迷います。

DSCN0066_20170104122416155.jpg

まだ1月というのに・・・・

DSCN0070_201701041224155b4.jpg

こんなものが芽を出しました。

DSCN0073_201701041224158ee.jpg

早すぎる収穫!
微妙・・・・な気分。

DSCN0090_20170104122415bc6.jpg

例年では、2月~3月に、また寒波
やってくるでしょう。

柑橘類は鉢上げして、屋内に移動。
には、再度ロウカバーを張らなければ
なりません。

まだまだこれからの冬の作業。
4月の後半までは気の抜けない仕事。

寒さに負けない様にこちらの体力も
すき焼き」で、拡充していきます。



お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ、応援よろしくお願いします。↓

あなたの一票で筆が進みます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。




ブログランキングに参加しております。
応援よろしくお願いします。




テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持
正規登録ナーセリー経営者。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー(月別)
02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング
マーケット情報
ブログランキング
WORLD TIME
FX初心者の入門講座
Translate 翻訳
Recent Visitors
Flag Counter
free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ