菜園の8月と「豚バラ肉の 生姜焼き」

IMG_0181_20170808130519ac1.jpg

菜園にとって、8月はどういう月か?
といえば・・・
夏野菜の収獲が終わり、冬野菜の
種蒔きを行う月・・ということになります。

IMG_0182.jpg

散々発芽に苦労した「赤シソ」は、
今年は畑ではなく、花壇側の圃場に
植えたので、これは放置して、
タネをばら蒔いてもらいます。

IMG_0186_20170808130519ec2.jpg

畑の方は、今年の春にOatsを
植えた影響で植え付けが遅れました。
「四角豆」もやっと実が付いた段階。
これはタネ採り用。
このまま枯れるまで放置します。

IMG_0191_201708081305183b7.jpg

昨年の1/10程度に縮小した「アオシソ」。
それでも、こんなに繁茂しました。
放っておくと、自然交配してどんどん劣化
しますので、来年は、「ちりめんシソ」や
香りのよい品種のタネを播いて品種を
更新していきます。

IMG_0194.jpg

これも、やっと調子が出てきた
モロヘイヤ。
もうそろそろ、花が咲いて、季節が
終わります。


IMG_0196.jpg

こちらはもう少し季節が長いナス。
「千両ナス」。
今からだと、秋ナスになります。

IMG_0188_20170808130552dd7.jpg

こんな具合で、我が家の狭い畑は、
いまだ混み合っていますが、後作の
冬野菜の畝の準備も同時進行させねば
なりません。

IMG_0197.jpg

隙間を耕すので、チラーマシンは使えず、
スコップで土を掘っ繰り返します(笑)。
ああ、狭くて良かった・・・と思う瞬間(爆)。

今年の土壌テストの結果も良好でしたので、
軽く苦土石灰を撒いて、肥料を入れて
あとは、雨を待つばかり・・・・これが
一番あてになりません。。。

IMG_0198.jpg

体力を使った日には、ちょっとはせいが
付くものを。。。

IMG_0201.jpg

採りたてシシトウのじゃこ炒めを
添えて、豚バラ肉の生姜焼き定食。。。
「茄子の赤だし」「麦飯」でいただきます。
これって、ほんとにアメリカ生活??




お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ、応援よろしくお願いします。↓

あなたの一票で筆が進みます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。



ブログランキングに参加しております。
応援よろしくお願いします。


スポンサーサイト

テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

食用ホウズキ「Husk Cherry」

IMG_0728.jpg

今年ウチの畑に初めて植えた
作物の一つです。
葉や形状から察することができるように
ナス科の植物です。

IMG_0726.jpg

近付いてみれば、見まごう事なき
ホオズキ」(笑)。

これは食用ホオズキ「Husk Cherry」

Husk は殻、殻付きの意味なので、
「殻付きのチェリー」、つまり
ホオズキ」「鬼灯」。

包が黄色くなって実が熟すと、
独特な風味の甘い実になります。
アメリカでは、これで、ジャムや
パイ・フィリングを作ります。

IMG_0815.jpg

ホオズキなので、メキシコ料理に
欠かせないトマティロの縮小版の
ような形をしています。

IMG_0816.jpg

手前右側の黄色い方が甘味が
強くなります。

IMG_0820.jpg

非常に小さいので、これでジャムを
作ろうとすると、実を集めるのに苦労
しそうですが、これもベリーでは、
よくあること。

ここのような粘土質の土壌でも
特別の肥料も要らずにそこそこ成長
してくれるので、来年はジャム収獲を
目的に、もっと大きく育ててみたいものです。


お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ、応援よろしくお願いします。↓

あなたの一票で筆が進みます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。



ブログランキングに参加しております。
応援よろしくお願いします。




テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

生姜の芽の活かし方

IMG_0001_20170802125357e08.jpg

アメリカでいう「新生姜」は、
日本の「新生姜」とはかなり
趣が違います・・・・

綺麗なピンクではないし、ごく
普通の生姜の姿で売っています。
しかし・・・生姜の収穫時期がある
以上、「新生姜」は出てきます。

IMG_0002_20170802125357376.jpg

大抵はこんな風に、もう「芽」が
出ている状態で。。。

勿論生姜である以上、この芽も
刻んで使ってもいいのですが、
折角芽があるのですから・・・・
やっぱり植えてみたくなる(爆)。

IMG_0823.jpg

生姜というのは、面白いもので、
この芽の出ている根元の「こぶ」
から切り取って、用土に植え付けると…

IMG_0824.jpg

「こぶ」から根が出ます。
つまり、生姜(の根?)本体が
なくとも、新しい株が作れるわけです。

野菜栽培の本では、よく「タネ生姜は、
芽のでるコブを含めた40~120g位の
塊で植え付ける・・・」と書かれていますが、

IMG_0821.jpg

ウチは貧乏性なので、コブだけポットに
植え付けます(笑)。

IMG_0005_20170802125356985.jpg

↑ちょっと調子に乗り過ぎた(爆)。
いえいえ、芽がどんどん出てくるので、
こうなりました。
これでは作りすぎですね~。
まあ、いいや。来年のプランツ・セールで
売ってしまいましょう。

毎年春のプランツセールは4月1日か、
その前の土曜日。
2018年のカレンダーからだと、
おそらく3月30日と31日。
この日に合わせた苗の準備は
もう始まっています。

アメリカ人でそれなりに高年齢になると
生活習慣病予防の為に、お医者様から
積極的に採るよう言われて、サプリメント
常用している人が多くいます。

生姜産地であるノースカロライナでも
生姜を日常的に食べる習慣は少ない
ようです。ターメリック同様、高値で
売られているので、庭先で栽培できる
事をアピールすれば、人気があるかも
しれません。




お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ、応援よろしくお願いします。↓

あなたの一票で筆が進みます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。



ブログランキングに参加しております。
応援よろしくお願いします。




テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

野菜のタネのこと。。。

DSCN0251_20170715071629780.jpg

そろそろクールシーズン野菜の苗作りの
時期になりましたので・・・・

以前、アメリカでも比較的簡単に手に入る
野菜のタネを紹介したことがありました。
春先だったので夏野菜

最近は、新しいもの好きなアメリカ人の
消費性向に準じてエキゾチックな
アジアン野菜の人気が高く、ファーマーズ・
マーケットでは、アジアン・グリーンの
専門店まで出てきています。

ウチもプロフェッショナル・グローワーの
端くれなので、本日はちょっとのお話を…

IMG_0558_20170715070354b3a.jpg

アメリカ日本野菜を入手するのは
それなりに日本野菜を知っている業者
から・・・ということで、ウチでは2社から
購入するケースが多いです。

IMG_0562_2017071507035363f.jpg

初めに購入したのは、創業100年という
アメリカどころか、日本のタネ屋さんを
含めても、超老舗の「北澤商會」さん。

第一世代の日本人移民が創業されたと
いうことで、検疫が厳しくなる前に持ち
込まれたものが多いのではないか?と
思いましたが、最近の新もちゃんと揃え
ているあたり、なかなかの兵であります。
今でも、ウチで必要なを探すときには
一番に照会するのはココです。

IMG_0561.jpg

最近取引始めたメイン州のタネ屋さん。
野菜作りをしている人たちの間では
かなり有名です。
おそらくは主力はホールセール=
生産業者向けなのでしょう。

最近の流行りでアジアン品
増えましたが、ちょっと悩むのは
アメリカンな品名。
日本国内の業者がとんでもない
カタカナ品種名をつけるのと同様に
元の名前が分らないようなアメリカンな
名前を付けて販売しています。
栽培品種名なんて、学術的には
意味はありませんので、学名を見ても
判別できません。

この辺りは言ってみれば「お互い様」
なので、生産現場を探って、元の
名前を探すよりありません。

業者向け比率が高い業者らしい点は
この↑のラベル。
LOTナンバーと発芽率。

発芽率は無印の日本の業者(?)の
タネ袋にも記載されているのですが、
ほとんど当てになりませんでした。

実際ココのタネは発芽率が高い。
実感できるほどに高い・・・というのは
ある意味すごいです。

IMG_0571.jpg

↑は発芽率が低いことで有名な(笑)、
「赤シソ」ですが88%。。。何と!88%です。
そして、ちゃんと発芽しました!
庭に撒いていて、気が付かない間に
発芽していました・・・というのは✖。
プラグトレイに蒔いて、発芽率を検証する
のですが、確かに90%近く発芽します。

ほんとにアメリカの業者だろうか!?

ここの問題点は、まだ日本の野菜が
少ない事でしょう。

まっ、何事にも一長一短アリということ。
あとは、自分の人脈を広げて、日本の
種苗業者さんたちの生産現場や
品種開発現場の情報を手に入れることが
自分のストックを増やす近道でしょう。
何事もネットワークのアメリカン・ビジネスです。



Kitazawa Seed Company




Johnny's Selected Seeds






お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ、応援よろしくお願いします。↓

あなたの一票で筆が進みます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。



ブログランキングに参加しております。
応援よろしくお願いします。








テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

サマースピナッチという「ツルムラサキ」

IMG_0668_20170720125029979.jpg

「Summer spinach」
最初聞いた時は、何の事かな??と
思ったのですが、
「Malabar spinach」と聞いて、やっと」
気付きました。
和名では「ツルムラサキ」。
ただしこちらでは、ツルが紫のは、
Redがつくように、全草、緑のものが
多いようです。

IMG_0860.jpg

これらは単にツルの色が違うという
事だけではないようです。
アメリカで「普通」なのは「緑」ですが、
これはツルにはならないようです。

ウチでは日系のタネやさんから
購入したので、今年は全部、
日本でもよく見られるタイプの
ツルムラサキ」でしたが、「緑」の
方は、ツルではなく、ちゃんと立つらしい。

所謂「立性種」らしいのです。
ですから、葉を収穫するこのタイプの
作物としては、こっちの方が抜群に
収穫作業が楽・・・・です。

ホウレン草が採れなくなる
ホウレン草に代って食べられる
栄養価の高い植物ですから、
こういう場合は実用性を重視して
来年からはきっと「緑」の品種を
育てましょう!

まぁ・・・ムラサキが悪いわけでは
ないのですけどね。。。

IMG_0461.jpg

とりあえず、今シーズンはこれで
行くことになったツルムラサキですが
さて・・・どうやって食べるのか?
まずは、毎日の食卓にのぼる物として。。。

ツルムラサキお浸し

軽く湯掻いて、出汁に漬ける。
それだけ。。。
胡麻を振るのは、お好みです。

IMG_0862.jpg

今の時期には、もう実がついて
こんな姿になっているでしょうが、
この紫の実も、食用色素で利用
できます。綺麗な明るい紫に
なります。寒天。ゼリーなどの
色付けにどうぞ。

日本人には、この独特のぬめりが
美味しいのですが、アメリカ人は
違うだろうな…と思って、彼らに
尋ねたら、彼らは生で食べている
そうです。

ところ変われば、食べ方も変わる・・
なのでしょうね。
でも、これが嫌いという人は不思議と
いませんでした。




お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ、応援よろしくお願いします。↓

あなたの一票で筆が進みます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。



ブログランキングに参加しております。
応援よろしくお願いします。


テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

バニー・フェンス!

IMG_0382_20170713051121ae4.jpg

日本ならもう「暑中見舞い」を
通り過ぎて「残暑」の時期に入ると
思いますが、は10月近くまで続く
ノースカロライナ、ピエドモント。

IMG_0674.jpg

連日好天はいつものことですが・・・・

IMG_0447.jpg

好天が続き、水が少なくなると
共有地の浸透池には、こういう
「家族連れ」がやってきます。。。。

IMG_0692.jpg

ウリボウ模様の小鹿2頭を連れた
母親らしい親シカ・・・・しかし、
今年はプラスチックのディア・フェンスが
あるので、こちらは余裕で眺めている
だけで済みます(笑)。

・・・なんて、のんびり構えていたら。。。。

IMG_0323_2017071300394933c.jpg

夏至を過ぎて順調に発芽していた
エダマメが・・・・・

IMG_0371.jpg

ある日突然無くなった!!

IMG_0372.jpg

剃刀でスパッと切られたような
切り口は、バニーちゃん!

みれば、プラスチック・ネットのディア・
フェンスに、ちょうどウサギサイズの
穴があけられていました。
単純に噛み切ったようす。

エダマメは1週間ずつずらせて
これからも発芽してきます。
これは対策しなれば!

IMG_0485_201707130040379d0.jpg

…と考えて、この猛暑の中で
できる最も簡単な対策。
「オーバー・ネット」(爆)。

IMG_0486.jpg

なにしろ、相手はウサギさん。
高さは要らない。今のところは、
地面に穴をあけるわけでもないので、
取り敢えず、スカートを地面に伸ばして
こんな感じでディア・フェンスの「裾」を
ガードしました。

P7170422.jpg

まあ、「何かあるな!」っと警戒して
畑に入らなくなればOKです。



お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ、応援よろしくお願いします。↓

あなたの一票で筆が進みます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。



ブログランキングに参加しております。
応援よろしくお願いします。


テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

畑。夏野菜の収獲開始。

IMG_0757.jpg

このところ、続けて夕立がありましたので、
敷地に隣接するイーズメン(コミュニティの
共有地。実態はコミュニティの所有地)の
「浸透池」に水が溜まりました。
ウチの畑の向こう側です。

IMG_0763.jpg

こういう雨に翌日には、なぜか顔を出す
「一人働き」の若いシカ。
以前良く見た6頭家族のうちの一頭なのか・・・?
このシカは、真昼間から良く見かけます。

IMG_0737.jpg

ウチの畑の一番奥にある、ブラックベリー
囲い。シカが冬の間に、葉を食べ尽くして
しまうために、金網で覆いを作りました。
これが功を奏して、今年は大豊作。

IMG_0744.jpg

10分くらいで1キロ収穫。
ブラックベリーは定着すると、ほんと良く
実が付きます。
寒さにも強いし、あまり土も択ばず、
肥料もいらないという優等生です。

使い道がちょっと少ないですが、ウチでは、
の間、酢と砂糖に漬けてサワードリンク
しています。

サワードリンク
果実1:酢1:砂糖1の単純な比率で
漬けられます。

IMG_0868.jpg

日本種の茄子「千両なす」。
やっとぼちぼち生り始めました。

ノールカロライナ特有の粘土台地で
どうかな?と思ったのですが、成長が
遅れた以外は特に問題はありません。
ノースカロライナ日本よりも
長いです。
ナスは勢いがなくなったら、切り戻す
ことで、秋ナスを狙うという方法も
ありますが、当面はこのままいきます。

IMG_0874.jpg

ノースカロライナのオレンジ粘土でも、
比較的問題がない伏見唐辛子や
シシトウもでき始めました。

ナス、いわゆるスイート・ペッパー類、
トマト、ジャガイモなどに関しては
オレンジ粘土が決定的な難点とは
ならないようです。
マア、根菜類は土が固いとひん曲がって
しまうのは自然の成り行きではありますが。。。

今年は土壌改良のためのOats栽培で
作付けが遅れましたが、なんとか
の楽しみが始まりました。



お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ、応援よろしくお願いします。↓

あなたの一票で筆が進みます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。



ブログランキングに参加しております。
応援よろしくお願いします。








テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

ちょっと考えた・・・・

IMG_0263_2017062613040467b.jpg

このところ、続けて取上げた
「シャーロット・ブロディ・ガーデン」。

夏野菜の成長ぶりは、とても刺激に
なります。

IMG_0919.jpg

もちろん、土が理想的な状態に
出来上がっている上に、強力な
「鶏糞」肥料を毎期、大量に投入
されているガーデンと、まだ、
オレンジ粘土を粉砕中の我が家の
畑とは、較べようもないわけですが。。。

何とか一矢報えないものか・・・

いえいえ、そんな貧相な発想ではなく
何とか追いつけないものか・・・
という、ある種の「口惜しさ」みたいな
思いもあります。
・・・あァ、やっぱり「貧相な発想」かも
しれません(笑)。

IMG_0886.jpg

短絡的には・・・・
完全オーガニックのブロディ・ガーデンに
対して、オーガニック以前の我が畑。
害虫対策・施肥を積極的に施して
何とか追いつきたいところ。
でもこういう方法は、人によっては、
抵抗がある。

IMG_0170_20170608120624ff9.jpg

オーガニックも「無農薬」も、「原種」に
拘る農家や「固定種」好きな種屋さんも、
生産者にとっては、付加価値をつけて
収入を増やす方法の一つ。
消費者にとっては選択肢が増えることに
なるので、こういう方向性には賛成です。

いろいろ主義・主張があるでしょうが、
選択肢を増やす事が大切です。
色々な価値観は創り出すべきです。
この点から言えば、普通の農業で作る
野菜も、当然有効な選択肢の一つです。

では、「当園」が目指すのは??

まず、料理人である自分が食べて
納得できないとダメです。
これが最低限の価値。
料理人が、食材の生産現場を知らない
ということは、今時ナンセンス。

IMG_0945.jpg

そして、ウチが目指すのは、アメリカ
ここ、ノースカロライナで「売っていない
モノを作る」こと。

何も、”高級食材”や”高付加価値商品”を
作りだそうというのではありません。
自分が日々の料理に使いたい食材を
生産することが今の目標です。
だって・・・・・・ここのグロッサリーでは
売っていないのですから。。。

これが今の方向性。

IMG_0835.jpg


まぁ、しかし・・・・
何事も「マザー・ネイチャー」の
御心のままに・・・・・なのが、農業。
これが一番厳しいかなァ。。。
なんといっても、本来ココにはないものを
ココで作ろうというのですから。。。




お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ、応援よろしくお願いします。↓

あなたの一票で筆が進みます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。



ブログランキングに参加しております。
応援よろしくお願いします。


テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

家庭農園で使える農薬は。。。。

IMG_0534_201706291346145d5.jpg

アメリカのガーデンストアや大規模スーパー
(walmartなど)には、大変な数の家庭向け
農薬があります。

アメリカに来て、簡単には日本野菜
手に入らないとき、誰しも「自分で種から
育ててみよう」と思うのは、当然の発想だと
思います。

しかしながら、野菜というのは人間が
自分たちの目的のために、手を加えて
本来の姿を変異させた「異常な植物」
ですから、育てるにも相応の手間を
要求します。

特に夏。時期的に害虫が一斉に
湧き出る季節になりますので、
一部を除いては農薬は必須。
さらに困ったことに、ココはアメリカ
日本の参考書は、役に立ちません。。。
欲しい薬はみつからない!!
ということになります。

特に注意していただきたいのは、
仮に何等かの方法で日本農薬
持ち込んだとして(この時点ですでに
違法ですが)、日本農薬
アメリカで使うことはできません。

アメリカではアメリカで認可された
農薬だけしか使えないのは、日本
日本政府が認可した農薬しか
使えないのと同じです。
特にグリーンカード・ホルダーは
注意してくださいね。強制送還・
再入国禁止になりますから。


そこで、今日は当農園で実際に使って
いる「簡単に手に入る農薬」をご紹介。

IMG_0952.jpg

野菜に多い「葉物野菜」の天敵は、
青虫・毛虫のキャタピラー類。
大食漢のうえに、数が多いので、とても
厄介です。
コレの対策には、これらキャタピラーや
ルーパーを狙い撃ちする「BT剤」。
ミツバチやほかの動物には、ほとんど
影響がでません。

元々は明治時代、病気のカイコから
抽出したバクテリアを日本人研究者が
発見したことが始まりです。今では
全世界で一番使われている農薬です。
天敵微生物を利用した生物農薬なので、
これは「オーガニック農薬」です。

使い方は説明書にある希釈倍率で水で
薄めてスプレイするだけです。
ただし、これが効くのは青虫、毛虫だけ。
コガネムシやカメムシ、ハモグリバエには
全然効きません。

IMG_0958.jpg

これは、以前ウチでも使っていましたが、
使い易さの対価として、さっぱり効かなかった
ready-to-useの簡便なスプレイ。目に見えない
ダニには効いていたかもしれませんが・・・
マメコガネには全然効かない。。。

IMG_0959.jpg

成分がこれだからね~。
殺ダニ剤として石灰硫黄合剤とピレトリン。
ピレトリンは、大正時代に日本人研究者が
構造解析した殺虫剤で、除虫菊の有効成分です。
見るからに効き目弱そう~のとおり、ウチでは
効かなかった。
ちなみに、このピレトリン、以前はオーガニック
農薬だったのですが、現在は外されたようです。

IMG_0955.jpg

これらは↑よりずっと普通に売り場に
並んでいますが・・・・
所謂「有機リン系農薬」です。

とっても怖そう~
一見すると、口に入る野菜には
使えなさそう・・・に見えるのですが、
さにあらず。。。
BTを除けば、これらが現在アメリカでは
標準的な農薬になっています。

これはガーデンホースの先に取り付けて
畑や花壇に水と一緒に撒きます。
一度撒けば3か月間ガードする・・・そうです。

IMG_0965.jpg

すごいですね。こんなに対象がいます。
ウチで冬野菜をまだ気温が高いうちに
栽培する時に問題になる害虫は
ほぼ網羅されています。

IMG_0962.jpg

こういう農薬は例え家庭用とは言え
強力な毒薬です。広範な効果があると
いうことは、いろいろな動物を殺せると
いうことなので、用法・用量はきっちり
守って、ラベルにある通りに使わなければ
なりません。

ラベルは「法律」です。・・・・とは、
マスターガーデナーの講習で耳にタコが
できるくらい叩き込まれました。
必ず守ってください。
ラベルも読まず、希釈もいい加減・・・なんて
言語道断どころか、違法行為です。
(コレ本当です。違法行為になります。)

しかし、アメリカ人が使う物、使い方が難しい
わけがありません。
正しく使えば、きっと役に立ちます。

いずれも、お値段はそこそこ安いです。
しかも大型スーパー(walmartなど)には
大抵置いてあります。



お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ、応援よろしくお願いします。↓

あなたの一票で筆が進みます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。



ブログランキングに参加しております。
応援よろしくお願いします。





テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

夏至は半月間ある。

IMG_0947.jpg

どうも最近の記事は、今年の
「おプロジェクト」に押されて、
がすっかり抜けていたようです。

海外ブログである以前に「」ブログである
当ブログに相応しくない構成でした。(反省)


今年の場合、5月までのOats栽培で
大幅に出遅れた。
夏野菜は押しなべて、生長が遅れ、
従って、記事にするべき収穫も
まだ十分にはない状態です。

ここまで来てこの状態ですから、
今年の夏野菜は、諦めて、7月から
冬シーズン野菜の準備に入ります。

IMG_0881.jpg

日本なら8月からが準備の開始。
気温だけ見れば、夏の気温が10月
まで続くノースカロライナ
もっと遅くとも良い位ですが・・・・

IMG_0880.jpg

実際、夏至を過ぎても日没時間はまだ遅く
なります。しかし、それ以上に日の出時間も
遅くなるので「昼」の時間は短くなっていきます。

植物は「日照時間」は見ていません。
彼らが見ているのは「の時間」です。
そもそも「夏至」というのは、6月21日から
7月7日の前日辺りまでの半月間を指します。
夏・冬の日照時間の変化は、春秋に較べて
少ないのですが、それでも1日1~2分。
15分~30分はの時間が長くなります。

植物はこれに反応して成長を止め、開花、
結実するので、もう夏野菜はここまでです。

逆に冬野菜は、時間の余裕がたっぷり
あります。
注意するのは「害虫」。
ノースカロライナなら、大抵の野菜なら
成長を止めるほどの高気温には晒されません。
問題は「虫」で、これは冬の暖かさとの
交換条件で致し方ありません。
頑張って対策するしかないでしょう。





お読みいただき、まことにありがとうございます。
最後におひとつ、応援よろしくお願いします。↓

あなたの一票で筆が進みます。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


掲載されている写真・文章の無断転載、または写真の持ち帰りは固く禁止致します。
当方、著作権は放棄しておりません。



ブログランキングに参加しております。
応援よろしくお願いします。









テーマ : 家庭菜園
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

Laceyblue

Author:Laceyblue
有名だけど地味なハーブ
Rosemaryに魅せられた
管理人が世界の各地から
ハーブと生活情報を
紹介します。

ニュージーランドで
ラベンダーとローズマリー
の世界的権威・故ピーター・
カーター氏に師事すること
10年余。

英国王立園芸協会、
ロンドン本部に所属すること
30年余のハーバリストに
して、収集家。

アメリカ・ノースカロライナ
州ナーセリー・ライセンス所持
正規登録ナーセリー経営者。

(このブログのルール)
外から見るとよくわかる。
日本と日系社会に対する
辛辣な批評は「愛情」です。

コメント欄へのご記入は
管理人への敬意と節度を
持ってご記入ください。
賛同しないコメントは削除。
コメント主は出入り禁止に
します。


(略歴)
英国王立園芸協会本部会員。
英国ハーブソサエティ会員。
アメリカハーブ協会会員。
インディアナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ・マスター
ガーデナー。
ノースカロライナ州登録
農場経営(オーナー)

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
リンク
ブログランキング
マーケット情報
ブログランキング
WORLD TIME
FX初心者の入門講座
Translate 翻訳
Recent Visitors
Flag Counter
free counters
全記事(数)表示
全タイトルを表示
最近のコメント
ブログランキング
月別アーカイブ